• Facebook
  • Instagram
  • Twitter
振袖とバッグの合わせ方!サイズや色を選ぶポイントも

振袖とバッグの合わせ方!サイズや色を選ぶポイントも

 

成人式などの大切なイベントで振袖を着る場合、振袖姿をおしゃれで可愛くコーディネートするためには、メイクや髪型だけでなくバッグの合わせ方も重要です。しかし、振袖とバッグをどのように合わせればよいか、またどのバッグを選べばよいかわからない人もいるでしょう。

今回は、振袖とバッグを合わせる考え方のポイントから、振袖に合うバッグの選び方と合わせ方、振袖に合わせるバッグに関するQ&Aまでを解説します。バッグまで抜かりなくコーディネートし、とびっきり可愛い姿で成人式当日を迎えましょう。

1.振袖とバッグの合わせ方を考える際のポイント

最も意識すべきポイントは、「実際にバッグを持った際に振袖のコーディネートと違和感なく合っているか」です。基本的には、以下のような点を意識するとよいでしょう。

  • 振袖とバッグを同色系で揃える
  • 振袖の柄と似ているバッグの柄を選ぶ
  • バッグと草履の色を合わせる

振袖とバッグだけでなく足元(草履)も含めて考えると、コーディネートに統一感が出て綺麗にまとまります。草履とバッグがセットになったレンタルオプションやセット商品を選べば、簡単に全身のコーディネートのバランスが取れるでしょう。

全体のバランスが取れていれば、あえて違う色柄を合わせても問題ありません。しかし、振袖とバッグの色柄を変えることは、上級者向けのテクニックです。そのため、全身の統一感を意識することが、振袖とバッグの考え方の基本となります。

2.振袖に合うバッグの選び方

振袖レンタル店には、振袖との相性を考えて適切なバッグを用意してくれるオプションがあります。しかし、中には自分でバッグを選びたいと考えている人もいるでしょう。

ここからは、振袖レンタル店のオプションを利用せず、自分でバッグを用意したい人に向けて、振袖に合うバッグの選び方を詳しく解説します。

2-1.サイズ:横長で小さなものにする

振袖に合わせるバッグには、さまざまな大きさ・サイズ・形のアイテムがあります。振袖姿を引き立たせたい場合は、「横長」「小さめ」のバッグを選ぶましょう。

大きなバッグはたくさんの持ち物が入るため便利ですが、小さなバッグほうが上品でおしゃれな印象となります。また、振袖のシルエットは縦に長いため、横長のバッグを持つとスタイリッシュにコーディネートできます。

2-2.素材:布かエナメルのどちらかに

バッグの素材は、「布」「エナメル」のどちらかにしましょう。それぞれの素材の特徴は、下記の通りです。

〇布製バッグ

落ち着いた柔らかな雰囲気が和装と違和感なく馴染むため、どのような振袖にも合わせやすいことが特徴です。可愛さや優しさを重視したい場合は、布製バッグがおすすめです。

〇エナメル製バッグ

エナメル製バッグの美しい光沢やツヤは、高級感や存在感を演出してくれます。エレガントな大人の女性を演出したい場合は、エナメル製バッグがおすすめです。

かつては振袖との相性がよい布製バッグが定番でしたが、近年では存在感のあるエナメル製バッグを選ぶ人も増えています。どちらの素材にするかは好みで選べばよいでしょう。

3.【色別】振袖とバッグの合わせ方

振袖とバッグの色は同系統で揃えることが基本ですが、コントラストの強い配色や相性のよい色で合わせる方法もあります。以下では、色別に振袖とバッグの合わせ方を紹介します。

〇赤色の振袖×紫色のバッグ

赤色の振袖に紫色のバッグを合わせることで、コントラストの効いた美しい振袖姿を演出できます。振袖の柄がシンプルな場合、柄の入ったバッグを選ぶとコーディネートがより引き立ちます。赤色の振袖を着る人は多いため、バッグで差を付けましょう。

〇黒色の振袖×赤色のバッグ

黒色の振袖には、差し色となるインパクトの強い赤をバッグで入れることで、上品で豪華な雰囲気となります。黒は大人っぽさや艶っぽさを演出できる色ですが、振袖とバッグを同系色にすると地味な印象になってしまいます。黒色と相性のよい赤色のエナメル製バッグを合わせれば、高級感も演出できるでしょう。

