• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

成人式の着物レンタルの相場は〇〇で違う!賢く振袖を選ぶヒント

新成人の女性は成人式用の衣装として着物の「振袖」をレンタルする方が多いです。事実、成人式に振袖を着ていく女性の約55%以上がレンタルで借りています。

振袖のレンタル料金についてネット検索すると、「4万円~35万円」だとか「5~25万円」だとか幅広い価格帯が書かれています。しかし、実際に4万円で振袖をレンタルしようとしたら「ママ振袖」といって持込み振袖のプランだったり、1月以外のレンタル価格だったりと実際とは違う場合が多々あります。

当サイトでは「振袖の相場を知りたい人は、実際の振袖店の振袖の値段も知りたいはず」と考え、実際の振袖店の公式ページに書かれている振袖レンタル料金(1月以外の利用、キャンペーン価格は除く)をたくさん調べてみました。

この記事を読めば、女の子が着物をレンタルする時のお金のお悩みはだいたい解決します!ムダなお金が使わず、賢く振袖を選びましょう!

※価格はすべて20191112日現在の税抜価格で記載しています※

1.成人式で振袖レンタルをする時の相場

①ネット通販の振袖レンタル相場

Webサイトから気軽に予約でき、支払いはクレジットカードや振込でできるネット通販の振袖レンタル。筆者も娘の七五三の際に利用しましたが、自宅に届くのがとにかくメリットだと思いました。

いま、成人式で利用できるネット通販はたくさんありますね。Webサイトの広告では驚くような値段(フルセット19,800円~)が書かれていますが、実際のところはどうなのでしょうか。それでは早速、ご紹介いたします。

店名 振袖レンタル最安値 1月利用 最多価格帯
きものレンタルwargo フルセット・着付込み

3泊4日

19,900円~

79,800円~

199,800円

199,800円
和楽庵 フルセット

5泊6日

19,800円~

28,800円~

200,300円

33,300円
ジョイフル恵利

着物レンタル館

21点セット

4泊5日

9、800円~

19,800円~

110,000円

45,800円~

59,800円

京都着物 夢館 フルセットレンタル

4泊5日

23,200円~

10,800円~

156,600円

64,800円
晴れ着の丸昌

振袖ネットレンタル

フルセットレンタル

4泊5日

26,400円

46,200円~

107,800円

61,600円

振袖レンタル最安値、という部分には、Webサイト上で書かれている表記をそのまま記載しました。最低9,800円~と破格に安いですよね。

しかし、実際に1月に振袖レンタルを利用する場合は、ネット通販であっても最安値は33,300円程度であるようです。

【ネット通販の振袖レンタルのメリット】

振袖レンタルをネット通販で利用するメリットとしては、①お店に行かなくていい(勧誘を受けない)②価格がとても安い、という2点です。実店舗で振袖を契約する時の1/5~10/1以上の低価格で振袖をレンタルできます。

【ネット通販の振袖レンタルのデメリット】

ズバリ、着付け・ヘアメイク・前撮りがついていないことが最大のネックです。ヘアメイク・写真撮影はじぶんでやるとしても、振袖の着付けは経験者でないと難しいのではないでしょうか。

また、ネット通販の場合は安さが一番の売りなので、実店舗のような来店特典や成約特典がついていないので少しサミシイ感じがします。

また、振袖の素材はポリエステルの場合は多く、品質にこだわる方には不向きとなっています。

②写真館・フォトスタジオの振袖レンタル相場

「成人式への参加はしたくない。写真だけ撮影したい!」という方が増えているようですね。気持ちはわかります。前撮り撮影だけをしたい方が利用するのは、写真館やフォトスタジオです。

写真館でも振袖レンタルは可能なのですが、①写真館のスタジオ内のみで着る「撮影のみ」パターンと②写真館の外でも着ていい「おでかけ」パターンの2種類があります。

  • ①撮影のみパターンの場合は、通常、着付けとヘアメイクと撮影料金が含まれての料金です。
  • ②おでかけパターンでは写真館での着付けとヘアメイクと撮影料金と2泊3日などの振袖お持ち帰り料金が含まれています。いずれも、アルバムやカレンダーなどの商品を購入する際は別途代金が必要です。
店名 振袖レンタル最安値 1月利用 最多価格帯
ふりそでアリス 振袖レンタルのみ

レンタル期間記載なし

49,800円~

【振袖レンタルのみ】

49,800円~99,800円

【前撮りアルバム付き】

97,600円~147,600円

99,800円
写真館ピノキオ フルセットレンタル

2泊3日

69,300円~

69,300円~191,500円 14~15万円
スタジオキャラット 振袖レンタルはなく

その場で撮影のみ

着付けヘアセット代込み1着

5,000円

(2020/1/9まで)

台紙アルバム

A4サイズ

5,900円(税別)~

10,000円~20,000円

(成人式での振袖出席はなし)

ホテル椿山荘

東京写真室

・振袖レンタルは別料金

・着付けヘアセットは別料金

1ポーズ

15,000円~

スタジオ写真3ポーズ+

庭園スナップ9カット

専用デザインアルバム1冊

撮影データ付き

【平日】80,000円~

【土日祝】

90,000円~

10万円前後

(成人式での振袖出席はなし)

