【なりたいイメージ別】振袖の選び方☆おすすめアドバイス

いざ振袖を選ぼうと思うと、未婚女性のハレの日を飾る振袖は色柄が実に豊富で悩んでしまいます。着物を着る機会はあまりないため、着たときの自分が想像できず、なかなか決めることができないという人も。そこで、なりたいイメージ別の選び方をご紹介しますので参考にしてください。

1.カワイイ系の場合

①ピンク系のカワイイ振袖。雲取り柄がおすすめ!

hurisode_koten_tsubaki_pink

振袖の人気色は、やはりキュートな可愛らしさがあるピンク。普段からピンクが好きな人は、振袖でもこの色を着たいと思うようです。若い女性の初々しさやはかなげな可愛さを存分にアピールできる色です。

ピンク色の可愛らしさを満喫するなら、柄にもこだわってみましょう。こちらはぼかしの入った地色に雲取り柄がなんともいえず愛くるしい一枚です。

②レトロカワイイ振袖

hurisode_retro_kiku_lightblue

こちらは水色で描かれた大きな亀甲紋に、大輪の花々がクラシックなオレンジ色と黄色で描かれたレトロな一枚です。可愛さを求める振袖なら、レトロクラシックな色柄を選ぶのも一つの方法です。大きな柄とビビッドな色使いがキュートで、華やかさと可愛らしさの両方を兼ね備えています。

hurisode_retro_sakura-temari_blue

こちらも鮮やかな色使いがはっと目を引く一枚です。中心になる色は花々に使われている赤ですが、その背後にあるクリームイエローと絶妙なバランスで入っている青がとても印象的。元気さと可愛さがあります。

hurisode_retro_kiku_white

クリーム色の地にターコイズブルー×サーモンピンクでレトロな雰囲気たっぷりの一枚。この3色を見事に調和させた素晴らしい着物です。かなり大ぶりの花をあしらって、存在感もたっぷり。アンティークの趣のある振袖です。

2.カッコいい系の場合

①ベースは断然黒。柄も大きめがおすすめ

hurisode_retro_botan_black

黒ベースの振袖も、毎年人気があります。黒はクールで知的ですし、フォーマルカラーなので品のある装いになります。かっこいい大人の女性を演出したいなら、黒の振袖がおすすめです。
hurisode_cool_botan_black

黒字の着物の良さは、何と言っても絵柄がとても美しく出る点にあります。振袖の豪華な柄がとても引き立ち、着物の美しさを存分に引き出し、着る人も魅力的に見せてくれます。

hurisode_glomorus_rose_black

黒はスタイルをすっきり見せてくれる優秀カラーです。振袖の色を選ぶ場合は、髪の毛の色に合わせることと、体型をうまくカバーしてくれる色を選ぶのがコツ。振袖姿は帯や小物などで洋服よりシルエットにボリュームが出やすいので、体型が気になる人は黒を選ぶのもよい選択です。

hurisode_simple_botan-chou_black

黒地にすると、どんな色でも似合います。黒×紫で妖艶な感じにもできます。

②帯や髪飾りでクールに金を取り入れてみる

hurisode_simple_kiku_black

黒にはこんなアニマル柄の帯も似合います。シャープにかっこよく決まります。

hurisode_glomorous_botan_white

黒×赤の強い配色に金色の帯を加えてゴージャスに。

hurisode_cool_kiku_black

黒赤のコントラストは控えめですが、帯にたっぷりとゴールドを使うことでインパクトをプラスします。

3.色っぽい系

①古典柄で髪をタイトに、が新しい色っぽさ

hurisode_koten_botan-kiku__red

振袖はあくまでクラシックに、髪型を工夫して可愛さの中に色っぽさも出すスタイルです。正統派の美しさを大事にしています。

hurisode_koten_tsuijigahana_lightgreen

淡い色味が何とも品のよい一枚。優しい女性らしさにあふれた振袖です。

hurisode_koten_botan_kiku_orange

黒がとても印象的な振袖は、大人の色気を感じさせます。落ち着いた古典柄なので上品さも失いません。

②青い着物で色っぽく目立つ

hurisode_koten_botan-kiku_blue

青は普段着ないという人でも、振袖では青もぜひ選択肢に入れて欲しい色です。青の振袖にはしっとりと落ち着いた色っぽさがあります。

hurisode_cool_kiku_blue

青い以外に何色が入っているかで着物の明るさやイメージが違い、青×黒なら大人のイメージ、青×白なら知的なイメージになります。

4.エレガンス系

①赤地に絞りで豪華に

hurisode_koten_temari-sakura-kikkoumon_red

ピンクよりももう少し大人っぽくしたいというときは赤ベースの振袖がおすすめです。女性の可愛らしさもありますし、大人っぽく艶やかな雰囲気に仕上げることもできます。

hurisode_koten_sakura-huji__red

クラシックな古典柄にも赤はよく似合う色で、金糸の刺繍を施した振袖は、若々しさや晴れやかさを表現することができます。

②白と紫ですっきりと

hurisode_koten_botan_white

個性的なエレガンスを表現したいなら白×紫の振袖はいかがでしょうか。ポイント的に使ってもきれいです。

hurisode_cool_bara_violet

白と紫のぼかしを流れるように入れた、現代風エレガンスを感じる一枚です。

まとめ

自分に似合う振袖選びのポイントは、まずなりたいイメージを決めてしまうこと。「こんな私になりたい!」というのをまず決めてみて下さい。

特集

人気記事

  1. 成人式や卒業式などは、さりげなく気になる女子の振袖姿をチェックしてしまう。そんな男子も少なくありませ…
  2. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  3. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  4. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  5. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
PAGE TOP