娘が着たい振袖ランキング

女の子の憧れの振袖、特に一生に一度の成人式ではどんな振袖を着るか・・・悩むところです。
「人と同じでは嫌」でも「浮いてしまうのも微妙」着物を着なれていない女子にとって、着物を選ぶことは難しいのかも知れません。
そもそも、女の子の着たい振袖って、どんなものなのでしょうか?
まずはランキング形式でご紹介致します。

1.娘が着たい振袖の色ベスト3

1位・・・赤

hurisode_koten_syakuyaku-take-__red

断トツでトップの色は「赤」です。成人式でも60%の女子が赤系の振袖を着ていると言われています。
若々しく華やかで、大人としてスタートの成人式にふさわしい色ですね。普段、洋服では赤を着ない人も、着物ではチャレンジすることも多い、女子の定番振袖と言えるでしょう。

2位・・・青

hurisode_kosei_kiku-tubaki_lightblue

普段「赤」を着ない女の子にとっては、いくら着物でもハードルが高い場合があります。そんな女子に人気なのが「青」の振袖です。
青は少し寂しい印象のある色ですが、模様でしっかり「赤」や「黄色」を使うと、随分と艶やかな雰囲気になります。
また、青そのものも、明るい色を持ってくると充分華やかになりますよ。

3位・・・緑

hurisode_kawaiku_kiku_green

個性派を目指す方に選ばれることが多いは「緑」の振袖です。
心を穏やかにすると言われる緑色。緑振袖は、落ち着いてしまうと思われがちですが、そんなことは有りません。
和装の色合わせでお勧めの「補色」と言うと、緑の補色は「赤」です。着物の模様や小物に赤を持ってくることで、成人式にふさわしい装いとなります。

2.娘が着たい振袖の柄ベスト3

1位

hurisode_retro_botan_black

着物の模様は、昔から花をモチーフにしたものが人気でしたが、特に最近若い方々に好まれているのが「リアルな花柄」
絵画から抜け出たような、美しい花々が咲き乱れる振袖は、注目を集めています。
身長が高い方なら、大きな柄がお勧め。着物地も花が映える黒なんて、素敵ですよね。

2位

hurisode_koten_humei_pink

牡丹、桜、菊を文様とした古典柄は、振袖の中でも定番中の定番。何と言っても華やかで、女の子も大好き。
ピンクの補色は、青に近い黄緑。ピンク地の振袖には、同系色の赤の他、黄緑や青が効果的です。柄だけでなく、補色の小物も使うと、お互いを引き立てて、印象的な逸品に仕上がります。

3位

hurisode_koten_kiku-matsu_take_orange

縁起の良いものの代表・松竹梅。振袖に限らず、着物の柄として幅広い年齢に愛されている柄です。
着物地と柄が同系色であれば、まとまった印象となりスッキリします。その分、帯や髪飾り等小物で個性を出すのも良いですね。

3.親と意見が分かれてしまったら、どうする?折り合いをつけるには?

普段の洋服を選ぶのは自分でも、着物はさすがに難しいですよね。呉服店や成人式着物フェアーに行って、親と意見が合わないことも多いのです。どんなところが問題となるのでしょうか?

hurisode_kawaii_sakura_yellow

淡いクリームイエローにグラデーションの入ったピンクの振袖。可愛らしくて、きれいですよね。これは・・・お母様からすれば「汚れやすい」と思われる品です。
薄い色は汚れも目立ちます。会食した際に、長い裾は床についてしまったり、襟元は食べこぼしがあったり・・・心配の尽きない振袖かも知れません。
今は「パールトーン加工」といって、汚れを付きにくくする方法があります。購入の際にお店に相談すれば大丈夫ですから、安心して下さい。

hurisode_kawaii_sakura-kiku_brown

グレーにぼかしの入ったピンク、洋装にも通用する素敵な色合いの振袖です。でも成人式の華やかな振袖の中では埋没してしまうかも・・・お母様方が心配してしまう可能性もあります。
個性的なので、取り越し苦労とも言えますが、安心していただく方法としては、髪型にポイントを置いてみませんか?
例えば「前撮り」の段階で、着物を持って行って美容院とヘアスタイルや髪飾り等相談すれば、バランスのとれた素晴らしい着物姿になり、お家の方も安心できると思います。

振袖は袖も長く、小柄な方は柄負けしてしまう場合がありますね。
だから「親は振袖を着せたがるけれど、私は成人式には着物を着ない」なんて思っているお嬢様もいらっしゃいます。
確かに柄の大きな振袖は、背の高い人向きではありますが、全体的に小さな柄でまとめた品なら、小柄な方の方が、可愛らしい印象となり、お似合いです。是非一度チャレンジしてみて下さい。

hurisode_sakura_red

まとめ

普段着る事の少なくなった振袖、選ぶのは本当に難しいですね。
でも実際手にとってみたり、肩に掛けてみると顔の映りとかで、似合う・似合わないが分かるものです。
成人式フェアー等お誘いがあったら、是非一度会場に足を運んでみて下さい。
あなたにぴったりの「振袖」に出会えるかも知れません。

特集

人気記事

  1. 袖姿を披露するとなれば、もちろん髪型だってぬかりなく1番似合うスタイルを選びたいもの。けれど、「わた…
  2. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  3. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  4. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  5. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
PAGE TOP