まるで花魁?‼ゴージャスな振袖でカッコイイ成人式を迎えよう!

最近、成人式で花魁振袖が定着してきました。最初はとても奇抜な衣装として雑誌などで取り上げられ、一過性のものとして扱われていましたが、ここ数年は特定のポジションを得たようで、新しい成人式のスタイルとして認められつつあります。とは言っても、まだまだ発展途中の花魁振袖。知らない方も多いでしょう。花魁振袖の魅力について、ご紹介致します。

1.花魁とは

そもそも、花魁とは江戸幕府が公認・管理した吉原遊郭の高級遊女です。吉原遊郭には最盛時二千人以上の遊女がいましたが、花魁はその遊女の頂点で、数人しかいなかったといわれています。

花魁になるには、美貌はもとより教養も必要で、花魁候補の女性は、幼少期から書道、茶道をはじめ、箏や和歌、囲碁と幅広い知識を身に付けさせられていたようです。特に絢爛豪華なのは「花魁道中」と言う置屋から茶屋へ呼び出されて行くセレモニー。

映画やテレビドラマにも度々登場するシーンですね。再現された映像からも、花魁の華やかさが良く伝わってきます。

2.成人式を楽しもう!花魁風プチメイク術

「江戸の華」と言われた花魁。まずはメイクにこだわってみましょう。

江戸時代は現代と違い、照明は相当暗かったようです。薄明かりの中、美しい白い肌は何よりも妖しい魅力があります。そんな花魁をイメージできるように、ファンデーションは明るめのトーンにしましょう。

オークル系よりもピンク系の方が、より花魁らしく仕上がります。 白い肌に赤色ルージュ、そして眉は細くくっきりと書いて下さい。

アイラインはOKですが、アイシャドウは控えめにした方が顔が引き立ちます。

仕上げは「白粉(おしろい)」です。顔がテカラないように、白粉をはたきましょう。またメイク直しの際も、白粉は便利なアイテムです。ファンデーションをうっかり着物に付けると汚れがとれません。

その点、白粉は汚れがつきにくく安心して使えますから、お出かけの時にはバックに入れておきましょう。

花魁風メイクは、その派手なイメージよりはずっとシンプル!なものです。

3.花魁風♪ゴージャス振袖集

適度な肩出しがセクシー♡ボリュームたっぷりのヘッドドレスがエレガントです。

大きな百合と牡丹の花が鮮やかな振袖です。黒地に金の模様が豪華さを演出しています。帯揚げを黒にしてアダルトな雰囲気にしました。

眩しいほどの金の草花模様が、ひときわ目立ちます。赤と黒のコントラストも美しく、成人式でも輝く一枚になるでしょう。 半衿を真っ白にすることで、顔が明るくなり花魁風に仕上がります。

夜の蝶・・・花魁は、そう喩えられることもあります。大きな蝶と黒いカトレアは幻想的で花魁のはかなさを表現しているようです。 髪も明るい色で華やかにセットしてみると、美しさが倍増します。

青いバラと透き通る蝶。どちらもこの世には無いもの同士の組み合わせで、夜の闇に引き込まれそうな魅力があります。寒色系でまとめた時は、ルージュは綺麗な赤にしましょう。暗闇の中の赤は、吉原に咲いた花魁そのものです。

ピンクと白の華やかなバラ模様の振袖は、圧倒的な存在感があります。ヘアスタイルも思いっきり派手にしてみませんか?ヘアカラーをされている方なら、そのままで。黒髪の方は髪飾りを明るい色にしてみましょう。

白、黒そして青の三色というシンプルな色使いの振袖です。胸元が真っ白なので、スッキリとした印象になります。こんな時は、メイクに少しの赤を持ってきただけで見映えがしますから、ぜひルージュやチークを楽しんで下さい。

目元に赤をさすと驚きの効果がありますよ。

可愛く着れる!現代の派手カワ振袖

まとめ

着物を着る際に無視することができないのが、帯や帯揚げ、帯締めといった小物使いです。この小物にどんな品を持ってくるかで、振袖姿も大きく変わります。

花魁振袖は、柄が個性的で派手なタイプが多いため、この小物合わせも難易度高め。一番良いのは、着物のイメージと同じ小物を使うことです。今回ご紹介した花魁画像は、着物も小物もすべてSweetAgnelというブランドの品。

華やかさとモダンな感覚がマッチしていて、花魁好きの女子にも人気です。

着物や帯だけでなく、かんざしや髪飾りも豊富な種類があるので、自分のイメージでチョイスできますよ。興味がある方は、無料カタログを申し込みましょう。 一生に一度の成人式は、ぜひ妥協しないで自分らしさを求めて下さいね。きっと楽しい思い出になりますよ。

自分が1番かわいくなれる恋する振袖コレクション

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP