可愛く撮れる♡振袖写真を撮るときに気を付けたい7つのポイント

一生に一度の成人式、せっかくの記念ですから是非写真を撮って残したいものです。後で撮ることの出来ない、大切な一枚になりますよ。 思い切ってプロに頼むのも良いでしょう。今回は振袖写真を撮る時のコツをお伝えしませす。参考にして下さい!

1、写真撮影前に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普通の記念写真とは違う「成人式の写真撮影」 実は写真撮影の前にチェックポイントがあります。気になるポイントは3つ!ご紹介致しましょう。

①写真店&スタジオ予約はタイミングをみて

写真撮影をスタジオで行う場合は、まず予約が必要です。予約時期はいつが良いか・・・悩むところですよね。 ポイントの一つは「成人式よりも前に」 実は「前撮り」が当たり前になってきた成人式の記念撮影ですが、以前は成人式当日に撮ることも多かったのです。 せっかく振袖を着てメイクもしたのだから、そのまま写真撮影・・・着付けもメイクも有料ですから、同じ日にできればリーズナブルですよね。なぜ、その習慣が無くなったのでしょう? スタジオ予約が集中したのは勿論ですが、ぶっつけ本番の着付けやヘアメイクで女の子達が納得できる写真に仕上がらなかったのが大きいようです。 前撮りなら、ゆったりとした時間で写真撮影が出来るし、メイクやヘアーも色々試せます。出来上がりの写真を見てから、成人式当日も同じスタイルにお願いするのも良し、少し変化させたいなら変更も良し、成人式のリハーサルを兼ねての前撮りが人気を呼び、今は主流になってきています。 撮影でお勧めなのは、お肌が日焼けする前の春~初夏。気候も穏やかで、スタジオの中でも外でも納得のいく写真が撮れると思いますよ。

②ヘアメイクは自分でする方法も

hurisode_makeup_resize-2

着物のヘアメイクはプロにお願いするのも素敵ですが、いつもと違いすぎる自分となってしまい、出来上がりに驚く女の子が多いのも現実です。 着物は洋装と違うので、メイクは色白にして、お化粧もしっかり行います。普段ナチュラルメイクが好きな女子には、少し派出な印象となるでしょう。でも、洋服を着た時と同じメイクでは、着物を着た時に着物だけが浮き上がってしまい「着物負け」してしまいます。 違和感を無くすには、どうしたら良いか・・・ポイントメイクを自分でやってみては如何ですか?例えば、目元のアイラインやアイシャドーはプロにお任せして、パッチリ目にしてもらいます。でも、眉やリップ、チークは自分で。これだけでも、着物のお化粧らしく、でも自分らしいメイクになりますよ。 ヘアーも同じです。着物姿の場合、頭が小さすぎると体が必要以上に大きく見えて、バランスが悪くなるのです。例えば、あなたが「前髪こだわり派」なら、前髪だけは自分で、後はプロにお任せすると・・・納得いくヘアスタイルになると思います。

③希望のポーズがあれば、遠慮なく伝えよう

hurisode_cameraman_resize-1

女の子なら、自分のお気に入りのポーズがあります。「右から撮った方が好き」「見上げた表情が可愛いと言われる」etc… プロにお願いすれば、新たな自分を発見できるかも知れませんが、スタジオでは何枚もシャッターを押してくれますから、自分のお気に入りのポーズがあれば、事前にカメラマンにお知らせしましょう。 口でイメージを伝えるのが難しいなら、気に言った自撮写真を見て貰うのも良いと思います。せっかくの記念写真ですから、写真撮影前に準備して行きましょう!

2、ポーズ集

①立ち姿の場合

hurisode_koten_botan-kiku-take-temari_blue

着物が一番映えるポーズは、何と言っても立ち姿。特に体に厚みのある女子は、正面から撮るこのポーズがお勧めです。ポイントは「足」 少し内またにして、草履を少し前後にずらすだけで、モデルっぽい印象になります。

②腰掛けの場合

hurisode_koten_botan_lightblue

腰かけて写真を撮る場合は、低い椅子等は姿勢も悪く、着物も綺麗に映りません。少し高めの椅子等に、浅目に腰掛けましょう。その際は、長い袖に注意して下さい。スタジオ撮影の場合は、袖が床に着いてもOKですが、屋外の場合は袖が汚れないように、袖の柄が綺麗に映るように回りの人に袖位置を直してもらってから、撮影に臨みましょう。

③上半身アップの場合

hurisode_kawaii_pose-4

一番顔のアップが光るポーズです。ご自分のお気に入りの笑顔で、自分の好きな方向から撮りましょう!少し上から撮ってもらうと、小顔に映ります。その際、あごを引くことをお忘れなく。

④帯見せの場合

hurisode_obimusubi_bunkokeikawarimusubi-6

振袖姿のポイントは「帯結び」です。色々華やかな帯結びがありますが、本人は意外と見えないもの。是非、髪飾りと一緒に写真に撮って貰いましょう。良い思い出になりますよ。

まとめ

成人式の前撮り写真、毎日が忙しくついつい後回しになってしまう場合もあります。でも、この時期は2度と戻ってこない女の子にとって大切な時間です。あとで後悔することの無いように、事前準備をきちんとして撮影してみませんか? それも大人の第一歩かも知れません。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP