振袖の帯揚げって着物の帯揚げと違うの?~知っておきたい振袖の小物知識~

振袖や着物など、和服のアクセントともいえる帯揚げ。和装の着用時には、帯揚げを身に付けなくても着物は着崩れませんが、上品さや可憐さなどを表現するアイテムとして活躍します。帯揚げの種類や使い分け方、帯揚げで一工夫できる着物のアレンジを紹介しましょう。

1.そもそも帯揚げって何?

帯揚げは、着物着用後に帯を締め、お太鼓や福良雀などの帯結びに使用します。振袖や着物などの帯結びのときに使用する帯まくら(お太鼓枕)や枕から出ている紐を隠すために使うのが帯揚げです。

枕の紐を隠しながら脇から前身頃にかけて着付けるアイテムとして着物を飾ります。ですから着物全体の中でも見える部分はわずかですが、和装着こなしのアクセントになります。ここでは、帯揚げの種類、結び方、アレンジ方法などをお伝えします。

2.振袖と着物の帯揚げの違いとは

振袖・訪問着・小紋など、着物の種類によって帯揚げの種類を明確に分けるという決まりはありません。しかし、ある程度状況に合わせて使い分けることもできます。

□式典の出席や礼装用の帯揚げ

公式の式典や結婚式など、第一礼装として着用する着物に合わせるときは、正装用として「白」「白っぽい」「薄い色」などの帯揚げを使用します。ときには、帯揚げの一部に絞りが入っているものや、金糸で刺繍が施してあるものもあります。準礼装になる訪問着や付け下げに合わせることも可能です。 □街着やおしゃれ用の帯揚げ 鮮やかな色合いやしっかりとした生地を使った縮緬の帯揚げなどを使用される方も多くいらっしゃり、おしゃれ使いが楽しめます。

小紋や紬、ウール、デニム、化繊の着物などに合わせることができます。季節によっては、綸子や紋綸子などの方がやわらかいイメージになります。

□夏用の帯揚げ

夏には絽や紗の着物を着用しますので、帯揚げも隙間のある涼しげな絽を使うことがおすすめです。

□振袖用帯揚げの生地と使い分けのポイント

振袖を着用するときは「華やかさ」を強調する着こなしが必要ですから、絞りなどでボリュームを付けることもできます。留袖や訪問着より、多めに帯揚げをみせる着付けをしますが、綸子や縮緬の帯揚げも合わせられます。

絞りはボリュームが出るため、すっきりまとめたいときに綸子や縮緬の帯揚げがおすすめです。

3.帯揚げでこんなに変身!帯揚げを生かした帯結び集

すっきりとした着こなしには、基本の結び方をマスターすることがおすすめです。しかし、振袖に合わせた着こなしには、結び方をアレンジして「華やかな帯揚げ」を演出しましょう。

振袖は、成人式、つまり大人の中でも一番若いときに着始めることがもっとも多い和装です。ですから、若々しく、さらに可愛らしく見せるアレンジを取り入れたいものです。基本の結び方から、さまざまなアレンジができます。

 

・帯上部をしっかりと覆うように巻きます。帯揚げの柄も強調できるシンプルで若々しいラインができあがります。

・オーソドックスな締め方ですが、結び目を小さくします。衿とのコーディネートもおしゃれにみせることができ、アクセントになります。

・2種類の帯揚げを使います。ひとつは着物に挟み、もうひとつで帯と帯揚げの間を巻きます。対照的な色でも面白いかもしれません。すっきりとしたイメージになります。

・脇から中央に向かっている帯締めを左右対称にして、結んだ部分を帯の上に乗せるようにします。端部は帯と着物の間に挟みます。

・結び目をつくらずに中央から少しずらし、斜めに帯揚げが見えるようにすると、モダンなアレンジになります。グラデーションの帯揚げにはピッタリの仕上げ方です。

帯揚げの標準的な大きさは、160センチ×30センチですから、サイズが大きく感じることがあれば自分で作ることもできます。

サイズが大きいと、結び目から先に余った帯揚げが帯周辺でもたついてしまいます。こうしたときには、ご自分のサイズに合う小さくて使いやすい帯揚げに変えてみましょう。

まとめ

着付けが終わって鏡を見たとき、帯揚げの見えている部分は小さなアイテムでしょう。

それでも、可愛らしさ、シャープな大人のイメージ、オーソドックスな正装スタイルなど、さまざまな結び方で楽しめます。洋服でアクセサリーを付けると雰囲気が変わるように、帯揚げも和装の着こなしや振袖姿に魅力を加えるはずです。

特集

人気記事

  1. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  2. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  3. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  4. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
  5. 着物はその種類によって少しずつ造りが異なっています。訪問着などの街でも見かける着物と比べて袖が長く、…
PAGE TOP