振袖の好みの地域差ってある?大阪の振袖ガールとオススメ振袖店

成人式の花形である美しい振袖姿。毎年新作も出て、女性ならぜひ着てみたいと思うことでしょう。ファッションでは、関東と関西などが対比されて語られることが多いですが、振袖にも地域によって好みの差はあるのでしょうか。

1.個人差はあるものの、関東と関西で異なる振袖の好み

振袖の好みには個人差がありますが、全国的にみると、地域によっても人気がある色柄に違いがあるようです。特に関東と関西には異なる着物の伝統・歴史があり、着こなしにも違ったこだわりがあります。

①京都ガールは個性的?!

伝統文化を重んじる京都人ですが、振袖のトレンドは意外にも個性的だったりします。一見オーソドックスな色柄の振袖にパッと人目をひくような色の帯を合わせたり、半衿や帯締め、小物のコーディネートがカタログ的なコーディネートとは一風違っていたりと個性派が多いようです。

振袖を購入する人も、レンタルする人も、まずはお気に入りの振袖を見つけよう♪

可愛すぎる!人気モデルのイチオシ振袖コレクションはこちら!

お気に入りの振袖がきっと見つかります!モデル満載の振袖カタログを取り寄せよう♪

和装が普段から身近な地域だからこそ、型を上手に外した上級者の着こなしができるのかもしれません。

②大阪ガールのお気に入りカラーは黒・紫・緋色

華やかで個性的なファッションが多く見られる大阪では、振袖にもこだわりがみられます。黒や紫といったシックでかっこいいカラーを選ぶ方が多いのも関西ならでは。赤系を選ぶ場合も、可愛らしい赤やピンクではなく、燃えるような緋色を選ぶのが関西流です。

ダークカラーには着物の柄を引き立たせる効果があるので、インパクトが強く印象深い着物姿になります。

②正統派からレトロ振袖まで、幅広い関東ガール

関東ガールの着物姿は千差万別。成人式会場では、実にさまざまな着物姿を見ることができます。正統派の色柄をおしとやかに着こなす方もいれば、トレンドの最新柄を大胆に着こなす方も。洋風の小物を合わせてファッショナブルにする方もいます。

自分の好みに合わせて自由な振袖姿を楽しむのが関東流なのかもしれません。

2.持ち込み振袖が年々増加!関東の振袖着付け事情

成人式の振袖といえば、なかなか着るものではないからとレンタルにする方が多かったのですが、最近では関東を中心に持ち込み振袖が増加しているようです。たとえば、母親が着ていた振袖をリメイクして娘が着る「ママ振袖」や、長女の成人式のときに仕立てた振袖を妹が着る「おさがり振袖」などが増えています。

すでに手元にある振袖を着用するので着物のレンタル料(購入費用)がかからないことと、同じ着物を家族で着ることでよい思い出が作れることから、持ち込み振袖は人気があります。 持ち込み振袖の場合、ママや姉とは違う着物姿にするために、小物のコーディネートやヘアメイクなどを変えるのが一般的です。特に、ママ振袖は着物がやや古いので、コーディネートで現代的に着こなす工夫が必要です。

3.大阪で振袖を選ぶならこの振袖店がオススメ

①【難波】一蔵 なんば店&ラブリス なんば店

白を基調にした清潔感のある店内で、たくさんの色柄の中から好きな振袖をゆっくり選ぶことができます。たくさんありすぎて悩んだら振袖コンシェルジュに相談を。プロの目線で似合う一枚をしっかり選んでくれます。

 

一蔵 なんば店情報

ラブリス なんば店情報

②【梅田】一蔵 梅田店

数ある一蔵の店舗の中でも、梅田店は品揃えのよさを誇ります。スタッフも多いので、振袖選びやコーディネートに迷ったら、何でも気軽に相談してみましょう。振袖のことだけでなく、ヘアメイクや前撮り撮影のことも相談できます。

一蔵 梅田店情報

③【天王寺】一蔵 天王寺店

こちらも品揃えの豊富さが魅力。人気の商品もたくさん並んでいるので、ぜひチェックしてみましょう。着物は意外な色が似合うことがあるので、普段好きな色にこだわらず、いろいろな色柄を試着してみることをおすすめします。

一蔵 天王寺店

まとめ

振袖の好みには、個人の好みだけでなく地域による差もあって、なかなか面白いものです。一生に一度のハレの日を飾る振袖ですから、専門スタッフに相談しながら、自分らしい素敵な振袖をぜひ選んでくださいね。