あなたも振袖小物を上手に使ってオシャレ度アップ。3種類の小物とは?

振袖姿をもっとおしゃれにするためにこだわりたいのが、小物選びです。そこでここでは、特にバッグ、草履、帯締めについて、おしゃれで遊び心あるものをご紹介します。ぜひ、コーデの参考にしてくださいね。

1、バッグ

①定番といえば、コレ『エナメルバッグ』

hurisode_zouri_bag_red

振袖のときに持つバッグの定番のひとつ、エナメルバッグ。つややかな見た目や質感には、振袖にも負けない華があって魅力的です。汚れがつきにくく、ついても拭き取りやすいという実用的なメリットがあるのもうれしいところですね。 古典柄やレトロ柄には、振袖同様華やかな柄のものを合わせるのがおすすめ。振袖と近い雰囲気の柄や、振袖に使われている色と同じもしくは同系統の色を使ったものを選ぶとしっくりまとまりやすいですよ。振袖、帯、バッグと柄物に柄物を合わせるコーデは和装ならではの楽しみですので、いろいろ考えてみてくださいね。 モダン柄やグラマラス系、クール系の振袖には、無地もしくは幾何学模様などのバッグをあわせるとすっきりまとまります。全体の差し色になるような華やかな色を選んでも面白いですね。洋装感覚で、あなたらしいコーデを楽しんでください。

②リーズナブルで袴にも合う『巾着』

kimono_komono_kinchaku2

ころんと可愛い巾着も、振袖に合わせると可愛い小物のひとつ。 巾着のおすすめポイントは、振袖だけでなく袴などの和装にも似合うということ。成人式で着た振袖を卒業式では袴と合わせて着まわしたい、という人には特におすすめです。 巾着の多くは、やや小ぶりの大きさです。中に入れるものは厳選して、小さなお財布、スマートフォン、ハンカチ、口紅などのちょっとしたコスメ程度にとどめておくのがおすすめ。大きな荷物がある場合は、サブバッグなどを活用する必要があるでしょう。

③和柄がステキ『帯地バッグ』

hurisode_bag_chirimen

かわいい帯地を使ったバッグも、振袖との相性がいいバッグ。 かわいい帯地バッグの魅力は、その柄。和柄を使っているため、振袖の柄ともしっくり馴染みます。特に古典柄やレトロ柄の振袖との相性がいいので、古典的な、あるいはレトロな雰囲気でコーデしたい人はぜひチェックしておくことをおすすめします。 コーデの基本は、エナメルバッグ同様振袖の色柄と近いものを選ぶこと。ちょっと遊びたい場合は、たとえば帯締めや帯揚げなどの色と合わせて選んでもいいですよ。

2、草履

①上品な足元に『鼻緒に刺繍』

hurisode_zouri_shishyuu

足元を上品にしたいなら、鼻緒に刺繍が入った草履がおすすめ。上品なレース刺繍なら、モダンな柄やグラマラス系の振袖にも似合います。 また、小花などの刺繍が入った草履なら、古典柄やレトロ柄にぴったり。振袖ににあう刺繍のものを探してコーデしてみてくださいね。

②ぽっこりがカワイイ『厚底』

hurisode_zouri_atsuzoko

シルエットの可愛さで選ぶなら、ぽっこり厚底の草履がおすすめ。 厚底の草履はこのほか、背を高く見せ、全体のバランスを整えるという効果もあります。特に小柄な人、振袖姿全体をシャープに見せたい人にもおすすめです。 厚底の草履を選ぶコツは、つま先とかかとの底の厚さの差に注目。なるべく差が少ないものを選ぶと、足も疲れにくいですよ。 また、慣れるまではやや歩きにくさを感じるかもしれません。そんなときは、ゆっくりと狭い歩幅で歩くよう気をつけてみてください。振袖を着る日当日は時間に余裕を持ったスケジュールを組むようにしておくといいですよ。

③古典柄やレトロ系に『ベルベット』

hurisode_zouri_velvet

ふっくらあたたかそうな質感のベルベット。鼻緒にベルベットを使った草履は、古典柄やレトロ柄におすすめです。 無地はもちろん、画像のような古典柄を使ったベルベットの鼻緒も素敵ですね。振袖の色・柄に合わせて選んでみてください。

3、帯締め

①キラキラきれい『ラインストーンつき』

hurisode_obijime_linestone

帯を締めるときに欠かせない小物のひとつ、帯締め。大きさ自体は小さなものですが、体の正面から見えるものなので、全体の印象を左右することもある大切な小物です。 華やかさをアップさせるなら、ラインストーンつきの帯締めが定番。花の形にラインストーンがあしらわれた帯締めなら、存在感もたっぷりです。 デザインによっては、シンプル&クールにラインストーンをあしらった帯締めもありますよ。振袖のテイストに合わせて選んでみてください。

②上品に目立つ『パールつき』

hurisode_obijime_pearl

上品さをプラスしたいなら、パールつきの帯締めがおすすめ。パールの可憐で上品な輝きが、振袖姿に華を添えます。 パールは、その大きさによって印象が変わります。ゴージャスな雰囲気を出したいなら大き目の、可憐な雰囲気をアピールしたいなら小さめのものを選ぶといいでしょう。

③和風にポイントを『飾り玉つき』

hurisode_obijime_wahuu

紐を結んだ飾り玉を使った帯締めは、振袖姿にしっくり馴染む和の魅力たっぷりのアイテム。ぽっこりした雰囲気は、特に古典柄やレトロ柄の振袖によく似合います。

まとめ

振袖姿をもっと魅力的に可愛くするバッグや草履、帯締めをご紹介しました。 どんな可愛い振袖でも、選ぶ小物がそのイメージに合わないとおしゃれに見えません。振袖を引き立てる素材や柄、色の小物を上手に選んで、振袖姿をもっとおしゃれに楽しんでくださいね。

特集

人気記事

  1. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  2. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  3. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  4. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
  5. 着物はその種類によって少しずつ造りが異なっています。訪問着などの街でも見かける着物と比べて袖が長く、…
PAGE TOP