• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

ボーイッシュ女子におすすめの振袖は?選び方4つのポイント

成人式で振袖を着る女性は多いですが、可愛い・華やか・女性らしい装いが苦手な人もいるでしょう。

シックにスーツもいいですが、振袖をボーイッシュに着こなすこともできます。

今回はそんなボーイッシュ女子におすすめしたい、カッコいい・クールな振袖コーデについて選び方や着こなしポイントをご紹介します。

1.ボーイッシュ女子におすすめのクールな振袖4つの選び方

ボーイッシュ女子におすすめの振袖は?選び方4つのポイント
振袖は可愛らしかったり華やかだったりするものだけではありません。
ボーイッシュな女性におすすめしたいカッコいい振袖を選ぶポイントをご紹介します。

1-1.色はモノトーンや紺・濃い紫の振袖がおすすめ

ボーイッシュ女子にはパステルカラーよりも、モノトーンや紺、濃い紫などの色がおすすめです。

さらに彩度が高いものより低いもの、暖色系より寒色系の振袖を選ぶとガーリーより大人っぽさが強い印象になります。

振袖の人気色である赤も淡い赤より深紅の方が甘すぎずクールな印象になり、ボーイッシュ女子にぴったりです。

1-2.色数が少ないものを選ぶ

カラフルな柄の振袖も多いですが、ボーイッシュ女子には色数が少ないものがおすすめです。
帯や小物の色柄がアクセントになり、大人っぽい印象になります。

1-3.レトロ柄や幾何学模様がおすすめ

ボーイッシュ女子には小花柄など可愛らしさが際立つものよりも、個性的なレトロテイストの大きな花柄やストライプや円形などの幾何学模様の振袖がぴったりです。

花柄でも黒を基調とした大ぶりなものであれば、甘すぎずボーイッシュ女子にピッタリのクールコーデのメインとなるでしょう。

1-4.振袖を着るのに抵抗がある場合は袴という選択肢も

どうしても振袖はちょっと…と抵抗がある人もいるでしょう。
そういう場合は振袖に袴を合わせる選択肢もあります。

袴を着ると、胸より下の柄が見えなくなるためシンプルな印象になります。

ただし、成人式に袴を着てくる人は少ないため目立ちます。
卒業式などで袴を着るのは、セレモニーの場の装いとしては例外的なものですが、本来袴は女学生の日常的な衣服であり成人式の装いとしては相応しいものではないという考えもあるため注意が必要です。

2.振袖をボーイッシュに着こなす3つのポイント

ショートヘアアレンジ
ボーイッシュ女子にぴったりな振袖コーデのポイントは次の通りです。

2-1.髪型はふんわりとしたボリューム感をもたせる

ボーイッシュ女子はショートヘアの人も多く、振袖姿に合うのか不安な人もいるでしょう。
ショートヘアでもできるふんわりしたスタイルなら、カッコいい振袖にゴージャス感がプラスされるので成人式のような華やかな場にも似合います。

ゴージャスよりもシックでクールな印象にしたい方は、巻かずにヘアアイロンでストレートにして軽くオイルをつけてツヤを出すスタイルもおすすめです。

黒基調の振袖なら、インナーカラーにしてヘアアレンジをしたときにさりげなくカラーを見せるのも素敵です。

ヘアアクセは花なら濃い色のものを、水引を結んだだけのシンプルなものもおすすめです。

2-2.小物で差し色をプラスする

振袖が決まったら、差し色になる小物も選びましょう。
赤い振袖ならベージュ、黒い振袖ならピンク、青い振袖なら白などがおすすめですが、差し色は1つではありません。

また、振袖を着る人に映える色を選ぶことも大切です。

パーソナルカラーなども参考にするのも良いでしょう。

2-3.メイクはブラウンアイシャドウと赤リップ

ボーイッシュ女子におすすめな振袖には、ツヤ感のあるブラウンアイシャドウと赤いリップがぴったりです。

またアイシャドウを赤やテラコッタカラーなどにするのもおすすめです。帯揚げのポイントカラーに合わせた色味をメイクに取り入れるのも素敵です。

3.ボーイッシュ女子におすすめの振袖を選ぶには試着が1番の近道

成人式の振袖は可愛らしい印象が強く、ボーイッシュ女子にとって敬遠しがちなものかもしれません。
しかし、ボーイッシュ女子にもぴったりな振袖もあるので、ぜひ挑戦してみましょう。

今回ご紹介した振袖の選び方や着こなしのポイントも参考に、振袖のプロのアドバイスを聞きながら選ぶことをおすすめします。

コーデのバリエーションはさまざまですが、実際に着る人に合っているものでなければ意味がありません。そのためには、実際に試着してみるのが1番の近道です。

振袖専門店「一蔵」では振袖のプロが、お客様一人ひとりのご希望に沿ったボーイッシュ女子にぴったりなコーデ作りのお手伝いをいたします。

一蔵classicはこちら