振袖何色にする?【青・ブルー系】の振袖コーディネイト【画像付き】

若い女性の特権である華やかな振袖姿。人目を引くからこそ一番きれいな自分でいられる振袖を選びたいですね。あなたが選んだ「青」の振袖は、鮮やかな色調ならモダンなイメージに、淡い水色なら優しいイメージになるオールマイティさが魅力です!

1.柄別

①古典柄

青という地色は、振袖としてはどちらかといえば個性的な色になり、自然と柄ゆきも洋風のものが多くなる傾向があります。そのため「古典柄+青」の振袖は、珍しさもあって、とても新鮮に映るものです。古来から伝わる日本の伝統色の中には「瑠璃色」「群青色」などの青系の色がたくさんあります。伝統色に古典柄があしらわれた青の振袖は、伝統と現代的な感覚がマッチングした新しい感覚の振袖姿を演出できるでしょう。古典柄の持つ古風で硬い印象を、青がほどよく現代的な雰囲気をプラスしてくれくれます。青の古典柄の振袖を見つけることができたら、ぜひ筆頭候補にしたいですね。

hurisode_koten_tsujigahana_blue

hurisode_koten_tubaki-hanabishi-sakura_blue

hurisode_koten_botan-kiku_blue

hurisode_koten_botan-kiku-take-temari_blue

hurisode_koten_botan-momiji-ume_blue

hurisode_koten_botan-tubaki_blue

hurisode_koten_humei_blue

hurisode_koten_humei_blue2

hurisode_koten_kiku-botan-gosyoguruma_blue

hurisode_koten_kiku-tubaki-momij_blue

最後は、元気なポーズの画像で締めくくりましょう。青系振袖は、こんな細身の方にもよく似合いますね。

②洋風柄

伝統的な振袖スタイルのコーディネートでは物足りないなら、洋服と同じイメージで選べる洋風柄からお気に入りの振袖を選ぶのも1つの方法です。定番の大きな花柄以外にも、北欧デザインの代表「マリメッコ」のテキスタイル風のものなど様々なタイプが揃うのが洋風柄の魅力です。クールなイメージのある青の振り袖は、華やかな柄や刺繍、絞りが入ったものでも煩くないのが強みです。


ともすれば男性的なイメージすら漂う中性的なイメージの青の振袖ならば、振袖の柄ゆきや、髪型、小物で、思い切り女性らしさ、かわいらしさを表現しても、嫌味になりません。また、逆にあくまでもクールな振袖姿を極めたいなら、控えめなデザインの振袖を選びシンプルモダンを極めてみるのもよいでしょう。例えば百合柄やその場合には髪型やメイクは大人っぽさを優先するとしっくりきます。
このように青の振袖は、伝統に縛られすぎず、洋服感覚のコーディネートを実現したい女性におすすめです。

hurisode_yougara_fumei_blue

hurisode_you_tubaki-w_blue

2.イメージ別

①グラマラスに

艶やかで華やかなグラマラススタイルにも青の振袖はぴったりです。スワロフスキーなどのクリスタル系のアクセサリーが最も映える色なので、ぜひ髪飾りやピアス、指輪などにあしらってみましょう。また、ピンクや黄色といった反対色の大きな柄ゆきもグラマラスな振袖コーディネートにはぴったりです。
赤やピンクの振袖が平凡に見えて青や緑を選んだという方は少なくありません。青は確かに着ている人が少なめな色ですが、逆に言えばそれだけ目立つ、ということでもあります。せっかく人の視線を集める色の振袖を選んだのですから、自分に似合う色調の青を選び、センス良くコーディネートしたいものです。芸能人たちの成人式写真などを参考に、後輩のお手本となるような着こなしをしっかり研究したいですね。

hurisode_glomorous_kikyou_blue

②かっこよく

クールな印象の青の振袖であれば、「かっこよく」決まった振袖姿をコーディネートすることは、他の色柄に比べると難しくありません。さらにかっこよさを追求するなら、白地の多い生地を選ぶと、青とのコントラストでよりモダンに決まります。また、振袖だけではなく、髪型やメイクもかっこいい女性を演じるようなイメージでまとめましょう。

hurisode_koseiteki_bara_blue

hurisode_kosei_blue

hurisode_haibisukasu_blue

まとめ

いかがでしたか?赤やピンクがあふれる振袖姿の中で、青~緑の寒色系の振袖を選ぶ人は少数派になることが多いものです。そのため、人と被らない個性的な振袖を探している人にはおすすめの色です。自分に似合う、そして自分の目指すイメージにぴったりな「青」の振り袖をぜひ見つけてくださいね。そのためには、青の色に負けない「女性らしさ」や「華やかさ」をプラスすることが重要なポイントです。この記事のなかに、そのヒントを見つけていただくことができれば幸いです。

特集

人気記事

  1. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  2. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  3. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  4. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
  5. ジューンブライドに憧れて6月に結婚式を挙げる人は少なくありません。みなさんの中にも、結婚式にお呼ばれ…
PAGE TOP