振袖の色は決まった?参考にしたい振袖コーディネイトまとめ

振袖には実に多くの種類があって、一枚を選ぶのはなかなか難しいものです。さらに、振袖姿は和装小物や髪型、メイクなど、いろいろな要素があってはじめて美しい姿になるもの。そこで、コーディネートのコツをご紹介したいと思います。

1、まずはベースの色を決めよう

hurisode_moderu_pic_161231-11hurisode_moderu_pic_161231-12 hurisode_moderu_pic_161231-13hurisode_moderu_pic_161231-14hurisode_moderu_pic_161231-15hurisode_moderu_pic_161231-16 hurisode_moderu_pic_161231-17hurisode_moderu_pic_161231-18hurisode_moderu_pic_161231-19

振袖を選ぶときは、次のような手順で選びます。 1.顔が明るく見える振袖を選ぶ 2.振袖に合わせて帯を選ぶ 3.半襟や帯揚げ、帯締めを選ぶ (画像) 振袖を選ぶときは、最初にベースとなる色を選びます。ベースとなる色合いには、黒、赤、ピンク、黄、青、緑、紫、茶色など、思っている以上にたくさんのカラーバリエーションがあります。 ベースの色選びのポイントは、普段着では自分の好みではない色もチェックしてみることです。普段は着ることが少ない色でも、和装になると着やすく魅力的なものがたくさんあります。着物は柄行きによって印象が変わりますし、同じ赤でも濃い色から薄い色まであり、それぞれに印象が全く異なります。普段は似合わないと思っている色でも、和装になると意外とよく似合うこともありますから、まずは先入観を持たずに、全ての色合いの着物をチェックしてみることをおすすめします。 また、着物にはベースカラーのほかに、サブカラーの色合いも大事です。たとえば、メイン×サブの組み合わせ方で、次のようなイメージになります。

オレンジ×黄色…元気で明るい印象に

紫×黄色…華やかな印象に

ピンク×白…清楚で可愛らしい印象に

水色×ピンク…可愛らしい印象に

黒×金…豪華で高級感ある印象に

2、着物は小物選びが重要

hurisode_zouri_komono_resize-10

おしゃれは足元からといいますが、着物でも同じです。振袖用の草履は鼻緒の柄が豊富なので、着物の柄や雰囲気と合わせて選ぶことをおすすめします。バッグとお揃いで購入(レンタル)できることが多いので、セットで選んでおくと美しいコーディネートになります。

hurisode_komono_haneri-7_result

帯揚げや帯締め、半襟など、和装では小物類がコーディネートにとても重要な役割を果たしています。小物選びのコツは、着物と同じ色を使わず、差し色を入れることです。小物は面積的には少ないですが襟や帯など目立つ位置に使うので、さし色を加えて全体のコーディネートを引き締めるのに使うと効果的です。 たとえば、古典柄の赤振袖なら、薄いベージュや黄色の帯揚げでクラシックにまとめたり、モダンなコーディネートにしたいなら、紫の帯揚げを持ってきてコントラストを効かせるなど、望む着こなし方に合わせて小物を変えてみましょう。 このように、たった一枚の着物に小物使いで無数のコーディネートができるのが和装の楽しみの一つでもあります。

3、メイクは着物の色にあわせよう

hurisode_hairmake_dougu

メイクも着物の色と雰囲気に合わせて行います。普段は可愛らしいピンクメイクが好きな人でも、クールな振袖を着るならメイクもシャープな雰囲気を心がけましょう。赤やピンクの可愛らしい振袖なら、メイクもチークをほんのり効かせた優しいメイクがおすすめです。アイシャドウの色は着物のベースカラーに合わせて選ぶと着物姿に統一感があってきれいです。

4、最後は髪型。やっぱり編み込みが人気!

hurisode_hairmake_amikomi2

振袖姿を美しくまとめるのは、やはりヘアスタイルです。華やかな振袖に負けないような気品あふれる髪型として、一番人気なのは編み込みスタイル。ロングヘアなら地毛を生かして、セミログやミディアムの人でも、地毛を工夫したりウィッグを使うなどして編み込みを作ることは可能です。大きな髪飾りにも負けない品格のあるヘアスタイルになります。 まとめ髪やアップができないショートでも、和装は似合います。小粋なレトロ柄の着物やダークカラーのスタイリッシュな着物、インパクトが強い赤の着物など、かっこいい着物姿が作れます。大ぶりの髪飾りなどをプラスすれば、編み込みヘアに負けない華やかな振袖姿が作れます。

まとめ

小物や髪型など、いろいろなものを組み合わせてはじめて完成するのが振袖姿です。勉強しながら自分に合ったものを一つ一つ厳選していくのはとても楽しいもの。ハレの日のために、時間をかけて最高のコーディネートを考えてみてください。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP