振袖に流行ってあるの?ママの振袖着るのはアリ?

着物のよさは、長い間着ることができる点にあります。よい着物はきちんと手入れをして保管すれば、実に長い間着ることができ、思い出のこもった大切な一枚になります。中には母から娘へ受け継がれていく振袖も。今の振袖の流行と合わせて、そのような着方をご紹介します。

1.振袖の流行はあるの?

hurisode_ryuukou_midori

着物の柄は季節感を大切にするところに特徴がありますが、同時に、その時代時代の流行というものもあります。ただし、第一礼装としての格が高い着物に関しては、描かれる柄がある程度決まっているのが通常です。

もっとも、振袖は成人式で現代でも多くの女性に着用される着物なので、色柄が比較的自由で、流行もあります。

2.今の流行は二極化~古典派&レトロモダン派VSガーリー&可愛い系

①古典派

hurisode_hairstyle_ash

色柄が豊富な振袖ですが、今の流行は二極化しているようです。大きく分けると、正統派で大人っぽい振袖か、かわいらしさを全面に出した振袖の2パターンがあるようです。黒地に大輪の花々が咲くクラシカルな着物は、落ち着いた大人の女性を演出します。

hurisode_koten_humei_blue

婚礼衣装にも使われる束ね熨斗は、ご縁を結ぶという意味を持つ代表的な吉祥文様。流れるようなラインがとても優雅。黒×青を背景に咲く花々が幻想的です。

hurisode_koten_syakuyaku-take-__red

お目出度い松竹梅などが描かれた着物。赤×金の配色が美しい正統派の振袖は、毎年不動の人気があります。可愛らしさも大人っぽさもあり、着る人を美しく見せてくれる着物といえるでしょう。

②レトロモダン派

hurisode_retro_matsu_lightgreen

若草色に、橙色、黒の配色がレトロな印象の振袖です。くっきりとしたデザインがモダンで個性的な一枚。他の人とはちょっと違った個性を打ち出したい人に人気があります。

hurisode_retro_sakura-matu_black

黒地に赤や橙を基調としたカラフルな花々が咲き誇る、とても豪華な着物です。振袖としての品格と現代風の艶やかさも兼ね備えています。

③ガーリー系

hurisode_koten_tsubaki_pink

かわいらしいピンクが好きな人におすすめの振袖です。ピンク×白のほんのりとしたグラデーションに、小花が可憐に咲いていて、とてもキュート。バッグからショールまで、トータルコーディネートで着こなしの完成度を上げています。

hurisode_hadairo_usupink

白の割合を多くした、はかなげなイメージの振袖です。まるで白ウサギのようなふわふわした着物姿を、黒地の帯がきりっと引き締めて、全体の着こなしを上品にしています。

④カワイイ系

hurisode_kawaii_botan-kiku-temari_lightblue4-1

水色×ピンクの鮮やかな地に、バラがふんだんに描かれた美しい振袖です。パステルトーンで、可愛らしさ抜群。帯留めにもそっと花を添えて、まるでドレスのような華やかさがある一枚です。

hurisode_kawaii_botan_pink-1

白地にピンクの濃淡だけで花々を描き込んだ、ピンク好きにはたまらない振袖です。チョウチョも舞い飛び、現代風のデザインを全面に出した着物になっています。振袖でも、普段の自分らしい可愛らしさを演出したい人におすすめです。

3.ママの振袖を着るのってアリ?

hurisode__remake_mama

母娘で同じ振袖を着るのも、とてもよい選択です。よい振袖は世代を超えて長く着ることができますし、帯や小物を替えるだけで雰囲気ががらりと変わりますから、母娘で着こなしを変えて着ることができます。

ヘアスタイルを現代風にしたり、好きな小物を組み合わせたりと、ママとはひと味違ったオリジナルの着こなしを楽しむことができます。

hurisode_remake_mamahuri

素敵な着こなしが出来上がったら、ママと並んで一緒に写真撮影。一生懸命育てた我が娘に自分が着た着物を着せ、一緒に写真を撮ることは母親として感慨無量のことでしょう。母娘どちらにとっても、素晴らしい思い出となるに違いありません。

4.ママの振袖を推奨している振袖専門店もあります

mamafuri-01

振袖専門店には、ママの振袖を着用することをすすめているお店もあります。成人式は、ここまで育ててくれたご両親に感謝をする日でもあります。ママの思い出が詰まった振袖を着ることで、その感謝の気持ちを表すことができます。

まとめ

豊富な色柄から自分らしさが出せる振袖を選ぶのが、現在の流行。その点、ママの振袖を選ぶのは、かけがえのない母娘の絆を示すよい選択といえるでしょう。特に、今はクラシックな着物に人気があります。大切なハレの日に、ママの着物を着てみてはいかがでしょうか。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP