振袖何色にする?【緑系】の振袖コーディネイト【画像付き】

振袖の色は決まっていますか?

緑は、昔から人の心を穏やかにする色といって、好まれてまいりました。自然をイメージすることも多く、沢山の表情を見せてくれるカラーです。
でも意外と振袖の中心となって使われることは少ないですね。少数派と言ってもよい、個性派の緑の振袖に焦点を当ててチェックしてみましょう。

1.柄別

①古典柄

 

hurisode_koten_shoutikubai_lightgreen

萌黄色の振袖です。柄は四季折々の花を紋様にした古典柄。若々しいオレンジが全体を華やかに演出しています。
帯は同じ萌黄色を使った一松模様。柔らかい花模様に幾何学模様を使う・・・和装ならではのコーディネイトです。
半襟も黒地の花模様で、個性的にまとめました。

hurisode_koten_tanzaku_green

森の奥をイメージする深緑の振袖。光沢があり、他所に金糸の縁取りも施されていて華やかな一着です。柄は花や熨斗をモチーフにた古典タイプ。
帯や半襟は明るい白系で合わせました。帯揚げは絞りの赤で振袖らしい豪華さを出しています。

hurisode_koten_tanzaku_lightgreen

白緑に赤系統で松竹梅を散りばめた、可愛らしい振袖です。
帯は金と赤で格式高く、帯揚げは着物の柄と同じ赤系統の紫。伊達襟は青でオーソドックスにまとめました。
バッグも花をモチーフにした赤紫で、振袖との相性もピッタリです。

hurisode_koten_tsuijigahana_lightgreen

パステルカラーのヒワグリーンとピンクのグラデーションが美しい着物です。友禅と金箔が全体を華やかにしています。
着物の柄にあるオレンジを帯に使い、同じく帯締めは緑、伊達襟はオレンジと緑の二色使いでスッキリとまとめました。
帯揚げを鮮やかな青にして、人の視線を上にもってくることで、スタイルを良く見せる効果を作ります。

hurisode_koten_botan_green

濃いビリジャンの緑が鮮やかな豪華な振袖。伝統の春夏秋冬の花模様が全身を覆います。
帯も帯締め、帯揚げ、伊達襟も濃いオレンジ系でまとめました。
半襟は白系にして、顔の回りを明るくさせましょう。

hurisode_koten_kagome_green

上半身はクロムグリーン、帯から下はオリーブグリーンの個性的な振袖です。模様は緑と補色関係にある赤をメインにした花柄。
帯に赤や黄色、緑色を使い、帯締めは赤、帯揚げは黄色のものを持ってきました。同じ彩度の色を持ってきて、まとめています。

hurisode_koten_green

パステルカラーのグリーン、ピンク、ライトブルーが華やかな振袖。柄は縁起の良い桜や梅、松、熨斗をふんだんに使っていています。
柄の中心となっているのが「赤」
それを強調するように、帯は赤、帯揚げは補色の緑を持ってきました。帯よりも明るい赤の帯揚げを使う事で、メリハリが付いています。

②レトロ柄

hurisode_yougara_bara_lightgreen

光沢のある鶯色の振袖です。柄は大きな牡丹の花をモチーフとして、黄色や紫、白を使って艶やかに仕上げています。全体にレトロ調でまとめている個性的な着物です。
帯は豪華な白、帯締めは地色の鶯色、帯揚げはメインの黄色い牡丹と同じ黄色を持ってきました。

hurisode_retro_matsu_lightgreen

抹茶色の美しい振袖。振袖では珍しい色と言われています。黒の大きな桜や松の模様が引き締め効果を発揮していて、明るい色の他の花々とマッチングしています。
伊達襟、帯、帯揚げ、帯締めの他、草履も白・紫・ピンクでまとめている色合いは洋風とも言えます。
赤い飾り花が、若々しさを演出しています。

hurisode_retro_tsubaki_green

昔ながらの常盤色を使った、可愛いレトロ調の振袖です。
梅の大柄な紋様が特徴的で、オレンジの手毬を梅の花の地紋に使うなど、個性的な作りとなっています。様々な紋様が浮きっているのも、下地の緑が美しいから。
帯は手毬の色のオレンジでまとめて、華やかにしています。帯揚げ・帯締めは江戸紫。きれいな仕上がりとなっています。

