振袖を購入するなら絶対「振袖専門店」が安心できる?3つの理由とは

レンタルが多いと思われている成人式の振袖も、気に入った柄や素敵な柄が少ないという理由から購入を考える方が増えたようです。2度着用することがあれば購入もお得なことを考えて、安心して振袖を購入できるポイントを紹介します。

1.成人式で約半数の人は振袖を購入

友人や親せきがレンタルだったという話を聞いて、レンタルの振袖を着用される方もいらっしゃいます。ところが、いろいろな情報誌を見てみると、レンタルするには1~2年ほど前から準備しておかなければいけないことが負担になってしまうことがあるようです。 そこで、おすすめは安心できる「振袖専門店」での購入の検討です。

振袖選びはいつもの洋服を選ぶようにはいきません。色柄が豊富で、小物合わせも独特。お母様の年代の方々が好むような正絹の高級感を感じさせるものもあれば、デザイナーズブランドの絵柄が着てみたいという新成人の方もいらっしゃいます。ですから、振袖や着物の和服の購入には、的確なアドバイスをしてくれる「振袖専門店」を訪ねてみたり、しっかりと情報をチェックしてみたりすることは欠かせません。

2.振袖の主な購入先はどこ?

成人式で振袖を購入した方の意見や感想をチェックすると、和服専門の呉服店だけでなく、百貨店や和服のネットショップ、百貨店内に専門店として入っている呉服メーカーでの購入が多いようです。それぞれの特徴をあげてみました。

①百貨店

百貨店での購入の場合、振袖フェアなどの開催が多く、気に入った柄や振袖を見つけられればかなりお得な価格で購入することができます。さらに、「今ならクリーニング付き」や着付けや他のサービスが含まれていることも多くアフターケアも考えられていることがポイントになっていま

②ネットショップ

インターネットを利用して、ネットショップや、通信販売の着物専門店などで購入する方もいらっしゃいます。インターネットでレンタルの着物を探そうと思って調べていたら買ってもそこまで高額ではなかった、と、購入に切り替える方もいらっしゃるようです。

③呉服店

振袖を購入したい方の第一希望は、やはり呉服店、つまり着物専門店です。購入前の相談やアフターケアなども万全で、振袖や和服、小物の充実度以上の満足感を味わえることで知られています。

3.振袖を買うなら「振袖専門店」がおすすめの理由

「気に入った振袖を見つけやすい」だけではないことが、着物を購入する際に呉服店を使用したい方が多い理由です。「衣類の中で一番高い」というほど振袖を一式購入するには費用が掛かります。

そのため、呉服店で振袖を購入をする方は、“ある程度”満足できればよいのではなく、“希望通り”の振袖を充実したサポートのもとで購入したいのです。以下の3つが、振袖専門店が購入者をひきつけるポイントです。

①振袖の種類が着物店より断然豊富

絵柄のタイプを問わず、小物にいたるまで種類が豊富です。振袖や着物は、絵柄や色の取り合わせだけでなく、小物との取り合わせも大切です。そのため、種類が多いものからお気に入りの1着、ぴったりの小物を選べることは重要なポイントです。

②プリント印刷ではなく型染/手書き/刺繍

呉服店などの振袖専門店は、品質にもこだわりがあるため、型染や手書き、刺繍などの振袖が揃いやすいのが特徴。こうした着物の中には一点ものもあり、価値も高いといえます。

  

低価格で一式揃えられることにも魅力がありますが、振袖専門店ではそれ以上に価値を味わえる振袖を揃えられることが最大の魅力です。古典的な柄であっても、古さを感じない小物合わせなども楽しめます。

③振袖を購入する方の希望を熟知している

どんな振袖と帯の組み合わせがよいか、購入者に合わせたアドバイスが可能な点が最大のメリットです。身長や体形に合わせた色使いやバランスも熟知しているので的確なアドバイスがもらえます。

まとめ

高価なものだけに慎重に選びたい振袖探し。購入すると決まったなら安心して購入できる店舗がおすすめです。購入後のアフターケアを含め、気になる点も自由に尋ねられますし、できる限りたくさんの種類から選べるのでおすすめの方法です。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP