成人式当日の女子は振袖やメイクに大忙し!成人式おもしろエピソード集♪

「二十歳(はたち)」。待ちに待った成人式のときには、高校でたくさんの想い出をつくった友人も、幼馴染でずっと一緒に成長して来た友人でも、かなり状況が変化していることがあります。それでも、成人式当日の忙しさや楽しみが着付けから始まります。友人と過ごした時間も着付けでの思い出も含めたおもしろエピソードを紹介します。

1.カワイさのためなら早朝の美容室もガンバル

大変だったり笑えたりしたというエピソードで多いのが、美容室での着付けやヘアスタアイルのセットです。おもしろおかしいものもあれば、こんな思いはしなくてよかったというものもあるでしょう。でも、たった一度の成人式!カワイさのため、おしゃれに振袖を着こなすためには、どんな時間でも頑張れちゃう人がたくさんいます。

<美容院でのエピソード:1> 大学に通うため地元を離れていた人もいるかもしれません。振袖の写真を送ってヘアスタイルなどを決めたり、予約を取ったり、成人式が近くなると何かと気ぜわしいものです。

そこでときどき起こるハプニング!成人式の数日前に帰省して確認したところ、予約が漏れていたり、予定していた時間でなかったり。結局、ヘアスタイルをセットしてもらったのが深夜1時、着付けを始めたのが深夜2時回っていたということもあります。成人式までが長く感じる一日だったかもしれません。※電話だけの予約には注意が必要です。

<美容院でのエピソード:2> 成人式の会場に行くのは午後2時。しかし、今はまだ4時過ぎで、あたりは真っ暗でも、成人式の日には美容院は朝早く、もしくは深夜から営業しているサロンも数多くあります。行きつけのサロンに予約を取っていったのに、混雑しすぎていて、いつもの担当者でなかったり、ヘアスタイルが希望通りでなったりということも。

2.え!もうママに?赤ちゃん連れで成人式

学校や就職のために地元を離れていたら、成人式で地元に戻るのは約2年ぶり!だったという方も多いのではありませんか。少なくとも1年9か月、もしくは2年ぶりのお里帰りのこともあるかもしれません。

1年9か月~2年あれば、結婚をしていたり子供がいたりということもあります。幼馴染や幼少期を楽しく過ごした友人が子連れでくることもあります。

驚いてしまうこともあるかもしれませんが、ここはしっかりとママになる友人へしっかりとお祝いと激励の声をかけてあげましょう。後日実用品になるギフトを贈ることもできます。逆に、子連れで出席したということもあります。

せっかくの成人式だから、赤ちゃんにも和装に合うベビードレスを用意して楽しんだという方も。お子様が女の子なら、そのときの振袖をお子様にも着せてあげたいということもありますよね。20年後の成人式も、親子そろって楽しみになります。

3.カッコ悪かった男子に変化が?!

「〇〇君なの??」と思ってしまうような、劇的な変化を遂げる男子もいます。やんちゃだった面影やいじめっ子だった記憶が残っていることも。男子の場合は、スーツに慣れていることもありますが、見るほうの新成人の仲間からすると初めてのスーツ姿だったりもします。

カッコよくなっていることもあれば、しっかりと男性として家庭を持っていることもあるかもしれません。

4.成人式は実は出会いの場?連絡先交換多数

最後に友人たちと会ってからどのくらいたっているかはわかりませんが、1~2年ということもあれば、10年ぶりに会うということもあります。会社員として働いていたり、結婚していたり、子育てや事業に忙しかったり、学業真っ最中という友人もいれば就活中という人もいるはずです。 ぜひ、いろいろな情報交換をしましょう。成人式は人生の半分にもいかない時期ですから、成人式で会う人の連絡先を知っていると、これからの人生で何かのヒントを得るきっかけになるかもしれません。

5.可愛い振袖を今から準備しませんか?

さまざまな意味で成人式の振袖を着用する準備をしておくことはおすすめです。できるだけ早く始めましょう。

振袖選びや振袖に合わせたヘアスタイルを決めておくこと、和装に合うメイクなど決めておきたいことは山ほどあります。早く始めるほうが、美容院の予約や着付けなど時間がない一日を有意義に過ごすためのトラブルを防げるかもしれません。

  

まとめ

成人式は、一生に一度のステップになる日。新成人の友人たちと会えることもパワーになりますが、振袖を着た思い出と着こなしが素敵な想い出になるように、早めの準備を始めましょう。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP