【振袖】マネしたい☆カワイイ帯締めの結び方9通り

1枚のスカーフでも結び方や身に着け方で雰囲気が変わるように、着物のアクセントである「帯締めの結び方」でモダンな雰囲気やかわいらしい結び方などさまざまです。基本の結び方をマスターし、雰囲気に合わせた結び方にもトライして着物美人になってみませんか。

1、まずは基本結びをマスター

女性の和装のほとんどで使用する「帯締め」。歌舞伎の衣装の着崩れを防ぐために、「帯とめ紐」として呼ばれ、江戸時代から始まったという歴史があります。 当時は着付けのための小道具のひとつとして知られていました。

今では、絹でつくられている帯締めも多く、平打ちや丸打ちなど着物に合わせて選ぶこともでき、着物を着用する際に欠かせないアクセントのひとつになっています。 まず、基本の結び方(「本結び」とも呼ばれます)をマスターしてみましょう。

kitsuke_obijime_saisyo

1.帯締めを帯の上にまくような形で、身体の中央に持ってきます。そのとき、左右の長さを同じくらいにそろえておくことがポイントです。

kitsuke_obijime_2

2.帯締めも着物の袷と同じように、自分の位置から見たときに「左」が上に来るように重ねて交差させます。

kitsuke_obijime_3

3.上になっている「左」側の帯締めの端部を下から上に通します。結び目の位置(結んだときに中心になる部位)がずれないように、指でしっかりと押さえながら結びます。

kitsuke_obijime_4

4.右上にある「左」側の帯締めで大きめの輪を作って、帯締めの端部を下におろします。このときにも、結び目の位置がずれないように、指で中心をしっかりと押さえておきます。

kitsuke_obijime_5

5.左下にある「右」側の帯締めを結び目の境目(指で押さえているすぐ下の部位)から折り上げます。結び目の位置に折り上げた部分が重なったはずです。その上を左手の指でしっかりと押さえましょう。

6. 4で作った大きめの輪の中に、5で折り上げた右側の帯締めをくぐらせて結び目の形を作りましょう。上から下に通すようにくぐらせます。

7.輪の中をくぐらせた帯締めの輪の根元になる部分を、指でしっかりと押さえます。結び目の位置が崩れないように、左手で帯締めの端部に近い部分をもって引き締めましょう。

kitsuke_obijime_6

8.帯締めの端部の房になっている部位を両脇の帯締めと帯の間に挟み込みます。1本の紐で締めているように、帯締めに重ねることがポイントです。慶事には、帯締めの端部の房が上になるように、喪服のときには、房が下に向くようにすることも忘れないようにしましょう。

9.指で押さえていたとはいえ、やはり中心がずれていることもあります。帯の上下中心の中心に来るようにし、結び目も身体の中心に来るように調整しましょう。

kitsuke_obijime_7

10.完成です。

基本の結び方がマスターできると、いろいろなアレンジに挑戦できます。結び方のアレンジは、華やかなアクセントにもなれば、シックで存在感のある結び化にもなります。 帯を崩さないためにも大切な帯締めが、おしゃれな和装のアクセントになりますので、ぜひ覚えておくのはいかがですか。

2.晴れのひを祝う【寿結び】

本結びと似ていますが、結び目の帯締めが上向きになる基本の結び方です。帯留を使う時は、結びめを後ろに移動します。

3、華やかできっちり感を演出!【藤結び】

存在感のある「藤結び」は、基本の結び方を2回続けてむすびます。帯締めを重ねて、輪を作り、上からくぐらせて結びを作ることで帯留めなしでもボリューム感があるので、街着などにもおすすめです。

4、キュートで結びやすい♪【華ぶさ結び】

「華ぶさ結び」は、浴衣の際にも使用できるキュートいなイメージのある結び方です。1~3の基本の結び方の後に、左右の帯締めで輪を作り、蝶結びにします。

hurisode_obijime_hanabusa

輪の部分を少し小さめにしたうえで、垂れている帯締めの両端部を結びの裏から、上から下に向かいもう一度通します。形を整えたら完成です。

5、存在感ある帯締めの時は【ハート結び】

基本の結び方を完成させてから、帯締めの両端部を交差させて上から下に通します。房の部分が結びの目の下あたりで重なるように形を整えると「ハート結び」が完成します。

hurisode_obijime_heart

6、ブローチもつけられる【クローバー結び】

華やかさを加えられる「クローバー結び」は、帯締めの端部を結び目の上から下に通す「蝶結び」を2回繰り返します。

hurisode_obijime_clover2hurisode_obijime_clover

やはり、基本の結び方4でつくる輪を小さめにしておきましょう。完成させたときの「クローバー結び」の位置が、身体の中心よりも左手寄りにあると、バランスがよく見えるようです。

輪っかが重なった形状から、またの名を「水引き結び」とも呼びます。

7、シンプルに可愛く【蝶結び】

華ぶさ結び、ハート結び、クローバー結びなどの基盤にもなる「蝶結び」も、スタートはやはり基本の結び方です。1~3の基本の結び方の後に、左右の帯締めを蝶結びにします。

hurisode_obijime_chou2 hurisode_obijime_chou

輪の部分を少し小さめにして、垂れている帯締めの両端部を上から下に向かって結び目の裏から通します。浴衣にも和装のさまざまな着用のときにも、かわいらしさを演出する結び方で、ほかのアレンジにも発展させることが可能な結び方です。

8.崩れにくい【リボン風結び】

成人式にオススメなリボン風結びは、ねじって結んでいるため比較的崩れ食い結び方です。2色使いの帯締めによく似合っていますね。

9.簡単で見栄えがいい【ねじり結び】

蝶々結びで締めたあとの端をねじっているパターンです。帯締めの結び方でねじりは多用されていますが、初心者にも簡単でかつ美しい結び方なのでオススメです。

まとめ

和装の着こなしは、小物を新しく購入するよりもアレンジから楽しむことができます。「基本の結び方(本結び)」をマスターできると、楽しみ方が広がりますので華やかさを加えることも可能です。「素敵な結び方ね」「どうやって結んだの?」などと聞かれると、うれしいだけでなく和装の着用の準備も楽しみの時間になるかもしれません。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP