みんな振袖をいくらぐらいで購入してる?~振袖購入者アンケート

女の子が生まれたら「成人式の振袖」を考えるくらい、成人式での振袖姿はポピュラーなもの。でも振袖は着物だけでなく帯や小物を色々と揃えるため、結構お値段が張るといわれています。具体的な金額が気になるところですよね。振袖を用意するには、どのくらいが相場なのか・・・そんな疑問にお答えします! 当サイトの以下既存記事も併せてご参照ください。

振袖の値段っていくらが相場?購入とレンタルの価格差は?

1.振袖の価格相場

①平均は30万円~

一般的に振袖の購入金額は30万円程度が相場といわれています。ただし、一言で30万円と言っても、内容はショップによって大きく違うのでご注意下さい。 大人の装いとして着物を揃える場合、成人式の振袖が最初という方がほとんどです。つまり振袖本体だけでなく、帯や帯揚げ、帯締めといった小物各種はもちろん、足袋や襦袢、バッグや草履なども一気に揃えなくてはいけません。1つ1つは数百円、数千円の品物でも、合計するとビックリする価格となるのです。

30万円で振袖だけでなく小物まですべて入っているプランや、前撮り撮影まで含まれるタイプもありますから、チェックしてみて下さい。

②最低は10万円前後

平均すると30万円ほどかかるとはいえ、安いに越したことはありませんよね。もちろん探せば10万円前後の振袖もあります。例えば、特に新作にこだわらなかったり、多少キズものといわれるものであれば、相当安くなります。 ただし、前述のような小物や写真のオプションを期待するのは難しい可能性も。2枚目の振袖という方なら、納得の金額かも知れません。

③最高は100万円以上も

人気作家ものだったり、伝統工芸の着物であれば100万円以上する品も珍しくはありません。振袖1枚作るのにも手間と時間を相当掛けなくてはいけないので、どうしても高額となってしまうのです。それこそ、相場はあってないようなもの。 100万円以上の振袖なら、信頼できる呉服店で、着物に詳しい方と一緒にゆっくり選ぶ事をおすすめします。

2.みんな振袖をいくらぐらいで購入してる?

画像のグラフは、H27経済産業省により公開された「着物」について実際に20代が使った金額のアンケート結果です。(実際のものは棒グラフですは、わかりやすく円グラフに加工しています。)

 

①親が「振袖を着せたい」派の場合は50万円程度~

親御さんがスポンサーとなってくれれば心強いですよね。その場合は、予算UPとなる傾向にあります。特にバブルの頃に成人式をされた親御さんなら、ご自分の成人式も高額な振袖を着ていた可能性が高いですから「振袖は高いもの」と思っていらっしゃるでしょう。振袖購入の平均は30万円といわれていますが、親御さんが「振袖を着せたい」と思われる場合は、50万円位になることが多いようです。

②自分が「振袖を着たい」派の場合は30万円程度~

ご自分が「せっかくの成人式なので、友達と同じく振袖を着たい」と思われている方の購入金額は、やはり平均の30万円といわれています。今はレンタルも人気の時代ですが、友人の結婚式や卒業式、結納などを考えると、1回限りのレンタルよりも、質の良い振袖を購入した方が結果的にはお得と考える方も多いようです。何回も着る可能性がある方は、振袖の小物選びも妥協しないで下さいね。

③あまり振袖に興味がないけど成人式には出たい派の場合20万円~

一生に一度の成人式だから振袖で出席したいけれど、着物には興味ない。でもレンタルは嫌い・・・という方の振袖購入金額は20万円位のようです。平均よりは安いかも知れませんが、ショップによっては充分対応可能な金額なので、探せば素敵な振袖が見つかる可能性も高いですね。ネットなどを検索すると、思わぬ出会いもありますよ。

④とにかくお金は絶対かけたくないけど振袖は着たい派10万円~

 

お金はかけたくない、かけられないけれど、成人式に振袖を着たい・・・という方の購入金額は、10万円程度のようです。振袖特有の大型振袖展示会などでは、なかなか難しい金額ではありますが、特にこだわりが無ければ大丈夫。ただ、小物や記念撮影、当日のヘアメイクなどをきちんと予算に入れていないと、却って高くつく事になる場合もありますから注意して下さい。

3.今後はこのくらいの予算にしたい

画像は振袖ではなく着物についてのH27の経済産業省のアンケート結果です。約4割はレンタルを利用したいという方が多いのですね。着物購入希望者の半数は~10万円以下を希望しています。

振袖は着物よりも格上の位置にあるため、振袖の予算の目安はこの金額の倍程度を予定すれば問題ないでしょう。

4.振袖は元々高級品

振袖は未婚女子の第一正装といわれ、格は最高級の扱いとなります。柄付けも「絵羽模様」といわれる、縫い目があってもつながる模様が原則なので、高級品といってよいでしょう。着物はもちろん、帯やバッグ、草履に至るまでフォーマルな品で揃えなくてなくてはいけないのが振袖なのです。

5.支払いは現金一括でなくてもOK

振袖購入となれば、安くても10万円、平均でも30万円以上と高額な買い物になります。支払は現金一括でなくても大丈夫なのが一般的です。逆に現金一括購入の方の方が少ないのではないでしょうか。 カード払いや後日振り込みと、ショップによって支払方法は変わりますから、まずはお店に相談しましょう。

6.時期によって振袖は破格の割引が?!

振袖を安く購入するポイントは「時期」です。タイミングが合えば、新品フルセットでも破格の割引が期待できます。オフシーズンや掘り出し物市なら、何と10万円以下のものもありますよ! 興味がある方はチェックしてみて下さい!

振袖専門店の一蔵|フェア情報

まとめ

振袖をいくらで買うかは人それぞれです。せっかくの成人式ですから、予算と相談しながら後悔のないように素敵な振袖を探してみましょう。あなた好みの、思い出の1枚に出会えるかも知れません。

特集

人気記事

  1. 今年の成人式も、昨年同様に初雪が降ったり、天気が大荒れしたりして、せっかくの晴れ姿が気になった方もい…
  2. 振袖は、成人式当日の着用だけでなく、数か月前に行う「前撮り」の撮影も楽しみですね。最近では、「ロケプ…
  3. 振袖を片付けるときに困るのが、たたみ方。洋服と同じようにたたんだらいいのか、それとも振袖用のたたみ方…
  4. 振袖姿で長い距離を移動するとき、便利なのはやはり電車移動。タクシー代が節約できるうえに混雑知らずとい…
  5. 振袖に袖を通すとなると、予約した着付け場所へ振袖と着付けに必要な品々を持参しないといけません。高価な…
PAGE TOP