• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

振袖の前撮りだけやってくれる!写真館でキレイを残そう

20歳の記念にもなる成人式の写真は最高のショットを残したいものですね。何かと忙しい成人式当日の前に、ゆっくりと撮影できる前撮りは、クオリティの高い写真が残せると大人気。着慣れない振袖に慣れる意味でもおすすめです。

今回は、振袖の前撮りについて、ご説明してきます。

1.振袖の前撮りとは?前撮りのみでも大丈夫?

振袖の前撮りとは、振袖を着た記念写真を当日ではなく前もって撮影しておくことです。成人式当日は振袖を着ない方でも大丈夫。前撮りのみで予約できるお店もたくさんあります。

振袖の一蔵|前撮りのみで36,000円~!らくらくフォトプラン

成人本人にとっても、ご家族にとっても、二度とこない二十歳の振り袖姿を思う存分残すことができるよいチャンスです。

 

(1)振袖の前撮りのポーズ

振袖を当日と違うものにしてみたり、戸外でのロケーション撮影を実行したりと、様々な撮影バリエーションが楽しめます。時間に余裕があればヘアメイク・帯結びを変えて違った印象を楽しめるメリットもあります。

 

(2)振袖の前撮りは親と一緒もオススメ!

hurisode_seijinshiki_kazoku

振袖を購入する人も、レンタルする人も、まずはお気に入りの振袖を見つけよう♪

可愛すぎる!人気モデルのイチオシ振袖コレクションはこちら!

お気に入りの振袖がきっと見つかります!モデル満載の振袖カタログを取り寄せよう♪

前撮りで親子で撮影した振袖写真を年賀状にプリントしたら、親族に喜んでもらえた!というお嬢様もたくさんいらっしゃいます。遠くに住むおばあちゃん、おじいちゃんにも、親子の前撮り写真を送ると喜んでもらえますよね。

(3)振袖の前撮りは時間に余裕が出て準備がバッチリ

私立の大学まであるいは中間一貫校の場合、新成人を集めてのパーティが企画されるところがよくあります。また、成人式の夜はたいてい同窓会を兼ねて、仲間内で集まるものです。午前中の自治体の式典の後もプランがいっぱいで、当日スタジオで撮影する時間はなかなか取れないことが多いものです。

そのため、家族写真を撮る為に、全員がそろう日に前撮りしたかったという声も多いようです。家族で写真を撮る機会ってなかなかないので、是非この機会にいかがですか?振袖の一蔵|前撮りのみで36,000円~!らくらくフォトプラン

 

(4)振袖の前撮りの値段は東京でも大阪でも3万円~5万円ほど

振袖の前撮りの値段は、最安値で2万円ぐらいです。ただし、振袖を持ち込みで着付けもついていないプランです。そのため、振袖をレンタルして着付けとヘアメイクをそてもらって写真を1~2枚欲しい方は3万5千円ぐらいが最安値になります。

 

振袖の前撮りの値段については、こちらの記事(振袖の前撮料金はポーズ数で違う!ポーズ数から見る振袖前撮り事情)も是非参考にしてください。

kimono_maedori_select

振袖の前撮りを写真館でする場合は、セットプランの方が写真一枚当たりの値段は安くつきます。たくさん撮られると、ついつい他のポーズの写真も欲しくなっちゃいますが、写真館はプランについていない写真は一枚3,000~5,000円ほどで販売しています。

(5)振袖の前撮りのヘアメイクは?

前撮り撮影の前に写真館や振袖店のスタッフさんがヘアメイクをしてくれます。イメージ通りのヘアイクにしてもらいたいなら、予約前に「〇〇みたいなメイクはできますか?」「つけまはできますか?」など積極的に質問すれば後悔のないメイクになりますよ。例えば、ラプンツェルみたいなヘアにしたいんだけど!という場合。美容室でない写真館の場合は断られる場合もあるそうです。

2.前撮りだけやってくれる写真館やスタジオはどうやって探す?

shutterstock_89926255

インターネットで「振袖 前撮り」などのキーワードで検索したり、人気の振袖店をリサーチするのがおすすめです。振袖の前撮りサービスはほとんどの写真館や振袖店でやっていますが、オススメは自社スタジオがあるところ。移動が面倒じゃなくてお便利ですよ。

進学や就職で実家から遠く離れていて、前撮りだけは自分が今暮らしている場所で撮っておきたい、という場合にも使える方法です。 また、旅行のついでに振袖着付けサービスを利用する、という方もいるようです。例えば、京都旅行の際に上賀茂神社で振袖姿を撮影する、というパターンもあるようです。旅のよい思い出にも残りますね。

3.前撮り予約はいつまでがベストなの?

前撮り撮影は、夏が終わって涼しくなった成人式前年の秋に予約が集中します。確かに気候もよくなり、撮影にはベストシーズンですが、料金的には割高になり予約もとりにくくなります。早めに予約するか、時期を外して春に行うのも一案です。ロケーション撮影を桜の時期に設定すれば、桜の下で振袖姿を撮影することができますよ。

 

4.【番外編】前撮りがあるなら、後撮りもあります!

前撮り同様に、後撮りのメリットも「費用が格安」「ゆったりと撮影できる」は共通です。他にも、事情があって成人式には出られなかったけれど記念写真を残しておきたい場合によい方法です。成人式当日に、他の同級生たちの振袖や着付け、メイクやヘアスタイルの中で、自分もやってみたいスタイルがあったら後撮りの時にトライしてみましょう!後撮りのタイミングにリミットはありませんから、いつでも撮影できますよ。

まとめ

近頃はすっかり成人式の定番イベントの一つとなった感のある「前撮り」。確かにヘアメイク代、着付け代が2回分かかりますが、時間をゆったりと確保できて、カメラマンも納得のいく写真が撮れます。きっと撮影される新成人含め、ご家族の方も驚くようなクオリティの写真が撮れるでしょう。もし迷っていらっしゃるならぜひ予約されることをおすすめします。きっと後悔なさらないと思いますよ。

 
一蔵公式 今月のSpecialEvent