袴に合わせやすい振袖は?色合わせがカギ

今や女子の卒業式には欠かせない衣装となったのが「袴」です。もともと女子袴は、明治・大正時代の女学生の制服で、普段着は無紋、卒業式等の式典には一つ紋を入れた無地の着物をコーディネイトしていたと言われていますが、現代は卒業式といった改まった時に着るだけになってしまいましたね。もしかしたら、一生に一度しか着る事の無い「袴」なら、自分らしく着てみたいものです。袴に合わせやすい振袖、ポイントは色です。色合わせのカギをお知らせしましょう!

1、【基本】袴と同系色でスッキリと

洋装にも通じる色合わせです。同じ系統の色で着物と袴を合わせますが、着物と袴がそっくり同じ色にしてしまうと全体が重くなってしまいますから、着物と袴で色の濃淡を変えましょう。 着物を淡い色、袴を着物と同じ系統の濃い色にするのが一般的。スッキリとまとまります。

①同系色とは?

色の相関図で隣同士の色を示します。 例えば、赤ならピンクとオレンジまでが同系色。黄色ならオレンジと黄緑、青は水色と紺色、紺色は青と紫、赤紫は紫とピンク。何と言っても調和がとれています。

②人気の色合わせ『ピンク系』『黒系』

hakama

ピンクの着物なら赤系の袴を使って更に華やかにするか、赤紫袴で格式高いイメージにするか、迷うところです。ただし、どちらも同系色ですから、違和感なくまとまりますね。 赤はパワー、紫は高貴なイメージがありますから、自分の好きな色で決めてもOKです。 黒系の場合は、同系色というのは難しいですね。黒色と白色は色相関図にありません。 ですから黒の同系色というと、グレーの濃淡になります。この場合は、思い切ったハッキリした柄物がお勧めです。そして小物に金色を使うと全体を高級感あふれる印象にできるでしょう。

2、【メリハリ】補色で合わせてクッキリと

hurisode_hakama_turkoizu

和装独特の色使いに「補色」があります。洋服では難しい色合わせですが、着物の場合は使う面積が広いので、意外とこの補色が効果的。 意外な組み合わせと思うかも知れませんが、着物では定番なのです。

①補色とは?

そもそも「補色」とは何だかご存知ですか?ここでも色の相関図が出てきます。 相関図で隣同士が同系色なら、反対側にある色同士が「補色」なのです。具体的には、赤の補色は青緑(緑の強い青)、黄色の補色は青紫、青の補色はオレンジ色となります。 補色は色相差がお互いに遠いもの同士のため、お互いの色を際立たせる相乗効果があり、メリハリが効いて目立つのです。ただし、失敗もありますから、使う場合はしっかり色合わせをしてみましょう。

②黄色x緑、赤x黒、緑xエンジ

黄色の同系色は黄緑ですから、黄色と緑は比較的合いやすい色。ビタミン色とも言われる元気イメージの黄色とリラックス効果のある緑は、まとまり感があります。メリハリを付けるには、小物にこだわっては如何ですか?黄色の補色の紫又は緑の補色の赤を袴下やバッグに使うとインパクトが出ますよ。 黒は色の相関図に無い色ですが、赤との相性はピッタリ。これは洋装にも使える組み合わせです。ポイントは「黒」。黒は正装にも使われる重要な色ですが、色あせたような中途半端な黒は、安っぽい印象になります。 出来るだけ漆黒とも言えるような綺麗な黒を選びましょう。 エンジの袴は、女学生の定番でした。今もその名残りがあり、人気の袴色です。赤は同系色になりますから、メリハリを付けるなら、比較的補色に近い緑がお勧め。その際は、色のトーンを合わせて、暗い印象にならないようにして下さい。

3、【ハイセンスに】色のトーンを合わせる

hurisode_hakama_enji

同系色や補色といった、色合わせのお話をしましたが、これらは基本的に色のトーンを合わせてのことです。トーンが合わないと、折角の色合わせも台無しになる可能性もあります。基本中の基本、トーンについて少し説明しましょう。

①トーンとは?

hurisode_hakama

色相・彩度・明度のことです。同じ色でも、明るさや鮮やかさ、濃度で雰囲気はまったく違うものになりますね。言葉で「紫と黄色」といっても、そのトーンが違うと、印象は変わってしまうので注意しましょう。

②人気のトーン合わせ例

クリスマスのイメージは・・・赤と緑です。これはビビッドトーンと言われる鮮やかな赤と緑。同じトーンです。このように、補色の組み合わせの時は、同じトーンを使った方が無難なのでお勧めと言えます。 同系色の場合は、同じ色もしくは近い色で、パステルトーンやライトトーンといった薄い色と、ストロングトーン、ディープトーンといった濃い色の組み合わせが人気があり、失敗も少ないと言えるでしょう。

まとめ

人生の節目の卒業式は、大事なセレモニーの一つです。新しい出発の意味も兼ねていますから、是非晴れやかな装いで臨むことをお勧めします。 成人式の振袖を利用しても良いですし、紋付の色無地も素敵、小振袖も袴ならではで活動的です。 ただし、卒業の時期は袴の需要がピークとなります。ポイントは、早めに着物を決めること。そして、それに合う袴を選びましょう。それが成功のカギです。

特集

人気記事

  1. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  2. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  3. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  4. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
  5. 着物はその種類によって少しずつ造りが異なっています。訪問着などの街でも見かける着物と比べて袖が長く、…
PAGE TOP