振袖のレトロプリンセスってどんな振袖?!断然目立つ!NEWコーデ

最近振袖業界で話題の(?)キーワードと言えば、レトロプリンセス。2年前から大ブームのレトロ柄にプリンセステイストを加えた振袖は、良いとこ取りをしたい欲張りサンにぴったりの振袖です。

今回の記事では、振袖のレトロプリンセスを特集します!

1.振袖のレトロプリンセスとは?

①レトロ振袖+プリンセステイスト=レトロプリンセス♡

振袖の柄で古風な松竹梅や鶴などの古典柄は安定した人気を誇っています。この古典柄の中で、振袖の地色がはっきりした原色もの、柄が比較的大きいものはレトロ柄と呼ばれ、2年ほど前にブームとなりました。テレビで話題の芸能人やモデルさんが来ている振袖でも、レトロ振袖はよく見かけます。

このレトロ振袖に、プリンセスを思わせるテイストを加えたものがレトロプリンセスです。どこか懐かしい雰囲気の柄に、髪飾りや帯小物、メイクなどでプリンセステイストを表現しています。どこか新鮮で、断然「今」の気分!あなたも、今度の成人式のキーワードは「レトロプリンセス」にしてみませんか?

②実は2年前からレトロプリンセスは始まっていた

レトロプリンセスという言葉が注目されだしたのは最近ですが、古典柄の振袖をプリンセスのように着こなす、という感覚は、元々振袖のコーディネートでは存在していたのかもしれません。

何でもミックスするのが得意な、オシャレ上手な日本の若い女性。振袖に花をもっと盛る、ピンクのフワフワショールをつける、など、明らかに和風ではなく洋風のプリンセス気分になれるコーディネートは振袖のカタログやネット画像でもよく見かけますよね。

③レトロプリンセスという言葉はネットからスタートした?

どんどん新しい言葉が生まれる振袖の世界。昔からの伝統が引き継がれつつ、新しい世界観が表現されていますよね。

レトロプリンセスは振袖を扱う写真館や振袖店から発信された言葉です。堅苦しい振袖なら着たくないけど、オシャレで新しい振袖なら着てみようかな。こんな気持ちになってもらうため、今の時代の女性の気分に寄り添う提案を写真館や振袖店はどんどんしていきます♪

2.次回の成人式で是非着てみて!主役になれるレトロプリンセスコーデ集

①白いベレー帽がレトロ感満載!

振袖の柄は平安時代から受け継がれている有職文様(ゆうそくもんよう)をベースに菊・椿を大胆にあしらった古典柄。けれども、ウェーブのかかった長いロングヘアはまるでプリンセスそのもの♡ ピンクのアイシャドーとリップも振袖によく似合っていますね。

堅苦しくならないよう、ベレー帽やサングラスなどの小物でオシャレな着崩しに成功しています。

②格子模様の帯がレトロ感満載!

格子模様の帯が印象的なこの振袖は、帯揚げもチェック(格子模様)でレトロ感満載です。実はチェックは和服の世界でも市松模様と言われ大人気。現代的な雰囲気とレトロ感を同時に表現できる貴重な柄なのです。

ヘアスタイルはスッキリとアップにして、プリンセス気分満載の水色のサテンの髪飾りを2個使いしています。耳にはピアスもつけて、まさにレトロプリンセス。成人式にはひと際目立つコーディネートです。

③友達同士でもレトロプリンセス!

1人でレトロプリンセスになるのがドキドキするなら、是非お友達を誘ってみてください!振袖の下見は一人ではなく、お友達を誘ってリンクコーデをするのも面白いですよ。

振袖はネットでも購入できますが、できれば試着した方がサイズ違いや色違いなどのトラブルも防げます。

まとめ

続々と新しい世界感が生まれる振袖。元々が古くからある伝統的な第一礼装である振袖ですが、堅苦しいキマリを重視するあまり、振袖を着る事自体がイヤになってしまってはもったいないですよね。

成人式だけでなく、パーティや結婚式にも、是非振袖を着てみてください。新鮮な気分になれますよ♪

-振袖をお探しなら-

一生に一度の記念日に花を添える「振袖」

振袖をお探しならば、是非、お近くの『一蔵』へ。あなたにピッタリの振袖が見つかるかもしれません。