• Facebook
  • Instagram
  • Twitter
カラフルな色合い

カラフルな振袖コーデで押さえるべき2つの原則を解説

振袖の色は柄とともに着る人の印象を左右する重要なポイントです。
赤や緑、紫、黒など人気の色はたくさんありますが、どの色にしようか迷う人も多いですが、多色使いのカラフルな振袖を選ぶ人も増えつつあります。

今回は人気上昇中のカラフルな振袖の選び方とコーデのポイントについて解説します。

1.カラフルな振袖の魅力は華やかさとコーディネートの多様さ

3色以上を使ったカラフルな振袖の魅力といえば、やはりその鮮やかさでしょう。

色の境目がはっきりしている「染め分け」のもの、グラデーションのように色が変わる「ぼかし」のものとありますが、どちらも色柄に奥行きがあり、華やかで優美なデザインがほとんどです。

また、使われている色が多いため、選ぶ小物の色によって多様なコーディネートが可能です。

一般的な振袖と比べると製作に手間がかかることもあり、数は少ないため、あまり他の人と被りたくないという人にもおすすめです。

2.カラフルな振袖コーデのポイントは基本の色選びと小物の配色

カラフルな振袖コーデで押さえるべき2つの原則を解説
カラフルな振袖をおしゃれに着こなすためには、振袖の基本カラーと合わせる小物の配色が重要です。

2-1.基本カラーは好きな色や似合う色から選ぶのがおすすめ

一般的な振袖の色を選ぶ際にもいえることですが、好きな色や見せたいイメージを持つ色、自分に似合う色などから選ぶことをおすすめします。

例えば、ピンクならスウィートで可愛らしいイメージ、青ならクール、紺なら奥ゆかしさや大人っぽさ、紫ならミステリアス、白なら清楚で優しいイメージがあります。

また、最近は自分の肌や目の色から4つに分類するパーソナルカラーでわかる自分に似合う色から選ぶのもおすすめです。

例えば、肌がイエローベースで茶系の瞳のスプリングタイプには、黄色みと温かみのあるアイボリーやコーラルピンクが似合います。

ピンク系の肌で瞳や髪がブラウン系のサマータイプであれば、青みがかったパステルカラーやスモーキーカラーが似合いますし、紫陽花のような淡色系のグラデーションもおすすめです。

2-2.小物は振袖の雰囲気にあうものを選ぶのがベスト

カラフルな振袖に合わせる小物は、振袖と同じようにカラフルにしてしまうと色同士がケンカしてしまう可能性もありますから、注意が必要です。

小物を選ぶ際は、色よりも振袖の雰囲気と合っているかを基準に考えることをおすすめします。

3.振袖専門店「一蔵」でおすすめのカラフルな振袖2選

金の刺繍
ここからは振袖専門店「一蔵」がおすすめするカラフルな振袖をご紹介します。

3-1.色とりどりの四季の花が美しいレトロ振袖

振袖全体に四季の花が描かれたカラフルな振袖です。鹿の子絞りの風合いを表現するなど工夫が施された一蔵オリジナルのデザインです。

3-2.古典柄にパール箔や多色使いの金駒刺しゅうが豪華な振袖

地色は青から緑のグラデーションで、松竹梅や七宝亀甲吉祥文様などの古典的な柄をアレンジした振袖です。
パール箔や金銀に彩られた友禅に3色使いの金駒刺しゅうが、カラフルで豪華な雰囲気です。

4.振袖のカラフルコーデに迷ったらプロの意見を参考にするのがおすすめ

振袖をカラフルにコーディネートすることで、華やかな雰囲気がUPする装いを楽しめます。

しかし、色や柄など選択肢がたくさんありますし、洋服とは合わせ方が少し違うため難しいと感じる人もいるでしょう。

振袖をセンスよくカラフルにコーディネートするコツは、振袖のプロの意見も取り入れることです。
振袖専門店「一蔵」でおすすめのカラフルコーデの振袖を2点ご紹介しましたが、他にも多数取り揃えています。まずは実際に店舗でお気に入りの振袖を見つけてみることをおすすめします。

振袖専門店「一蔵」はこちら