振袖店で来店予約が多いのはどうして?来店するだけでメリットが♡

ほとんどの振袖店では、来店前に予約をするようすすめています。なぜ、来店予約をしたほうがいいのか、来店予約をするとどんなことがあるのか、来店したら必ず契約しなければいけないのかなどについてご説明します。

1.振袖専門店で来店予約を推奨している理由

①希望の振袖試着の準備ができる

振袖専門店のサイトのほとんどには、来店予約フォームがあります。レンタル、あるいは購入の契約をするかどうかも未定なのに、予約してまで来店するのはちょっと・・・と思う人もいるかもしれません。 ですが、そこは遠慮なく来店予約をするのが正解。 というのも、事前に来店予約をすることで、お店のほうもさまざまな準備ができるからです。 特に大きいのが、振袖の試着の用意です。

突然来店して、たとえば「赤の古典柄の振袖を試着したい」とお願いしたとしましょう。お店はお客様の希望を聞いてから該当する振袖を探します。そうなると、希望する振袖を出してもらって試着できるまでに少々待たなければいけないケースが出てきます。 しかし、あらかじめ「赤の古典柄の振袖を探しています。何月何日に来店するのでよろしくお願いします」と予約をしていたらどうでしょうか。お店は予約の日時に合わせて、すぐに試着できるように振袖や着付け小物などを用意しておくことができるのです。 つまり、時間を無駄にすることなく振袖を試着したいなら、きちんと事前に予約をして、お店にも準備をしておいてもらっておいたほうがいいのです。

②ママの振袖を着たい、などの相談にも準備が可能

最近人気なのが、ママ振袖、つまりお母さんが若い頃に着た振袖です。 ママ振袖を着たいというような、ちょっとイレギュラーな相談があるときも来店は事前予約しておいたほうがベター。 なぜなら、ママ振袖は、振袖の状態によってはクリーニングやお仕立て直しが必要な場合があるからです。ママ振袖の状態を見て、その振袖にお手入れやお仕立直しなどの手を加える必要がどれくらいあるか、お手入れ・お仕立直しにかかる費用や期間はどれくらいかなどを見積もるには、振袖のお手入れ・お仕立直しに詳しいスタッフがいなければできません。

もちろん、振袖店には、このようなスタッフがいます。しかし、突然来店すると、たとえばそのスタッフが休みであったり、ほかのお客様の接客中であったりする可能性もありますよね。 専門知識を持っているスタッフと、確実に、待つことなくスムーズに話をするには、来店予約をしておくことがベターなのです。

2.私にもメリットが‼来店するだけでノベルティがもらえるお店も!

 

そんな人にぜひ注目していただきたいのが、来店時のノベルティ。 振袖店の中には、予約して来店するだけでノベルティがもらえるところがあります。ノベルティの内容は店によって違いますが、たとえばギフト券などがもらえるところもあります。 来店するだけでノベルティがもらえるなら、予約をしない手はありませんよね。 気になる振袖店があれば、一度サイトを見て、来店することで受け取れるノベルティなどがないか確認してみてはいかがでしょうか。

3.来店して成約すると、様々な豪華特典が♪

さらに、来店予約をした上で来店し、振袖の契約をすると、より高額なギフト券や、テーマパークのパスポート、前撮り写真のサービスなどの特典を受け取ることができる振袖店もあります。 同じ「来店し、成約する」ということをしていても、事前に来店予約をしていたかどうかで特典が変わるなら、やはり来店予約をしておいたほうがお得感があります。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、よりお得感を得たいなら、来店予約をしておくことをおすすめします。

4.迷う場合は、一旦保留にしよう。キャンセル料がかかる場合も

 

とはいえ、気になるのが、「予約して来店した以上、その場で契約しなければいけないのではないか」ということ。 結論から言うと、その店で、その場で契約する必要はありません。 振袖の購入・レンタルは決して安い契約ではありません。振袖の柄、レンタル・購入の金額、プラン、特典などをしっかり吟味して選ぶ必要があるものです。 ですから、迷っているなら迷っているとはっきりお店の人に伝えて、判断を保留しておきましょう。 なんとなく断りきれないから、とりあえず契約だけしておくという態度はNGです。場合によっては、一旦契約してしまうとキャンセルの際にキャンセル料が必要になることもあるからです。

まとめ

来店予約をすすめる振袖店が多いのはどうしてか、来店予約のメリットは何かなどについてご紹介しました。来店予約をする理由について、少しでも納得していただければ嬉しく思います。 ぜひ、気構えることなく気軽に予約をして振袖店に来店し、じっくりスタッフと話し合って、納得の行く振袖選びを行ってください。

特集

人気記事

  1. 今年の成人式も、昨年同様に初雪が降ったり、天気が大荒れしたりして、せっかくの晴れ姿が気になった方もい…
  2. 振袖は、成人式当日の着用だけでなく、数か月前に行う「前撮り」の撮影も楽しみですね。最近では、「ロケプ…
  3. 振袖を片付けるときに困るのが、たたみ方。洋服と同じようにたたんだらいいのか、それとも振袖用のたたみ方…
  4. 振袖姿で長い距離を移動するとき、便利なのはやはり電車移動。タクシー代が節約できるうえに混雑知らずとい…
  5. 振袖に袖を通すとなると、予約した着付け場所へ振袖と着付けに必要な品々を持参しないといけません。高価な…
PAGE TOP