男子目線!好きなコに着てほしい振袖コーデ

成人式や卒業式などは、さりげなく気になる女子の振袖姿をチェックしてしまう。そんな男子も少なくありません。そこで今回は、男子目線から見た振袖コーデをご紹介。彼氏をドキッとさせたい女子、必見です。

1.男子が女子の着物姿を好きな理由とは?

髪をアップにしたことで見える、うなじから背中にかけてのライン。帯を締めたことで自然と伸びる背筋。わずかに内股でしずかに歩く様子。こういった、着物姿ならではの様子や立ち居振る舞いのギャップに色気を感じる男子はたくさんいます。

また、着物を着るには手間がかかります。その着付けの手間をかけていることに、女子の精神的な余裕を感じてぐっとくる、という意見も。 着物を着るときには、こんな意見を頭の片隅において、いつもと違う色っぽい仕草や振る舞いを意識してみるとよりよいかもしれませんね。

2.男子が好きな振袖コーデ集

では、具体的に男子が好きなコーデを紹介していきましょう。まずは、爽やかさを活かしたコーデ。水色の振袖に、帯揚げにあしらった花飾りがかわいいですね。

元気なイメージのイエローも、男子に人気の色のひとつ。ピンクとコーデすることで、可憐な雰囲気を演出しています。

卒業式など、春にぴったりの淡い緑の振袖。しっとりしているのに明るい雰囲気で、男子ウケも◎!

赤い振袖は、やや落ち着いた色味と白などの上品な色との組み合わせを選ぶのがポイント。品ある華やかさが男子のハートをぐっとつかみます。

①大人男子に人気!古典柄

大人な男子に人気なのは、古典柄。濃い色の古典柄は、大人っぽいしっとりとした雰囲気が魅力的。

上品な雰囲気の濃い青の振袖。華やかな柄の半襟も、振袖の柄や色目と合わせるとしっくり馴染みます。

青みがかった緑色の振袖。柄や帯揚げに使われているオレンジ色が、大人っぽい中にもフレッシュな印象です。

②若い男子に人気!薄ピンク&薄い紫

同世代や年下男子から圧倒的な支持を集めるのが、可憐な色。特に好感度が高いのが、薄いピンクと薄い紫です。

薄いピンクの地に、さまざまな濃さのピンクで花柄をあしらったこちらの振袖は、スイートな雰囲気が魅力的。水色の帯締め・帯揚げ・半衿で全体の雰囲気をきゅっと引き締めて爽やかに。

濃い目のピンクに、紫の伊達衿や帯締めが映えるコーデ。可憐さの中にもちょっと大人っぽさが漂います。

白地に濃い目の紫の振袖は、ちょっとグラマラスな雰囲気。黒い帯とのコーデが、全体の雰囲気を引き締めています。

淡めの紫を使った振袖は、ふんわりロマンチックな雰囲気が魅力的。全体の雰囲気が優しくなりがちなので、帯や帯揚げなどにはっきりとした色を使うところがポイントです。

 

③髪型はどの世代にもアップが人気

着物に合わせる髪型といえば、なんといってもアップ。すっきりとしたうなじは、年代を問わず男子にも大人気です。

基本の髪型は、高い位置で髪をまとめて大胆にうなじを見せること。うなじのお手入れもちゃんとしておいて、彼氏や男子をドキッとさせてしまいましょう。

大人っぽいしっとりとした雰囲気を出したいなら、低い位置で髪をまとめるアップスタイルもおすすめ。

とはいえ、あまり低すぎる位置でまとめると大人っぽくなりすぎるので、全体の雰囲気を見ながらちょうどいい位置を探してみてください。 あまり大人っぽくなりすぎるようなら、髪飾りを一工夫。パステルカラーの髪飾りを使うなどして、フレッシな雰囲気を出してみてはいかがでしょうか。

 

3.男子がドン引き?!この振袖はやめてほしい

男子が好きな振袖コーデをご紹介してきましたが、最後にご紹介しておきたいのが、男子が苦手な振袖コーデ。 振袖は華やかなものですが、あまりに華やかすぎるものは男子に敬遠される傾向が強いようです。

たとえば、花魁風のちょっと着崩した雰囲気のコーデ。きっちりと着た女性らしい着物が好きな男子にとっては、花魁風コーデはイマイチに感じられることが多いようです。振袖姿を男子にアピールしたい場合は、避けたほうがよさそうです。

まとめ

男子目線からおすすめの振袖コーデをご紹介しました。しっとりとした、上品で女性らしい雰囲気をアピールしてみたいときに振袖はぴったり。ぜひ、彼氏や気になる男子にアプローチするときの参考にしてみてくださいね。

特集

人気記事

  1. 江戸時代の吉原遊郭で栄華を誇った花魁。美しく教養もある花魁は、その生活も華やかで、遊郭女性の憧れの的…
  2. 振袖の柄として多く描かれているバラ。西洋の花の中で最も多く着物のデザインに使われている花といえるでし…
  3. 成人式で初めて着物を着る方はとても多いようです。「振袖は着たいけれど、洋服と違って着物はどう選べば良…
  4. 心弾む振袖の下見!初めての振袖にワクワクが止まりませんね!一番自分が似合う振袖を見つけるには、さて誰…
  5. 振袖を着る場合には、振袖だけでなく、帯や草履、小物類なども一緒に必要になります。振袖だけを単品で買う…
PAGE TOP