たくさんあって迷っちゃう♡振袖カタログ2017【イメージ別】

成人式や卒業式など、新年は振袖を着たい場がいっぱい! そこで今回は、2017年の新作振袖を、テーマごとにいくつか紹介します。カワイイ系からグラマラス、正統派まで、あなたの好みに合った振袖を探してみてください。

1、やっぱりピンクが好き『カワイイ系振袖』

hurisode_kawaii_kiku_hananomarumon_yuri_momiji_pink

カワイイ系が好きな人なら、絶対チェックしたいのがピンク系の振袖。淡いピンク系の生地に同系色の花模様を散らしたこちらの振袖は、甘くキュートな雰囲気が魅力的。帯締めや伊達衿などの小物で爽やかさを添えて、すっきり着こなしてください。

hurisode_koten_tibaki-kiku_pink2

大人カワイイイメージも、ピンクにおまかせ! 少し濃い目のピンクに落ち着いた色の花を散らした振袖は、大人っぽいしっとりした可愛さたっぷりです。

hurisode_you_tsubaki_pink

ふっくらした牡丹が艶っぽい振袖。大ぶりの牡丹に濃い目の色を合わせたデザインも、ピンクがメインの色だと可愛さ漂う1枚になります。

hurisode_koten_humei_pink

濃い目のピンクが華やかな振袖。カラフルな花や松、梅などの吉祥柄の模様が賑やかで素敵です。

hurisode_yougara_botan_pink

白地にピンクの花柄が初々しく優しい印象の振袖。帯まわりのコーデや半襟が明るい印象を添えています。合わせる小物の色によって、いろんな表情を楽しめそうですね。

hurisode_kawaii_botan_pink

濃い目のピンクに牡丹と蝶柄をあしらった1枚。可憐な大人っぽさを演出したい方におすすめの振袖です。

2、黒でかっこよく『クール系振袖』

hurisode_yougara_botan_black

クールに決めたいなら、黒を効果的に使った振袖がおすすめ。この振袖は、モノトーンに紫という大人っぽい配色が魅力的です。黒い半衿はクールな印象を引き立て、さらにお肌の白さも目立たせてくれるうれしい効果つき。

hurisode_retro_botan_black

黒地につややかな大輪の紅白椿をあしらった振袖。ぱっと目を引く華やかさが特徴です。帯には白など明るい色を使うと、全体の印象が軽く、上品になりますよ。

hurisode_temari_botan_black

黒地にピンクや黄色などの淡い色の花を散りばめた振袖。黒を使っているのに、とても初々しい印象になっています。

hurisode_simple_kiku_black

黒と金の組み合わせは大人っぽさと同時に華やかさ、色っぽさも感じさせます。帯まわりのコーデや半衿、伊達襟もすべて同系色でまとめてシックな雰囲気に。圧倒的な存在感が魅力的です。

hurisode_koseiteki_tsuru_black

波を表す曲線と、その上を飛んでいく鶴の群れが大人っぽい上品な振袖です。クールで落ち着いた雰囲気で振袖を着こなしたい方におすすめです。

3、迷ったらコレ『古典系振袖』

hurisode_koten_kiku_botan_yellow

黄色と赤の組み合わせに、人の目を引きつける華やかさが漂う古典柄の振袖。昔から愛されてきた柄の振袖には、第一礼装にふさわしい品格が漂います。どれがいいか迷ったら、まず古典柄をチェックしてみることをおすすめします。

hurisode_koten_kiku-matsu_take_orange

上品な古典柄の振袖。元気でキュートな雰囲気になりがちなオレンジや黄色系の振袖も、古典柄ならしっとりとした大人っぽさを漂わせることができます。

hurisode_koten_botan_kiku_take_green

モスグリーンの古典柄の振袖。シックで落ち着いた雰囲気が魅力的です。あえてボーイッシュな雰囲気の人にしっとりと着こなすことをおすすめしたい1枚。

hurisode_koten_kiku-tubaki-momij_blue

知的な印象の紺に赤やオレンジなどの華やかな花柄を使って愛らしく。オーソドックスな色とデザインなので、どれにしようか迷ったときに一度試していただきたい振袖です。

hurisode_koten_humei_blue2

明るめの紺が鮮やかな振袖。白ベースの花が縦方向に流れるようにあしらわれているので、着痩せ効果もありそうですね。大人っぽい、すらりとした雰囲気の人におすすめです。

4、豪華に目立とう『グラマラス系振袖』

 

hurisode_glomorous_chouchou_yellow

グラマラス系が好きな人ならチェックしておきたいのが、「黒+黄色+大きな柄」の組み合わせ。黄色地に大きな百合や蝶があしらわれた振袖はインパクトたっぷりです。

hurisode_glomorous_tsubaki_yuri_yellow

黄色地に百合や牡丹の大きな花をあしらった振袖です。花に使われているゴールドに、ワンランク上のゴージャスさが漂います。

hurisode_glomorous_kikyou_blue

清楚な印象になりがちな白も、合わせる色と柄によってはこんなにグラマラスに。身頃と両袖の大きな花に視線が集中することうけあいです。

hurisode_glomorous_botan_white

定番の白と赤の組み合わせも、柄を大きくしてゴールドを足すとゴージャス&グラマラスな振袖になります。右身頃が黒地になっているところがセクシーですね。

hurisode_glomorus_humei_black

金色の洋風な柄がゴージャスな振袖は、ドレスのような洋風の雰囲気が魅力的。個性的あふれる華やかなオーラで周囲を魅了する1枚です。

5、白&赤の正統派がやっぱり一番『正統派系振袖』

hurisode_koten_kaioke_kiku_botan_red

はっきりした赤に白を中心としたカラフルな花柄が可愛い振袖。白&赤の組み合わせの振袖は王道の1枚。華やかさと初々しさを兼ね備えているため、振袖を選ぶときには1枚は試してみることをおすすめします。

hurisode_red

赤に白の花柄の組み合わせも、花に使う色の数を少なくするとちょっと大人っぽい雰囲気に。万人受けを狙えるオーソドックスさが魅力の振袖です。

hurisode_koten_tubaki-kiku__red-1

赤と白にくわえて黒をたっぷりつかった、ぐっと大人っぽい雰囲気の振袖です。可憐な色の花玉が初々しい雰囲気を添えていますね。

hurisode_kawaii_kiku_white

白&ピンクを中心にしたデザインの中に、差し色的に赤い花があしらわれています。可憐で爽やかな印象の振袖ですね。

hurisode_koten_kumotori_white

白地に赤やピンク、オレンジなどの花が華やかな振袖。裾の流水模様や袖の青海波模様に使われている黒が大人っぽい雰囲気を添えていて素敵です。

まとめ

2017年の振袖をイメージ別にざっとご紹介しました。 振袖を選ぶときは、着たい振袖のイメージをまず決めて、それに沿って探していくことをおすすめします。たくさんありすぎて迷うときには、まずはオーソドックスなものを見て、それから「もう少し可愛い感じ」「もう少し大人っぽい感じ」と見ていくのもいいですよ。 お気に入りの1枚が見つかりますように!

特集

人気記事

  1. 袖姿を披露するとなれば、もちろん髪型だってぬかりなく1番似合うスタイルを選びたいもの。けれど、「わた…
  2. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  3. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  4. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  5. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
PAGE TOP