絞りの振袖は格が低いの?

お着物に触れる時間のない人にとっては、一見シンプルで古風に見える印象がある「絞り」のお着物。実はとても魅力があり、高級で高価なお品なのです。そんな魅力のある「絞りと「総絞り」のお着物についてご説明いたします。

1.総絞りは高いのでレンタル店に出回らない

染めのお着物しか見たことがない方にとっては、絞りで仕上げられたお着物は少し古いイメージに映るかもしれません。しかし、「総絞り」のお着物は、伝統的なとても高価なお品です。約100万円前後で購入できるものもあれば、数百万円にのぼる価格帯のものまであるのです。そのため、成人式や特別な日のために着物レンタル店で借りたいと思っても、絞りの着物は簡単に見つけることができないこともあります。

レンタル店で出回っているお着物は、3~5回ほど使用するともとが取れるといわれています。帯揚げや小物であっても、手間暇かけて作られた絞りのお品はとても高価なもの。価格の面でも、高価で伝統的な独特の雰囲気を持つ「総絞り」の着物をレンタルすることは難しいのかもしれません。

2.総絞りは最高級の格。堂々と着よう!

hurisode_koten_sakura_purple

普段からお着物を着るという人が少なくなっているため、成人式などで振袖を着用する時期には、着物を多く見かけます。そのため、成人式やレンタル店などで、ゆっくり着物を見るのは初めてという方にとっては、染めのお着物の柄が印象的でしょう。

「絞り」や「総絞り」になると柄の見え方が染めのお着物とは大きく異なりますから、周囲と違って映るかもしれません。古風に見えるなどの意見があっても、気になさらないでください。実は、この「総絞り」、江戸時代には贅沢品とされていたため、大奥でも着用禁止令が出ていたほどの高級品なのです。

もし、総絞りのお着物を着用する機会があるならば、安心して堂々とお召しになることをお勧めします。周囲と違うことが気になるのであれば、高級品の「総絞り」のお着物を着用していると考えて、楽しんで絞りのお着物を楽しむ日になさってください。

3.圧巻!京鹿の子絞りの美しさ

hurisode_koten_kiku_black

生地を糸で括り、器具で挟んで防染し、色を付けるために染料で染め、手間と暇をかけてつくる古くから伝わる技法の染め物のお着物。これが「絞り」や「総絞り」と呼ばれる種類のお着物です。

振袖などに使用される絞りの種類は、鹿の背中のまだら模様に似ていることをイメージし、「鹿の子絞り」と呼ばれてきました。絞りの作業は、「総絞り」になると着物一反に25万粒も絞りを作るともいわれます。そのため、とても高度な技術や根気強さが必要になり、時間のかかる作業がになる訳です。ですから、京鹿の子を含め「総絞り」のお着物は、伝統のある素材であり最高級のお品といえます。

4.レンタル着物は安いものが多い

レンタルのお着物は、2万円~5万円で帯を含めて着物一式を借りて着用することができます。そのため、色や柄は品揃えが豊富でも、お着物一式の価格的には低く安いものが多く出回っていると考えるほうがよいでしょう。「総絞り」のお品になると、帯揚げなどの小物でも数万円するため、レンタル店で見かけるのはとても少ないといえます。

何度か着用することを考えている場合は、気に入ったお着物を購入することもお勧めです。「総絞り」を含め、着物の魅力は身に着けて感じるものも多くあり、着るほどに愛着がわきます。お着物に詳しい方と一緒に選んでみることや、何軒か着物専門店を回っていろいろな着物を見てみることが大切です。

まとめ

お着物が好きな方にとって、「総絞り」といえば高価で、高級な和服ということは周知のことです。一度は着てみたい、総絞りの着物を購入してみたい…そんな風に感じておられる方も多いかもしれません。そんな伝統の「総絞り」のお着物。機会があれば、ぜひ一度は手にしていただきたい魅力の和服です。

特集

人気記事

  1. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  2. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  3. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  4. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
  5. ジューンブライドに憧れて6月に結婚式を挙げる人は少なくありません。みなさんの中にも、結婚式にお呼ばれ…
PAGE TOP