振袖に描かれ桜に込められた意味とは?桜の振袖コーデ集

日本の国花とも言われる「桜」は、日本人が愛する代表的な花の一つ。振袖柄でも一番人気と言われています。咲いても良し、散っても良し、昼間の桜は華やかで、夜の桜には妖しい魅力がある・・・今回は、そんな桜の振袖を画像とともにお伝えしましょう。

1.振袖に描かれた桜の意味は?

hurisode_gara_sakura11

未婚女子の第一正装である振袖は、様々な祈りや願いを文様に託しています。「鶴」は長寿と繁栄の意味、「扇」は末広がりや開運、「藤」は繁栄&生命力、「菊」は長寿延命と無病息災。 そして「桜」は、華やかに輝く未来です。 前途を祝す衣装にふさわしい意味を持った「桜」の柄。振袖柄として人気のある理由が分かりますね。

2.桜が描かれた振袖コーデ集

hurisode_sakura_red

赤地に白とピンクの桜が散りばめられ、グラデーションが美しい振袖です。着物本体は赤系統でまとまっているので、帯は金色をベースにした華やかな品、帯揚げはレモンイエローでさわやかに。帯締めは同系の赤を使い着物姿を引き締め、胸元には可愛いアレンジフラワーを付けました。柄がオーソドックスなので、半襟はあでやかにして、少し遊び心を加えます。 模様が全体的に細かいので、小柄な方にお勧めの1枚と言えるでしょう。

hurisode_sakura_botan_momiji_orange

桜と言えばピンクや赤地が多い中、全体がオレンジという少し珍しい振袖は、赤に縁取られた白の桜柄が印象的に配置されています。そして葉をアレンジした鮮やかなイエローグリーンがさわやか。帯と帯締め、帯揚げ、重ね襟といった小物は同系のオレンジ&イエローグリーンでまとめました。何と言っても桜模様の半襟が、上品でオシャレです。

hurisode_koten_sakura-kiku_red

古典的な疋田柄をふんだんに使った振袖は、何と言っても豪華な雰囲気。大小の桜が重なりあう中、黒の疋田柄の中の桜模様が、キュートで可愛らしく仕上がっています。帯は着物全体が落ち着きすぎないように、元気な黄色系統に。黒と黄色の帯締めが現代的でお洒落にまとめています。

hurisode_koten_sakura-syakuyaku-take__red

祝儀の熨斗アワビを意匠化した熨斗文様は縁起の良い柄で、振袖にも多く使われます。その熨斗文様と桜をコーディネイトした赤の振袖は、金箔をダイナミックに使っていて豪華絢爛。見る人を引き付けずにはおきません。後ろ姿もまるで1枚の絵のように美しく、引き込まれます。帯結びは人気の「変わり文庫」で若々しく仕上げました。

hurisode_koten_temari-sakura-kikkoumon_red

裾模様にある毬の刺繍が鮮やかな赤地の振袖。黒がモダンに配置されて、桜だけでなく、菊や梅といった四季折々の花々が美しく、幻想的な雰囲気を作っています。古典柄にも関わらずモダンなイメージは、幅広い層から人気です。赤地に補色効果を狙った緑の帯揚げ、帯締めが個性的に映えて鮮やか。華やかな帯も際立っていて、振袖ならではの着こなしと言えるでしょう。

hurisode_koten_botan-sakura__red

流れる雲に四季折々の花が散りばめられた、定番とも言える振袖です。色は振袖人気No.1の赤。祝いの装いにふさわしい1枚ですね。成人式はもちろん、結婚式やパーティでも活躍できる品です。特に襟元に集中している桜の花々は美しく、顔を明るく引き立ててくれるでしょう。帯は金色、帯揚げは総絞りの明るいレモンイエローを使い、可愛らしい印象にしました。

まとめ

日本人にとって「桜」は特別な花。平安時代の古今和歌集では、多くの桜の詩が歌われているようですから、その人気は千年以上前から続いていると言えますね。 春に咲く桜の柄の振袖は、春にしか着られない・・・そう思っているなら、心配無用です。確かに着物の柄は、季節を選びますが、桜や菊は日本の代表の花ですから、季節に関係無く使うことが出来るのです。ましてや振袖は、紋が無くても最上格と言われる衣装。特別な品ですから、他の着物が駄目だとしても、振袖なら大丈夫、安心して下さい。気になる方は、桜の他に藤や梅、菊といった他の季節の花が入っている柄を選択しましょう。これなら、着る季節を選びません。 もしも振袖選びで迷っているなら・・・桜の柄を探してみて下さい。きっとあなた好みの1枚が見つかると思います。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP