ベースメイクがカギ!振袖メイクをマスターしよう

振袖のときのメイクってどのくらい毎日のメイクと変えなければいけないのか?と気になりませんか。普段と違う和服姿に似合うメイクは、着物の着こなしにとても大切です。ここで、振袖に合わせたメイクをご紹介します!

1、ベースはナチュラルにが今の主流

hurisode_makeup_resize-2

毎日のライフワークでは、ご自分の肌に合わせたメイクやそれぞれのシーンに合わせたメイクを活用されていると思います。振袖着用時はどんなメイクをしたらいいのか、普段のメイクとどのくらい違うのか、気になりますよね。

ポイントは「ベースをナチュラルに仕上げる」メイクです。すっぴんメイクのようなナチュラル感では着物のお色や柄に負けてしまうことがあります。逆に、パール感が強いものや普段より少し明るい色というのも浮いてしまう可能性もあるのです。

振袖を着用するときのメイクの選び方で一番大切なのは、“いつも使っている肌になじむもの”を使用すること。ムダ毛などのお手入れ、マッサージやパックなどをしておくと、肌の状態を安定させ整えておくことができます。

2、アイメイクはやりすぎない

hurisode_eyemake_black

 

振袖のお色や柄のバランスを考えると、地味過ぎない明るめの印象で仕上げたいのは、目元や目じりのアイメイクです。パール感の使い方は着物の柄とのバランスを考えて、多くしないようにすることがお勧めです。

hurisode_hairstyle_darkbrown

切れ長の目元をつくるようにメイクでアレンジしましょう。といっても、全体が濃すぎたり濃い目のアクセントを使いすぎてしまうことを避けるのも着物に合わせるコツです。アイシャドウの色は着物の生地の色に合わせたり、ビューラーでしっかり仕上げて、マスカラを多めにつけるのもかわいらしさを中心にしたメイクに仕上がります。

3、細眉NG.和服には、ふんわり眉で

hurisode_irojiro_up

毎日着る洋装の場合は、細くてシャープに魅せる細い眉は、控えることがお勧めです。振袖を着用する際には、柔らかい雰囲気の出るナチュラルな仕上げが、どんな着物にも合わせることができるといわれています。

シャープに見える眉もさまざまな着物の柄を考えると、インパクトが薄くなってしまう場合があります。そのため、意識してふんわりとした柔らかい眉をつくるようにしましょう。

ある程度の色の着物に合わせることのできるのは、ブラウン系やグレー系などですが、髪の色に合わせて柔らかい雰囲気をイメージし描くのがお勧めです。

hurisode_makeup_mayu_20161231_result

4、チークは振袖の色に合わせる

hurisode_hairmake_cheek

振袖を着用するときに、普段のメイクのままチークを使用してしまうと、頬が赤く見えてしまい着物よりも顔のパーツとして浮いてしまうことがあります。

hurisode_makeup_cheek_20161231_result

チークは輪郭がわからないぐらいに薄く、柔らかいイメージに仕上がるぐらいに軽く使用しましょう。肌の色に合わせてピンク系かオレンジ系かを選ぶこともできますが、着物の色にも合わせるのもポイントです。

5、赤ORピンク?リップで仕上げ

hurisode_hairstyle_lip

どちらかというと茶系のリップは色味が落ち着いて見せる効果があるため、顔の表情が暗く見えることもあります。

振袖着用時に、和服ならではのメイクを目指すなら“赤系”、健康的なイメージのリップを描くにはピンク系やコーラルピンクが合うかもしれません。グロスのツヤをポイントにしたり、マット感のある仕上げにしたりするのが、振袖の柄とのバランスが良くお勧めです。

 

2015_10_26_0452_20161231_result

まとめ

hurisode_hairmake_dougu

ナチュラルメイクを毎日のメイクに使用される方も増えました。とはいえ、振袖などの和装を着用しているときは、着物のお色や柄とのバランスを合わせてメイクの色を考えるのは大切です。きらきら感を抑えた清楚な印象のメイクにしたり、個性的な表情のカラフルでポップなイメージのメイクにしたり、着物ならではのメイクがアレンジできます。でも、80%はベースメイクで決まるともいえますので、下準備をしっかりして、振袖の着用と一緒に振袖メイクで優雅な一日を楽しみましょう。

特集

人気記事

  1. 袖姿を披露するとなれば、もちろん髪型だってぬかりなく1番似合うスタイルを選びたいもの。けれど、「わた…
  2. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  3. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  4. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  5. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
PAGE TOP