結婚式に振袖をレンタルで着たい!実際に着てみてどう?相場はいくらくらい?

親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列するときはレンタルもおすすめです。ここで、結婚式に参列するときの着物について、選び方とレンタル費用の相場を紹介します。

1.友人の結婚式で振袖を着る理由とは

「出席します」に○で囲み、親族や友人に結婚式や披露宴の出席を伝えた後、参列する側として縦鼻したいのは、お祝いと参列するときの服装です。

最近ではナシ婚やジミ婚もあって、式にお呼ばれするのはうれしい限り…。お祝いや出席にお金がかかると思っても、ここはしっかりとマナーや祝福を伝えたいところです。帯や小物のコーディネートも意識しながら、選びましょう。

①親族として出席するから

親族として出席するとき、特に意識したいのは着物の「格」です。少し堅苦しく感じるかもしれませんが、親族や友人問わず、衣装選びのポイントになります。親族の場合は、お付き合いの度数に応じて和装を選ぶよりも、可能であれば格付けを意識することがおすすめです。

女性の場合は、振袖もしくは黒留袖・色留袖が礼装として着用できる和装です。独身の女性の略礼装着(準礼装着)として格付けされるのは「振袖」です。ほかにも、留袖、訪問着、色無地、紋付江戸小紋などは、着用が可能です。

振袖に合わせる場合、レンタルショップ、ホテルや式場の貸衣装でも、振袖には袋帯を合わせるのが一般的です。新婦の着用する花嫁衣装では、礼装として丸帯を着用しますが、振袖の場合は礼装もしくは略礼装用として袋帯を使用します。

②友人からのリクエストがあった

友人や同僚からの招待状もうれしいものですね。シンプルであってもおしゃれに着飾って出席することがおすすめです。友人や同僚の結婚式や披露宴の場合は、そのあとに二次会を控えていることもあります。そのため、できるだけ疲れないシンプルでもマナーを守れる服装を選びたいところです。

ところが、招待状に「着物での出席を…」と記載されていることもあれば、「着物を着てきてください」と言われることもあります。 この場合も親族の結婚式への出席同様に、略礼装着(準礼装着)として「振袖」を着用するのは大切です。新郎新婦側に格式を重んじる方がいたり、職場の上司が招待されている場では、TPOを意識することは重要です。新郎新婦のリクエストで「振袖」の着用を依頼される場合は、着付けやヘアメイクをホテルや式場で依頼して支払いしてくれることもあります。事前に確認しておきましょう。

③成人式で着なかったから着てみたくなった

ぜひ、成人式の代わりに振袖を着用して出席しましょう!もし招待状に「平服で出席してください」と記載されている場合は、振袖は控えたほうがいいか新郎新婦に確認したうえで決めることが大切です。

カジュアルな結婚式であれば、振袖を着用していることで浮いてしまうことになり、新郎新婦よりも注目を集めてしまうことがあります。こうした場合を除けば、振袖で出席するのはおすすめです。

2.実際に着てみたい

着用する振袖の種類は、結婚式や披露宴出席でも、色も絵柄も限定はありません。黒地のものであっても絵柄が入っていますし、帯や小物でアレンジできるでしょう。

淡い色や白っぽい振袖であっても絵柄があり、帯に金や色物の帯を使うなら、ウェディングドレスや白無垢に並ばずにすみます。

①相場はいくらくらい?

結婚式のための振袖レンタル費用として、一番多いのは30,000円~40,000円以上といわれます。この費用に加えて、着付けや部屋メイクの費用が必要となるので、5万円前後を予算としておきましょう。

5,000円~10万円超えるものまでありますので、事前に店舗へ行ってみるか問い合わせて予約することも可能です。

②どこでレンタルできるの?

成人式のとき同様、着物専門店でもレンタルすることは可能ですが、新郎新婦が挙式等で使用するホテルや結婚式場でレンタルすることもおすすめです。割引やセット価格などが設定されていることがあります。

3.成人式に着た振袖がある場合は

着付けとヘアメイクのみの費用が必要です。結婚式場の場合12,000円から18,000円、ホテルは15,000円 から20,000円が相場となります。

ホテルや結婚式場以外の方が、安い場合が多いため、始まる時間にゆとりがある場合は、少し距離があっても費用を優先して依頼先を選んでもいいでしょう。

まとめ

お祝いや出席にお金がかかると思っても、結婚式はおめでたい場ですから、しっかりとマナーや祝福を伝えたいところです。新郎新婦がレンタル費用を負担する場合もあり、料金は会場によっても異なりますので、事前に確認し、ぜひ振袖で出席しましょう。

特集

人気記事

  1. 江戸時代の吉原遊郭で栄華を誇った花魁。美しく教養もある花魁は、その生活も華やかで、遊郭女性の憧れの的…
  2. 振袖の柄として多く描かれているバラ。西洋の花の中で最も多く着物のデザインに使われている花といえるでし…
  3. 成人式で初めて着物を着る方はとても多いようです。「振袖は着たいけれど、洋服と違って着物はどう選べば良…
  4. 心弾む振袖の下見!初めての振袖にワクワクが止まりませんね!一番自分が似合う振袖を見つけるには、さて誰…
  5. 振袖を着る場合には、振袖だけでなく、帯や草履、小物類なども一緒に必要になります。振袖だけを単品で買う…
PAGE TOP