ショートでも諦めないで!髪が短くても振袖に似合う♡髪型7選

振袖のときの髪型の基本はアップスタイル。でも、アップできるほどの長さはない人だって、アレンジ次第で振袖に似合うアレンジをすることができるんですよ。振袖に合うショートヘアのアレンジをご紹介します。

1、大きいコサージュでインパクト大

ショートヘアの人におすすめのアレンジは、大きなコサージュをつけること。 大きなコサージュはインパクトも大きく、普段と違う華やかさを演出することができます。また、視線が上に行くので、背が高く、スタイルが良く見えるという嬉しい効果も!

コサージュを選ぶときのポイントは、色を振袖や小物と合わせること。このアレンジでは、振袖や手袋に合わせて、モノトーンと真紅が入ったモダンなコサージュをつけています。 また、顔の近くにコサージュをつけるときは、メイクの色にも一工夫。コサージュの真紅に近いくっきりした口紅を使って、雰囲気を合わせてみて。

2、毛先にカールでふんわり感を

耳の下くらいのショートヘアの人におすすめしたいのが、毛先をふんわりカールさせるアレンジ。 優しい雰囲気になるので、特に淡い色の振袖を着る人におすすめ。

メイクも同じく優しい色を中心に使うと、全体のイメージも統一されます。 最初にご紹介した大きなコサージュをつけるというワザと合わせているところもポイント。優しく華やかな、ショートヘア向きのアレンジです。

3、前髪ぱっつんで個性的に

はっきりした色や、モダン系やモード系の振袖を着るなら、ショートヘアならではのちょっとモードな雰囲気を出してみてはいかがでしょうか。

特にぱっつん前髪は、おしゃれ感やモード感ある個性的な雰囲気を出せるのでおすすめ。メイクもモードを意識してはっきりと。普通の振袖とは一味違う、今っぽい印象の着こなしをすることができます。

4、髪が短くてもできる、ハーフアップ

耳あたりから上の髪だけをまとめるハーフアップ。長めの髪でないとできないと思っている人もいるかもしれませんが、実はハーフアップはショートからミディアム程度の長さでもできちゃう、便利な髪型です。

肩くらいの長さの人はこの画像を参考に、頭のトップの髪をすっきりまとめてみてはいかがでしょうか。 サイドもすっきりさせたい場合は、画像のようにトップの髪をまとめたあと、それぞれサイドヘアを後ろに持ってきてピンで止めるという方法もありますよ。

この画像より短いショートヘアの人は、サイドの髪を耳の上あたりでヘアピン止めすると、ハーフアップ風のすっきりした髪型にすることができます。試してみてください。

5、短くても、サイドを編み込み

編み込みヘアはロングヘアの人だけのものではなありません。サイドの髪の長さによっては、ショートの人でも、サイドの編み込みヘアアレンジができちゃいます。

やってみたい人は、美容師さんとの打ち合わせ時に、自分の髪の長さでサイドの編み込みができるかどうか相談してみてはいかがでしょうか。

6、ワックスで動きをつけて、シンプルに

ベリーショートなど、アレンジの幅がかなり限られてしまう人には、毛先などにワックスをつけて動きを出したり、逆にきちんと毛先まで調えてしっとり、かっちりとした雰囲気を出したりするアレンジがおすすめ。

 

シンプルな髪型に似合うのは、シンプルな振袖。あえて色味も柄もシンプルな、大人っぽい柄とコーデに挑戦してみるというのもありかもしれません。 モード系の振袖に合わせて毛先をうんと遊ばせてみる着こなしなども楽しそうですね!

7、カラーリングで遊ぶ

おすすめのショートヘアアレンジの最後は、「カラーリングで遊ぶ」方法。 振袖や和装というと、黒髪が似合うと思われがち。でも、振袖やコーデによっては、黒髪だとおとなしすぎる雰囲気になることも。

おしゃれに着こなしたいなら、あえて明るいカラーリングで遊んで、おしゃれな雰囲気を出すというのもありですよ。

たとえぱ、こちらの写真。全体的に振袖にはっきりした色を使っているので、髪はあえて明るめのブラウンで軽い雰囲気に。耳下までのショートヘアの軽い雰囲気とも合っていて、素敵ですね。

まとめ

ショートヘアの人にも似合う振袖向けのヘアアレンジをご紹介しました。 髪の毛が短くても、和装に合う華やかなアレンジは可能です。

髪型に悩んだときは、このようなアレンジを参考に、美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか。 ショートヘアならではの華やかなアレンジで、素敵に振袖を着こなしてくださいね。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP