【素敵】振袖専門店のカタログが可愛すぎる!モデルや芸能人も♪

振袖選びの参考にするなら、今っぽい流行の振袖やコーデを無料で確認することができる、振袖専門店のカタログがおすすめ。振袖専門店のカタログや、WEBカタログと紙のカタログの違いなどについてご紹介します。

1.振袖専門店とは?

振袖専門店とは、その名前のとおり、振袖だけを扱っている呉服店のこと。 一般的な呉服店と違って振袖に特化しているので、とにかく振袖や振袖用の小物の在庫が豊富。また、最近は芸能人が振袖をプロデュースするケースも増えていますが、そのようなブランドものの振袖も多く取り扱っています。 このほか、振袖のコーデやトレンドにも詳しいという特徴も。今っぽい振袖を購入したい、あるいはレンタルしたい場合は、振袖専門店に一度相談してみる人が多いのも納得です。

2.WEBでも見られる!振袖カタログ

振袖専門店のカタログには、2種類あります。ひとつは昔ながらの紙のカタログで、もうひとつはWEBで見られるカタログです。 WEBで見られるカタログのメリットは、わざわざ請求しなくても見られること。

自宅で、振袖専門店のサイト内にあるWEBカタログにアクセスするだけで見ることができるという手軽さが魅力です。 また、サイトによっては、たとえば色や柄で絞り込み検索ができる場合も。着たい色や柄がある程度決まっている場合は、絞り込み検索を利用することで効率的に振袖を探すことができるというメリットもあります。

WEBカタログは、WEBにアクセスできる環境があればどこでも見ることができます。たとえば、通学などの移動時間中にスマートフォンやタブレットから見ることも可能。URLを伝えておけば、家族にもすぐに気になる振袖を見てもらうこともできます。 ただし、WEBカタログの場合は、見ている機種やモニターなどによって、若干色味が違って見えてしまう可能性があります。実際に見てみると、イメージと少し違った色だったというケースもありますので、注意が必要です。

3.可愛すぎる!振袖カタログをご紹介♡

①一蔵

振袖専門店で、全国に25の常設店舗を持つ一蔵。一蔵では、サイト上の「振袖コレクション」からさまざまな振袖を見ることができます。色で絞り込み検索ができたり、お気に入りに登録して比較したりすることもできる利便性の高さも魅力的。 好きな色と柄からおすすめの振袖を見つけてくれる「振袖診断」もあり、気軽に遊び感覚で振袖を選ぶことができるというメリットもあります。

また、紙のカタログ請求ページでは、紙のカタログのサンプルが確認できるのもうれしいサービスです。

②labliss

lablissは、マルイやパルコなどのファッションビルにも展開している振袖専門店。ローラさんなどの芸能人や人気モデルがプロデュースするブランド振袖も豊富に扱っているお店です。

lablissも、サイトの「振袖コレクション」コーナーから取り扱っている振袖を見ることができます。このコーナーの特徴は、ブランドごとの展開になっていること。また、同グループの振袖店である一蔵の取り扱っている振袖も合わせて見ることもできます。

lablissで請求できる紙のカタログは3種類。ローラさんがプロデュースしているブランド「ROLA」と盛り系の振袖カタログ「Sweet Angel」、そして一蔵の振袖カタログ「ICHIKURA」です。どれを送ってもらうかは、請求時に選ぶことができます。もちろん、3冊すべてを請求することも可能です。

③オンディーヌ

全国に32店舗を展開している振袖専門店オンディーヌ。オンディーヌは、振袖や袴をサイト上で見ることができます。 オンディーヌのサイトの特徴は、スタイル、色はもちろん、価格や人気順でも絞り込むことができるということ。予算をある程度決めている人や、どんな振袖が人気なのか知りたいという人にとっては非常に参考になることでしょう。

また、それぞれの振袖について、全体像やモデルのバストアップ、柄のアップなど複数枚の写真があるのもうれしいところ。細部まで確認することができます。

もちろん、紙のカタログもサイト上から請求可能です。よりじっくりみたい場合は、紙のカタログも請求してみてはいかがでしょうか。

4.紙のカタログの良さ

WEBでカタログを見られるのであれば、紙のカタログは必要ないのではと思う人もいるかもしれません。しかし、紙のカタログには紙のカタログならではの良さがあります。 特に注目したいのが、着物の色。WEBカタログの場合、細かな発色はモニターによって違う可能性があります。しかし、紙のカタログの場合は、そのようなモニターによる差は発生しません。

紙のカタログは、複数人で同時に見ることができるというメリットもあります。家族と一緒にカタログを見て選びたいのであれば、WEBカタログより紙のカタログのほうがベターです。 また、WEBカタログはパソコンやスマートフォンなどの端末を立ち上げなければ見ることはできませんが、紙のカタログはすぐにページをめくって確認することができます。 さらに、一般的に紙のカタログの写真はモニターで見る写真より大きく鮮明です。かわいい芸能人やモデルが振袖を着こなしているカタログは、一種の写真集のようなもの。眺めているだけでも楽しいですよ。

まとめ

成人式当日の美容院の予約についてまとめました。当日を余裕あるスケジュールで過ごすためにも、成人式当日の美容院の予約は大切。ぜひ、早めに問い合わせをいれるなどして、希望どおりの時間に予約をとれるようにしておくことをおすすめします。

特集

人気記事

  1. 今年の成人式も、昨年同様に初雪が降ったり、天気が大荒れしたりして、せっかくの晴れ姿が気になった方もい…
  2. 振袖は、成人式当日の着用だけでなく、数か月前に行う「前撮り」の撮影も楽しみですね。最近では、「ロケプ…
  3. 振袖を片付けるときに困るのが、たたみ方。洋服と同じようにたたんだらいいのか、それとも振袖用のたたみ方…
  4. 振袖姿で長い距離を移動するとき、便利なのはやはり電車移動。タクシー代が節約できるうえに混雑知らずとい…
  5. 振袖に袖を通すとなると、予約した着付け場所へ振袖と着付けに必要な品々を持参しないといけません。高価な…
PAGE TOP