振袖と着物の違い知ってる?袖の長さ以外にもこんな違いが

着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振袖と訪問着のそれぞれの特徴や着るのにふさわしい場面などについてご紹介します。

1.振袖はこんな着物

まずは、振袖の特徴についてご紹介します。

①袖がとても長い

振袖の一番の特徴は、袖が非常に長いことです。 振袖には、袖の長さによって、短い順に「小振袖」「中振袖」「大振袖」の3つの種類があります。袖丈はそれぞれ、小振袖は二尺(75cm前後)、中振袖は二尺五寸尺(95cm前後)、大振袖が三尺以上(113cm前後)。大振袖は、本振袖とも呼ばれます(注)。 振袖の格は、その袖の長さが長いほど高くなります。

たとえばちょっとしたお呼ばれなどには小振袖でも大丈夫ですが、結婚式などの格式ある式典に出る場合は大振袖がふさわしい装いとされています。 かつては、成人式などで着られる振袖は中振袖が主流でした。しかし、現在は長身の方も増えているため、身長に合わせて大振袖を着る人も増えています。

(注)着物の場合、「尺」は「鯨尺」という特別な寸法を使います。一尺は約37.8cm、一寸は約3.78cmとして計算します。

②柄が慶事向け

礼装である振袖の柄には、慶事向けのおめでたいものが使われます。代表的な模様として、おめでたさを表す松竹梅、長寿を願う鶴亀、無限に広がる海のように幸せが広がることを願う青海波などの波模様などが挙げられます。

③未婚の女性の第一礼装

振袖は、未婚女性の第一礼装として位置づけられています。成人式や卒業式はもちろん、結婚式などの改まった席にもぴったり。未婚の間しか着られないものですので、着られる間はぜひ積極的に着て、華やかな振袖姿を楽しみたいものですね。

2.よく着られる訪問着はこんな着物

続いて、訪問着についてご紹介します。

①袖の長さは標準

訪問着の袖の長さは、おおよそ一尺五寸から八寸(約57~68cm)程度。ほぼ標準的な着物の長さといえるでしょう。

②幅広い柄

訪問着の柄の特徴は、「絵羽柄」と呼ばれる、着物を広げたときに1枚の絵のように見える柄が使われることです。 着物の仕立て方には、大きくわけて「柄のついた反物を着物に仕立てる方法」と「反物を着物に仕立て上げてから柄をつける方法」の2種類があります。

後者の方法でつけられた柄が、絵羽柄です。 訪問着の柄にはさまざまなモチーフが使われます。振袖のような古典的なおめでたい柄が使われることもあれば、モダン柄や抽象柄、季節の花を使った柄などが使われることも。着るシーンに合わせて、自分らしいおしゃれが楽しめる着物です。

③未婚・既婚問わず着られる

訪問着は、未婚・既婚問わず着ることができる柄です。既婚の人はもちろんのこと、未婚の人でも、お呼ばれやお食事会、お茶席、観劇などに着ていってもおかしくありません。

訪問着が誕生したのは、大正時代。それまであった日常着としての着物でもなく、晴れ着としての着物でもなく、ちょっとしたおでかけのときなどに着られるおしゃれ着として誕生しました。いつもと違ったおしゃれをしてでかけたいときなどにぴったりの着物です。

3.振袖は成人式以外でいつ着られる?

最後に、成人式以外で振袖を着るのにふさわしいシーンをご紹介します。

①結婚式にお呼ばれされた時

成人式以外での振袖の着用シーンといえば、結婚式が代表的。友人や親戚などの結婚式に招待されたときは、積極的に着ていくといいでしょう。 ただし、場合によっては、新婦がお色直しに自分の振袖を着ることもあります。

花嫁が着る振袖とかぶらないよう、振袖を着て出席しても大丈夫か事前に確認しておくといいでしょう。

②袴を合わせて卒業式でも着る

もともと、袴には小振袖、つまり丈が短めの振袖を合わせるものでした。しかし現在は、成人式に用意した中振袖、大振袖を袴に合わせて着回す人も増えています。特に成人式のために振袖を購入した人は、せっかくですから袴にも合わせてみることをおすすめします。

また、振袖レンタルショップの中には、成人式でレンタルした振袖を、卒業式のときには袴と合わせてレンタルすることができるサービスを用意しているところもあります。成人式の振袖レンタルを申し込むとき確認しておくと、卒業式でもスムーズに振袖と袴をレンタルすることができますよ。

③袖をお直しして訪問着として着る

結婚した、あるいは未婚ではあるけれども年齢が高くなったので振袖を着にくくなってしまった。そんな人におすすめしたいのが、振袖の袖を短く切って訪問着にリメイクする方法です。 とはいえ、振袖の柄によっては袖をお直しすると全体の柄のバランスが崩れてしまうこともあります。お直し前には職人さんとしっかり相談しておきましょう。

まとめ

振袖と訪問着について、その違いを中心にお話しました。違いを理解し、TPOに合わせて華やかな着物のおしゃれを楽しんでくださいね。

特集

人気記事

  1. 江戸時代の吉原遊郭で栄華を誇った花魁。美しく教養もある花魁は、その生活も華やかで、遊郭女性の憧れの的…
  2. 振袖の柄として多く描かれているバラ。西洋の花の中で最も多く着物のデザインに使われている花といえるでし…
  3. 成人式で初めて着物を着る方はとても多いようです。「振袖は着たいけれど、洋服と違って着物はどう選べば良…
  4. 心弾む振袖の下見!初めての振袖にワクワクが止まりませんね!一番自分が似合う振袖を見つけるには、さて誰…
  5. 振袖を着る場合には、振袖だけでなく、帯や草履、小物類なども一緒に必要になります。振袖だけを単品で買う…
PAGE TOP