今振袖レンタルで人気の柄と色は?【2018】成人式前にチェック!

あと数か月もすると、日本中の都市や街が振袖を着た人で華やかになる「成人式」が訪れます。寒さの厳しくなる冬の成人式の装い「振袖」。2018年の振袖レンタルの、人気色と絵柄を一挙公開します!来年の準備がお済みでない方はお早めにどうぞ。

【10位】ライトブルーX白 現代柄

冬の薄暗い空を吹き飛ばすほどの「空色」。ライトブルーの振袖は、やはりトップ10に入ります。ライトブルーベースに白・ピンク・紫などで、桜や秋桜、ボタンなどの日本の花を現代風に描いた絵柄が魅力です。ゴールドの帯や小物がとてもよく似合っていますね。

【9位】イエローX桃色 古典柄

イエローの中でも濃い目の黄色ではなく、アイボリーに近い淡いイエローです。生地のベースは、太陽の光を思わせるような明るさに、ピンク系で絵が描かれた花が満開の様子。添える小物もブーケや花束が似合いそうな絵柄がかわいらしいですね。

【8位】ブラックX金 椿柄

大人モダンの代表作「黒地」に紅白の椿。大きくあしらった椿の花が、成人式で咲き誇るといった感じでしょうか。振袖生地のアクセントには、金が使われているので、花を引き立て、着用する人を魅力的にみせます。

総絞りの振袖も友禅に並ぶ高級品。金糸使いと朱色の帯が、振袖のアクセントになっています。総絞りは全体のお色は単色で、凹凸と濃淡が特徴。絞りを引き立てるためには、アクセントに使うお色を限定した着方がおすすめです。半襟や帯が朱色というのは、最高のコーディネートですね。

【7位】グリーンX白 椿

濃いグリーンや黄緑色をベースにした振袖も、人気急上昇中です。緑の振袖は珍しいといわれていた時期がありましたが、最近では必ずといっていいほど見かけるお色のひとつ。絵柄には、カラフルな現代柄が似合うかもしれません。小物もカラフルなものを合わせてみましょう。

【6位】ブルーX白 薔薇

スタイリッシュな振袖を選ぶときのおすすめは、ブルーX白。黒や紫でシャドーを付け、花をアクセントにした絵柄が全体に使われています。帯にゴールドを使うと華やかな印象に。小物も同色でコーディネートすると、大人の魅力満載ですね。

【5位】レッドx黒 古典

以前は、ダントツ1位だった赤と黒の振袖。いろいろな色と絵柄が増えていますが、やはり人気色です。おすすめはやはり古典柄。花手鞠や桜が描かれていると、つい見惚れてしまいます。まだ来年の振袖がお決まりでないなら、赤と黒ベースの振袖は外れることが少なく、コーディネートしやすいでしょう。

【4位】ピンクx白 バラ

花畑や妖精を思わせるような柔らかい雰囲気を醸し出すピンク。シャドーに白を使い、絵柄とのバランスも絶妙なコントラストもお手の物といった感じの現代柄です。大きく描かれたバラがとても優雅に見えますね。毎年人気を集めるタイプの振袖のひとつです。

【3位】ホワイトx薄紫 小花

ホワイトと薄紫、藤色の組み合わせが、大人色の振袖を造り上げました。購入しても長く着られそうなお色と絵柄が特徴。落ち着いた雰囲気にもモダンな雰囲気にも表情を変えられるすてきな振袖です。

【2位】ローズピンクx黒 現代

引き締まった黒の振袖に、裾や振袖に描かれた現代柄のピンクの花。黒の大人色とローズピンクの若々しい絵柄が着る人を引き立てます。現代柄が描かれているなら、ヘアスタイルもモダンなスタイルが似合うかもしれません。

【1位】ブラックx金 古典

オーソドックスなわけではありません。色の組み合わせがシンプルなだけ。それでも魅力的な装いになるブラックと金色を組み合わせた、古典柄の振袖です。1度は着てみたいという人がたくさんいるタイプの振袖のひとつでもあります。モダンにもスタイリッシュにも魅せてくれる、引き締まったお色が特徴の振袖は、ダントツ1位の黒をベースにした振袖です。

まとめ

いかがでしたか。振袖選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。また、すでに成人式の振袖が決まっていても、こんな振袖に変えてみたくなるくらいの豊富なお色と絵柄の種類。卒業式やパーティで着用してみてはいかがですか。成人式に着用したものとは違うお色や絵柄で、2度目の振袖を楽しむのもおすすめです。

特集

人気記事

  1. 成人式の着物はレンタルにする方が増えています。「成人式には素敵な振袖を着たい!」と思っている方へ、振…
  2. 振袖レンタルにもいろいろなバリエーションがあります。価格の違いでサービス内容が変わりますが、自分で用…
  3. あと数か月もすると、日本中の都市や街が振袖を着た人で華やかになる「成人式」が訪れます。寒さの厳しくな…
  4. おさがりやレンタル、購入など価格帯の幅が広い「振袖」。人生で1度きりの成人式の装いの価格について、早…
  5. 振袖を着るときは、着物や小物だけでなく髪型やメイクも大切なポイント。和服だから長い黒髪の人だけが似合…
PAGE TOP