2.イメージ別

①可愛く

hurisode_kawaiku_tsuijigahana_green

白と青緑のぼかしが美しい着物です。細かい花が繊細に散りばめられていて、印象的。小柄な方にもお勧めの振袖と言えるでしょう。
全体が寒色系でまとまっているので、帯は黄色を使い、インパクトのある赤い大きな花を中央に持ってきました。

hurisode_kawaiku_botan_lightgreen

やさしい鶸色(ひわいろ)の地に古典紋様を配した、女の子らしい振袖です。
帯を補色系のピンクにして、帯締めは鶸色、帯揚げは向日葵色で艶やかな印象にしました。

hurisode_kawaiku_kiku_green

グラデーションの美しいピーコックグリーンんの振袖。濃いピンクの牡丹の花が優美に配置されていて、高級感があります。
帯も多色系の明るいものを使い、緑の帯締めで引き締めています。帯揚げと伊達襟のピンクが可愛らしいですね。

hurisode_kawaii_green

白地に緑の花模様が鮮やか。スッキリとしたさわやかな振袖です。
中心となっているのは緑と黄色。中間色が強い印象の配色の着物です。
帯、帯締め、伊達襟に濃い朱色を使って、可愛らしく演出しました。

②かっこよく

hurisode_cool_tsubaki_green-1

光沢のあるピーコックグリーンがシャープにまとまっている振袖。オレンジ系とブラックの模様が効いています。
ぼかしも肩や裾に美しく入っていて、華やか。帯は銀地に大柄なオレンジ模様、伊達襟もグリーンとオレンジでまとめています。
帯揚げもオレンジとグリーンですが、少し色目の違ったグリーンを使ったのがポイント。黄緑系を使って、やわらかい印象にしています。

hurisode_cool_mari_green

輝くクロムグリーンの振袖です。濃い色目ですが、白とのグラデーションで華やかに仕上がっています。
手毬や四季折々の花々がゴージャスに描かれ、長く着られる振袖でしょう。
帯、帯上げ、伊達締めを梔子色を使って統一感をだしました。

③グラマラスに

hurisode_glomorous_fumei_green

濃いビリジャンの振袖。花もすべてグリーン系でまとめているため、幻想的なイメージとなっています。
ともすれば沈んでしまいそうな雰囲気を、帯と半襟のイエローでバランスを取っています。帯締めや袖から見える裏地の赤も効果的です。

④個性的に

hurisode_kosei_kitchisyoumonyou_green

金の波模様が緑地に映える個性的な振袖です。緑と交互に入っている白い花群も躍動的で絶妙のバランス。
帯も紫と白の動きのある模様ですが、同じ紫と白の飾り紐が魅惑的でおしゃれです。

hurisode_kosei_fumei_green

桜や梅、藤や菊といった紋様花がところ狭しと配置されている振袖です。黒とピーコックグリーンの下地が個性的に光ります。
帯は黒地の大きな水玉模様、帯揚げ、帯締め、半襟、伊達襟を明るい紫で統一することで現代感を出しました。

まとめ

一口に【緑】と言っても、心を落ち着かせる緑もあれば、心華やぐ緑もあり、その雰囲気は様々です。
振袖も小物使いで印象を変えることができますから、パターンを決めず、その時々で帯や襟を変えて見ませんか?
きっと新しい発見があるはず!コーディネイトを楽しみましょう。

特集

人気記事

  1. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  2. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  3. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  4. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
  5. 着物はその種類によって少しずつ造りが異なっています。訪問着などの街でも見かける着物と比べて袖が長く、…
PAGE TOP