• Facebook
  • Instagram
  • Twitter
振袖を着るときの前髪はどうする?おすすめの髪型も紹介します

振袖を着るときの前髪はどうする?おすすめの髪型も紹介します

 

振袖は、成人式や卒業式など人生の節目にふさわしい着物です。美しい柄に多彩な小物で華やかさを出した振袖を着るときには、前髪をどうすべきか悩む人も多いでしょう。前髪のあるなしは、振袖を着たときの印象が大きく変わる重要なポイントです。

今回は、前髪あり・前髪なしで変わる振袖の印象や、前髪あり・前髪なしそれぞれでおすすめの髪型を紹介します。振袖を近く着る予定がある人は、ぜひ一読して前髪のスタイリングの参考にしてください。

1.前髪はある方がいい?

振袖姿で前髪はある方がいいのか、ない方がいいのか、実際に着る当日まで悩む人は多いものです。着物のマナーで前髪をどうすべきかは特に決められていないため、振袖を着用するシーンや好みで前髪のヘアスタイルを選びましょう。

ここからは、前髪がある方がいい場合と、前髪がない方がいい場合の2パターンを紹介します。

1-1.かわいらしく見せるときは前髪ありの方がいい

前髪ありの振袖姿は、かわいらしく見せたいときにおすすめです。ふわりと下げた前髪は少女のようなイメージを与えるため、華やかな振袖とマッチします。卒業式や祝賀パーティーなど、自分なりのヘアスタイルでかわいさを前面に出したいときは、前髪を出してみましょう。

前髪ありにする場合、アレンジによって印象を簡単に変えられます。眉毛にかかる程度に前髪を長くすると清楚なイメージが加わり、眉毛が見える程度に上げると明るい印象にできます。前髪をぱっつんに揃えたりふんわりと巻いたりするヘアスタイルも、振袖にマッチします。

特に前髪ありの振袖姿は、大人っぽく見られやすい面長な人に似合います。前髪を下げるとおでこが隠れるため、顔のラインが縦に長く見えません。前髪が地味に感じられる人は、片側にゆるく流すアシメにすると、垢ぬけた見た目にできます。

1-2.大人に見せるときは前髪なしの方がいい

大人になったことをアピールする成人式では、髪型で大人らしさを強調したい人も多いでしょう。前髪なしは顔のラインをすっきりと見せて、大人のクールなイメージを与えられるスタイルです。おでこを広く見せるスタイルであり、成人式の前撮りなど写真うつりがよいことも前髪なしの魅力です。

前髪なしのヘアスタイルは、前髪を後ろにかき上げるだけでなく、斜めに流したりセンターで分けたりすることでも作れます。顔周りの後れ毛も上手に出して、成人式ヘアアレンジを楽しみましょう。

前髪なしは、童顔に見られやすい丸顔の人や顔に横幅がある逆三角顔の人が似合います。
丸顔は顔の横ラインが強く出るため、前髪なしで大人っぽさを出すと同時に、縦ラインを強調してあげましょう。顔の長さが短い逆三角形顔は、前髪をなくして顔の縦ラインを強調すると面長に近くなり、あご周りのラインもすっきりと見せられます。

2.前髪ありの場合におすすめの髪型

振袖で前髪ありにする場合は、前髪の出し方や後ろ髪とのバランスを考えましょう。
以下に紹介する3つの髪型がおすすめです。

◯ボブ

後ろ髪を肩口で揃えて丸みを帯びたシルエットになるボブは、かわいらしさを出す前髪ありとマッチする、多くの女性に人気の髪型です。前髪を短くカットしている人は、普段と近い感覚でセットすることができます。「ボブ」と一口に言っても、ショートボブやマッシュルームボブなどの種類が多く、長さによって見え方が異なる点も魅力です。

ただし、毎日ボブにセットしている人は代わり映えしない印象となってしまうため、編み込みやウェーブでアレンジを加えましょう。前髪はオン眉にすると清楚さがプラスされます。

◯ぱっつん前髪

「前髪を下ろしたいけどかわいらしさより大人っぽさを出したい」という人は、ぱっつん前髪にしてみましょう。ぱっつん前髪は横一直線で切り揃える髪型であり、曲線が多い顔パーツの中で目を引きます。しっかりおでこを隠しつつクールな印象を与えられるため、童顔に見られたくない人にもおすすめです。