〇ピンク色の振袖×白色のバッグ

ピンク色のような淡い色の振袖には、白色のバッグを合わせるとアクセントになり、振袖姿の魅力を引き立ててくれます。可愛らしさや華やかさを感じさせるピンクは人気の色ですが、バッグを淡色の同系色にすると、ぼやけた印象になることがあります。光沢感のある白のエナメルバッグにすれば、スッキリとまとまったコーディネートに仕上がります。

〇金色の帯×金色や銀色のバッグ

振袖ではなく、帯の色に合わせてバッグの色を決める方法もあります。振袖の帯が金色の場合は、金色や銀色のバッグを合わせると、エレガントでゴージャスな雰囲気にまとまります。ゴールドやシルバーは合わせることが難しいイメージがありますが、帯とバッグという小物で金色や銀色を取り入れれば、簡単に統一感が生まれます。

振袖とバッグの色の合わせ方に迷った場合は、ベージュのバッグを選ぶとよいでしょう。ベージュはどの色とも相性がよいため、振袖姿を上品にまとめてくれます。

4.振袖に合わせるバッグでよくあるQ&A

成人式は一生に一度のイベントであり、何度も経験することではないため、バッグに関してさまざまな疑問を抱いている人もいるでしょう。

ここからは、振袖を着るときに使うバッグに関してよくある質問に、Q&A方式で回答します。自分に合うバッグを選び、不安なく成人式当日を迎えられるよう、あらかじめ疑問を解消しておきましょう。

4-1.Q:バッグには何を入れればいい?

A:成人式などのイベントでは、下記の持ち物をバッグに入れるとよいでしょう。

  • 財布
    長財布は入らないため、コンパクトな財布を用意することをおすすめします。
  • スマートフォン
    バッグに入りきらない場合は、スマートフォンのカバーを外すとよいでしょう。
  • 化粧品
    口紅やアイブロウなど、化粧直しに必要なアイテムのみを厳選して入れます。
  • ハンカチ・ティッシュ
    化粧直しや身だしなみを整えるのに使うため、忘れずに入れておきましょう。

振袖に合わせるバッグの容量はあまり多くないため、優先順位を付けて持ち物を決め、実際にバッグに入るのか確認してみましょう。

4-2.Q:バッグをネットで買うときの注意点は?

A:インターネット通販を利用する場合、バッグのサイズをよく確認しましょう。色柄の印象や雰囲気だけでバッグを選ぶと、「思っていたよりも大きかった」「小さすぎて何も持ち物が入らない」など、後悔する恐れがあります。そのため、通販サイトに記載されている商品情報からサイズをチェックし、メジャーを使っておおよそのサイズ感を把握しましょう。

インターネット通販は、豊富な選択肢からお気に入りのバッグを見つけるためにはよい方法です。実際に振袖とバッグを合わせたコーディネート写真が載っていることもあり、振袖とバッグの合わせ方の参考になるでしょう。

4-3.Q:振袖用のバッグはどう保管したらいい?

A:成人式などのイベントで使用したバッグは汚れや湿気を持っているため、そのまま保管するとシミやカビによるダメージを受けてしまいます。そのため、保管前にまずはしっかりとお手入れを行うと、バッグを良好な状態で保管することが可能です。

バッグに付いた汚れやホコリは丁寧に取り除き、陰干しを行って完全に乾かします。特に、布製バッグなど水分を含みやすい素材は、入念に湿気を飛ばしましょう。その後、バッグを薄紙に包み、乾燥剤と一緒に収納ケースなどに入れて、風通しのよい場所に保管します。

まとめ

振袖に合わせるバッグは、選び方や合わせ方次第で振袖姿を大きく引き立たせる重要なアイテムです。振袖とのバランスを考えてコーディネートすることで、ワンランク上のとびっきり可愛い振袖姿に仕上がるでしょう。

振袖用のバッグにはさまざまな種類がありますが、小さく横長のデザインを選ぶことをおすすめします。振袖とバッグを同系色にまとめれば統一感のあるコーディネートに、振袖と反対色のバッグにすれば差し色が入っておしゃれな雰囲気に仕上がります。今回紹介したテクニックも参考にして、ベストなバッグを選んでください。