振袖何色にする?【水色】の振袖コーディネイト【10の画像付き】

振袖を選ぶ時、最初に考えるのは色の系統ではないかと思います。赤系、ピンク系、ブルー系など、洋服と同じように振袖にもたくさんの色があります。その中から水色のコーディネートをご紹介したいと思います。

1.柄別

①古典柄

hurisode_koten_botan_lightblue

着物の柄には吉兆を表すおめでたい古典柄という文様があります。こちらの着物にも吉祥文様がたくさん埋め込まれています。白も効果的に挿し込まれているので、全体的に淡い水色の着物になっており、優しい雰囲気を醸し出しています。古典柄をモダンにアレンジしたクラシカルで上品な着振袖です。

hurisode_koten_ougi_lightblue

大きな扇が非常に印象的な振袖です。アイスブルーの分量が多いので、扇の絵柄がとても華やかに映り、インパクトのある美しい一枚になっています。このような着物は、合わせる帯にもこだわりたいもの。扇に負けないくらい大きな文様が入った帯で、華やかさを一層プラスします。

②レトロ柄

hurisode_retro_kiku_lightblue

おめでたい亀甲紋を大胆に使った美しい振袖です。牡丹や菊などの艶やかな花々の花筏文がクラシカルな印象。胸から肩にかけて広く白を配置し、水色との美しいコントラストを作っています。一つ一つの文様が大きくはっきりしているところに、レトロな印象を受けます。

2.イメージ別

青にもいろいろありますが、水色は爽やかで若々しく、若い女性にぴったりの色です。紺ではシックになりすぎることがありますが、明るい水色なら可愛い感じに着こなすこともできます。また、着物によってはとてもモダンで個性的な装いにもなるのが水色の特徴。同じ水色でも絵柄によって全く異なる印象になるのも水色の振袖を選ぶ楽しさの一つです。

①可愛く

hurisode_kawaii_botan_lightblue2

袖にブルーをたっぷり使って水色系をアピールした振袖です。赤い大輪の牡丹が印象的に配されていてとても豪華です。袖と裾にピンクも使って、水色×ピンクの2色使いがとても美しくモダンな印象です。

hurisode_kawaii_botan-kiku-temari_lightblue4-1

牡丹や菊、桜など、振袖に描かれる代表的な花々が今を盛りと咲き乱れる美しい振袖です。圧倒されるような花々の存在感から若々しいイメージがたっぷりと伝わる一枚。裾や袖にはっきりした色合いのピンクを使い、水色×ピンクのコントラストを作っています。赤い牡丹がアクセントとなって全体を引き締めています。

hurisode_kawaii_matu-kiku_lightblue

松をはじめとする吉祥文様がふんだんに描かれた赤系の絵柄の部分と、胸元の明るい水色のコントラストが美しい振袖です。振袖らしい美しさが魅力的な一枚といえるでしょう。

hurisode_kawaii_botan_lightblue

水色をたっぷりと身にまといたいなら、こんな振袖はいかが?よく見ると、ところどころにハートの絵柄が入っているのがとてもキュート。可愛い洋服を着ているような感覚で装うことができる一枚です。若々しさをアピールしたい人に。

②個性的に

hurisode_kosei_kiku-sakura_lightblue

ターコイズブルーに近い水色がとても美しい振袖です。個性的な色合いは、赤やピンクが主流の振袖の中でひときわ目立つこと間違いなし。赤を中心としたクラシカルな絵柄がぴりっと全体の雰囲気を引き締めて、華やかさを出しています。他の人とは違う大人っぽい振袖が着たい人におすすめです。

hurisode_kosei_kiku-tubaki_lightblue

とても大きな菱形文様がインパクトのある振袖です。文様自体は古典的なデザインですが、大胆な配置と色使いでとてもモダンな印象になっています。一つ一つの花模様もとても大きく非常にカラフルで、着こなしがいのある一枚。普段から個性的なファッッションが好きで、振袖も自分らしいものを着たいという人に。

hurisode_kosei_kosumosu-botan_lightblue

裾と袖に入った濃紺が甘めのデザインを引き締めています。都会派の女性におすすめの一枚です。
水色をバックに可愛らしい大小の花々が描かれ、とても神秘的な振袖になっています。

まとめ

赤やピンクの振袖を選ぶ人が多い中で、他の人とは違う着物にしたいけれど可愛らしさも出したい、ちょっと個性派の装いにしたいという人には、水色の振袖がおすすめです。柄や色味によって印象がかなり違ってくるので、よく見比べてお気に入りの一枚を見つけてください。

特集

人気記事

  1. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  2. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  3. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  4. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
  5. 着物はその種類によって少しずつ造りが異なっています。訪問着などの街でも見かける着物と比べて袖が長く、…
PAGE TOP