振袖は買った方がお得かも!?レンタルと購入のメリット・デメリット

成人式の準備はお済みですか?どのくらい前に、振袖セットを購入されましたか。どのような振袖や帯をレンタルされたでしょうか。着る直前になって足りないものがあると、あわててしまうことがあるかもしれません。買ったほうが得か良いかレンタルしたほうが良いか、振袖を着用されるまでに、もう一度確認してみましょう。

1.成人式で振袖を着る場合どんなものに費用がかかる?

hurisode_zouri_komono_resize-4

成人式の日には里帰りをして、家族や友人たちに久しぶりに会うという人は少なくないでしょう。振袖を着用しておしゃれな気分でゆっくりとコミュニケーションの時間を過ごしたいですよね。そのためには、ご家族も楽しみにしている大切なお写真などは、成人式よりも前に撮影しておくことがお勧めです。

hurisode_obi_up10

成人式で振袖を着用する場合にかかる費用には、以下のようなものがあります。 ・振袖一式(購入費かレンタル費用) ・振袖を着用した前撮りのお写真 ・前撮りと成人式の日両日の着付け ・成人式の日のヘアメイクや当日の写真撮影 振袖を購入する場合は、着付けや前撮りのお写真などがパックになっていることが多いもの。しかし、購入した呉服店や専門店と会場や着用場所が離れていることもあるようです。多くの場合、着付けやヘアメイクを紹介してもらえるので、事前に確認し、費用が含まれているか尋ねておきましょう。

2.振袖を購入したらいくらかかる?

hurisode_rental_komono

成人式に向けて振袖一式を購入すると、約30万~60万円が相場で、総絞りなどは100万円以上することもあります。この価格には、振袖一式・前撮りのお写真・成人式の日のヘアメイクや当日の写真撮影・両日の着付けがプランとして含まれる場合も多いでしょう。 お気に入りの振袖や小物一式、イメージしているヘアメイクなど、準備はお済でしょうか。できるだけ早く準備を整えておくほうが、当日のゆとりにもつながるかもしれません。

3.振袖を購入した場合のメリット・デメリット

振袖は好きですか。機会があれば、着物を着たいと思いますか。成人式、友人の結婚式など、2~3回着用すると、レンタルよりも安く購入がお得だったということも多くあります。 成人式で着用後のクリーニング費が、振袖購入に含まれていることもあります。きれいに保管できるなら、お子様が成人式を迎えるときに着用することもできますので、特別な思いを込めることができ、購入のメリットになるでしょう。 購入する場合に気がかりなのは、レンタルと比較してしまうと、購入は高く感じるということでしょう。また、ご自宅での保管場所やご自宅・専門店でのクリーニングやしみ抜きがスムーズに行えるかという点を不安に思われるかたもいるでしょう。こうした点は、デメリットになりかねません。 着用機会はどのくらいあるか、保管のスペースが確保できるか、お振袖を購入した店舗や着用後のアフターケアを簡単に行えるかなどは、購入を決めるためのポイントになります。

4.振袖をレンタルしたらいくらかかる?

着物は好きだけど、購入しても成人式の後着用する計画がない、購入するほどではないなどと思う場合は、レンタルすることを優先して考えるかもしれません。 振袖一式をレンタルする場合、約15万~25万円が平均的な予算となります。振袖の素材や柄、デザインをあまり選ばないのであれば、すべてを含めたプランでも、約7万~15万円で揃えることも可能です。

5.振袖をレンタルした場合のメリット・デメリット

fotolia_91229375_subscription_monthly_m

着用の機会があまりないと思えるときや、クリーニングや保管が不安だと思われる場合は、レンタルがお勧めです。成人式のみ着用の場合は、購入よりも安く、着たいときにクリーニングの心配をせずに着用できるのはメリットと言えます。 レンタルの場合、何人かの方がすでに着用した振袖になることも多く、汚れている場合もあります。新作などの場合は、気にいったとしてもそれを借りられるとは限りませんし、一式レンタルすると費用が高くなることもあります。 身長や体型によっては、気に入ったものを選べないということもあり得ます。こうした点はデメリットになってしまうかもしれません。

6.成人式以外にも着るかどうかを考える

hurisode_retro_ume_green

成人式や卒業式、友人の結婚式などに数回着用し、ご自分のお見合いや結納などにも着用するならば、着用後にクリーニングなどのメンテナンスを行ったとしても、購入したほうが安価になります。 たとえばクリーニング1回で、5,000~1万円程度かかったとしても、3~4回着ることがあると思うなら、購入するほうがお得で、しかも、お気に入りの着物をずっと手元に置いておくことができます。

7.振袖は購入・レンタルする時期はいつがオススメ?

成人式の場合は、1年以上前から振袖の購入準備を進めたり、レンタルを予約したりすることもあります。振袖の新作を希望される場合は、前撮りシーズンとして8~9か月前の4月の連休から5月が、お勧めの時期と言えます。 もう少し後になると、8月~9月は申し込みが多くなるため、混雑も予想される時期です。費用を抑えることもできるので、少し早めに準備されることがお勧めです。

まとめ

成人式は生涯に一度しかない、大人へのステップの晴れの日です。購入する振袖はずっと手元に残りますし、早めにレンタルするならゆとりをもってお写真に残すことができます。 お気に入りの振袖で当日を楽しむための準備を早めにすすめましょう。

特集

人気記事

  1. 袖姿を披露するとなれば、もちろん髪型だってぬかりなく1番似合うスタイルを選びたいもの。けれど、「わた…
  2. 成人式の振袖姿は、本人だけでなくご両親や周囲の人にとっても貴重な想い出になります。振袖に合わせた素敵…
  3. おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これ…
  4. 久しぶりに会う友人もいれば、いつも身近に一緒にいられる親しい友達もいます。成人式で振袖をおしゃれに着…
  5. 和装には眼鏡は似合わないと思い込んでいる方が多いかもしれません。でも、実は着物姿を眼鏡で引き立て、個…
PAGE TOP