ぱっつん前髪にする場合、後ろ髪はすっきりとまとめるか、ゆるめに編み込んでもよいでしょう。大人っぽさを出したい人は後ろ髪をまとめることで、ぱっつんにした前髪を強調できます。

◯シースルーバング

前髪に隙間を出して下ろすシースルーバングは、髪型に軽さを出したい場合に最適です。おでこ全体を隠すスタイルではないため、動きに合わせて揺れる前髪で快活さや明るい印象を与えられます。前から見たときには透明感がプラスされ、写真撮影で顔周りが暗くなりません。

前髪をシースルーバングにする場合、後ろ髪はラフにまとめると一体感が出ます。かっちりしたボブにシースルーバングで軽さを出す組み合わせもおすすめです。

3.前髪なしの場合におすすめの髪型

前髪なしで大人っぽさを出すなら、シンプルに前髪をアップするだけでも印象を大きく変えられます。しかし、せっかく振袖を着るのであれば、もっとオシャレを楽しみましょう。
以下では、前髪なしでおすすめの髪型を3つ紹介します。

◯編み込み

大人っぽさを出す前髪なしでかわいさを取り入れたい人は、編み込みがおすすめです。アップした前髪で編み込みを作ると、髪のボリュームを出しつつふんわりとしたシルエットを作れます。編み込みで前髪が崩れないようヘアセットすれば、髪型の乱れを気にする必要がない点もメリットです。

後ろ髪も編み込みにすると一体感を出せるだけでなく、耳をしっかり見せるヘアスタイルにできます。三つ編み・シニヨンといった種類や、編み込む方向でも雰囲気が変わるため、お気に入りのヘアアレンジ方法を探してみましょう。

◯アップスタイル

髪を頭頂部や後頭部でまとめるアップスタイルは、ロングヘアの人もすっきりとまとめやすい髪型です。襟足を見せることで、大人のセクシーさも演出できます。

アップスタイルにする場合は、まとめ髪の土台がある位置で印象が変わる点に注意しましょう。後頭部側でまとめるとすっきりとした清楚なシルエットとなり、頭頂部側でまとめるとボリューミーかつゴージャスなシルエットができ上がります。

◯ポンパドール

前髪をふんわりアップにしたポンパドールは、前髪が長い人におすすめの定番アップヘアです。長い前髪でセットするとふんわり感をしっかり出すことができ、見る人にかわいらしい印象を与えられます。

ポンパドールのセットでは、サイドもアップヘアにしてすっきりとした見た目を作ることがポイントです。編み込みやアップスタイルも併用して、カジュアルなヘアスタイルを楽しみましょう。

4.前髪をセットするときに役立つアイテム

振袖を着るときの前髪は、式典の最中に崩れないよう見栄えよくセットしたいものです。
最後に、前髪のセットで役立つアイテムを、前髪あり・前髪なしそれぞれで紹介します。

◯前髪ありの場合

前髪カーラーは、下ろした前髪をオシャレにカールできるアイテムです。ぺたっとした前髪も、ふわっと毛先をカールさせるだけで髪型に軽さが出ます。巻き方によって立体的にくるんと巻くカールや、横に流す斜め前髪を調節できる使い勝手の良さも魅力です。

◯前髪なしの場合

前髪をアップさせるために便利なアイテムが、スモールピンです。成人式など振袖を着るシーンでは髪がほどけないようにすることは重要であるものの、目立つピンは振袖のよさを損なってしまいます。スモールピンは小さいため目立ちにくく、留めた箇所を後ろ髪やアクセサリーで隠すことが可能です。

上記で紹介した2つのアイテムはどちらも身近で入手できるため、振袖を着る当日は両方とも用意することをおすすめします。いつもは前髪のセット方法を決めている人も、特別な日には特別な髪型を楽しみましょう。

まとめ

かわいらしさを出す前髪ありは、面長の人に似合うスタイルで、ボブやぱっつん前髪の髪型にも合います。シースルーバングにするときは、前髪カーラーで巻くとオシャレな印象になります。

一方で大人っぽく見せられる前髪なしは、丸顔や逆三角顔の人におすすめです。スモールピンで前髪をアップにし、編み込み・アップスタイル・ポンパドールなど後ろ髪も活かしたヘアスタイルを試してみてください。

前髪は、振袖の印象を変えます。ネット上で公開されているヘアカタログ画像も参考に、華やかな振袖や自分の好みに合う前髪のスタイルを選びましょう。