やっぱり成人式には振袖を着たい人が多い話。

一生に一度の成人式。成人されたご本人はもちろん、ご両親はじめ周囲の人たちにとっても特別な一日です。出席するときの服装は振袖にするか?迷う人も多いようです。成人式にふさわしい装いについて考えてみました。

1、振袖以外だと、スーツ着用も可

hurisode_seijinshiki_suits

成人式に出席する新成人女性のイメージといえば、やはり振袖姿が浮かびます。

とはいえ、成人式は、20歳を迎えた若者が大人になった自覚を持ち、改めて自分の進路を考え、今日まで育ててくれた両親に感謝する大切な一日。そして進路が分かれたかつての友人同士が顔を合わせて旧交を温め合う場でもあります。決して華美な衣装を競う場所ではありません。

大勢の振袖の中で、スタイリッシュにスーツを着こなした姿は、まわりには自分の意見を持った凛とした女性として映るものです。見る人に数年後社会で活躍しているキャリアウーマンのあなたを想像させることでしょう。

成人式の装いでなにより大切なことは、成人式の場に集まり自分たちを祝ってくれる人たちに敬意を表せる装いであることなのです。

選ぶ衣装が振袖であってもスーツであっても、今の自分に似合っていて、式典への敬意が表現できる服装であればよいのです。

2、振袖レンタルは全体の4割以上!

hurisode_seijinshiki_hurisode

やはり、一度は振袖を着てみたい新成人、あるいは振袖姿の娘を見たいという新成人の親御さんは多いでしょう。とはいえよいものを選べば車一台分の費用は軽くかかってしまう振袖は、大きな買い物です。

成人式は、ほかにも学費などの費用が掛かる時期とも重なります。予算の都合上、新しい振袖を誂えることは難しいと考えるご家庭は少なくありません。

統計によれば、振袖を着て成人式に出席した新成人のうち、振袖レンタルの利用者は全体の4割以上に上るそうです。成人式で着た後にはもう着るあてのない振り袖に費用はかけたくないけれど、それでも一度は着てみたいという気持ちがあるなら、振袖レンタルはとても賢明な選択です。

3、親や親せきに借りる場合も

hurisode_seijinshiki_kazoku

昔、お母様やおば様が着た振袖を借りるのもよい方法です。家族が着た振袖を次の世代が受け継ぎ、成人式の場で袖を通すことは、素敵な家族の伝統です。

また、昔の着物は、現代のものよりも生地が上質であったり、難しい技術が使われていたり、と凝った質の高い着物が多いものです。現代の振袖の中で、とても目立つ存在になれるでしょう。また、式が終わった後に出来上がった写真を、以前の持ち主が来た写真と見比べてみることも楽しいでしょう。

とはいえ、せっかくの受け継いだ振袖とはいえ、好みに合わない場合もあります。

その場合は、「大切な振袖を私の代で汚したくないから」と理由をつけて前撮りの時に着用し、当日の成人式には、自分の好みの振袖をレンタルして着るようにするのはどうでしょうか。

家族の気持ちを大切にしながら、自分が着たいと思う振袖を成人式では着用することができますよ。

4、一生に1回の式典。家族のためにも後悔のないように♪

fotolia_67470018_subscription_monthly_m

振袖にかかる費用を親に負担させたくない、着物を着たことが無いから着崩れやトイレなどが心配、などの理由から振袖を着ることに乗り気でない新成人女性は少なからずいるようです。

どうしても気が進まないのに無理に振袖を選ぶことはありませんが、成人式や結婚式に出席するときでもなければ、今後振袖に手を通す機会はほとんどないことも事実です。

そして、成人式で振袖に袖すことは、自分の国の民族衣装、しかも正装を身にまとうよい経験になりますよ。

意外と知られていないことですが、「冠婚葬祭」の「冠」にあたるのが成人式。

人生の大きな節目の一つをとなる成人式の一日を、祝ってくれる周りの大人たちにも、ずっと親しんできた友人たちにも、最高に輝く晴れ姿を見てもらいたいですね。

まとめ

このように、必ずしも多額の費用をかけなくても十二分に華やかな成人式の装いの支度は可能です。

誰からも祝福される新成人としてのあなたの晴れ姿、そして輝く笑顔。

その姿を見ることを一番楽しみにしているご両親はじめ家族に、成人としての晴れ姿を見せること。それこそが一番大切なことなのです。

特集

人気記事

  1. 成人式や卒業式などは、さりげなく気になる女子の振袖姿をチェックしてしまう。そんな男子も少なくありませ…
  2. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  3. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  4. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  5. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
PAGE TOP