らかんスタジオ 写真撮影のみとおでかけプランがあり

【撮影のみ】

撮影料1,852円+商品代

【おでかけ】

18,519円~

 

90,741円~275,926円 10万円前後

【写真館・フォトスタジオの振袖レンタルのメリット】

写真の技術や品質においての安心感があります。背景や小物も充実していて、カメラマンも写真撮影に慣れているので、安心して成人式の記念撮影ができることでしょう。また、写真撮影だけの場合は「撮影料なし・着付けヘアメイク無料」という太っ腹なキャンペーンをしている場合もあります。

大手チェーンの写真館はショッピングセンターの中などにあるため、アクセスも便利です。高価な振袖を勧誘されるかも、、?!と販売員がニガテな方でも利用しやすいのではないでしょうか。

【写真館・フォトスタジオの振袖レンタルのデメリット】

振袖レンタルをする際は割と高くつくのが写真館です。例えば、他の振袖店ではプラス料金がなく借りられる振袖でも、写真館の場合は特別料金として2万円が上乗せされてしまった、というケースもあります。アルバム代などの商品価格や焼き増し代が高いのもネックになりそうです。

ホテルなどの高級写真館では、振袖のレンタル代や着付け・ヘアメイク代は別料金に設定されています。振袖レンタル・着付け・ヘアメイク込みで考えれば、通常の振袖店の方が総額は安く抑えられます。

写真館の場合は仕立て上がりの振袖がメインですので、新品振袖やセミオーダーなどを着たい方は振袖店をおすすめします。

③実店舗のある振袖店・呉服屋さんの振袖レンタル相場

店舗のある振袖店の良さは、なんといっても「試着」ができること。スマホやPCの画像だけではわからない、実際の振袖の雰囲気がわかります。(ネット通販でも「下見」ができるプランはありますが、別途料金がかかります。)

また、振袖選ぶを着物に詳しい専門のプロに相談しながら探せるのも実店舗の良さですね。サイズ直しや着物の持ち込みなど、細かいオーダーがある方は実店舗での振袖探しをおすすめします。

 

店名 振袖レンタル最安値 1月利用 最多価格帯
京都さがの館 仕立て上がりフルセット

※着付け・ヘアメイク・前撮りは別

最長1年レンタル

78,000円~

98,000円~

325,000円

220,000円
ふりそでMODE フルセット着付けヘアメイク前撮りフォトアルバム13ポーズ込み

レンタル~成人式3日後まで

79,800円~

(首都圏99,800円~)

79,800円~298,000円 20~25万円
一蔵 フルセット着付けヘアメイク前撮り撮影6点込み

レンタル期間1か月以上

88,000円~

88,000円~298,000円 168,000円
ジョイフル恵利 フルセット着付けヘアメイク前撮り撮影込み

前撮り撮影~成人式当日まで

39,800円~

 

39,800円(中古仕立て上がり)~220,000円(新品オーダーレンタル) 120,000円~150,000円
オンディーヌ フルセット着付けヘアメイク前撮り撮影6点込み

レンタル期間1か月以上

50,000円~

50,000円~248,000円 168,000円
京都きもの友禅 フルセット着付けヘアメイク前撮り撮影込み

成人式当日最長4か月以上

39,800円~

40,000円~320,000円 260,000円

【実店舗のある振袖店・呉服屋さんの振袖レンタルのメリット】

成人式の前にお店で帯や半襟などと合わせたコーディネートを試せるので、自分のイメージに近い振袖を着て参加できます。また、実店舗の場合はWebから来店予約をして来店すると、リップやクオカードなどのノベルティがもらえることもあります。

ほとんどの店舗では、成人式当日の着付け・ヘアメイク・前撮り撮影料金が含まれているので、総額がわかりやすいのが特徴です。

【実店舗のある振袖店・呉服屋さんの振袖レンタルのデメリット】

店舗で予算以上の振袖をすすめられた経験がある方もいるようです。あらかじめ店舗での相場を知りつつ、「予算は〇〇万円までです」と最初に伝えることで不要なトラブルは避けられます。

また、振袖店には魅力的な振袖ディスプレイがたくさん展示されています。そのため、つい自分で決めた予算外の振袖を着たくなってしまう方も中にはいるようです。

2.結婚式で振袖レンタルをする時の相場

成人式以外では結婚式で振袖を着る方が多いようです。結婚式での振袖には2パターンがあり、①自分が花嫁として着る場合、②結婚式に参列する場合があります。今回は②のお呼ばれ結婚式の場合を想定して調べてみました。

 

店名 店の種別 振袖レンタル最安値 最多価格帯
hataori

ハタオリ

ネット通販 19,800円~ 19,800円
和楽庵 ネット通販 17,000円~ 19,800円
きもの365 ネット通販 9,800円~ 34,800円
RENCA ネット通販 7,800円~ 19,800円
着物レンタルあき 呉服店 49,500円~ 88,000円

 

※着付け+ヘアメイクつき

【結婚式の振袖レンタルのメリット】

結婚式の参列に振袖を着れば、親族の場合は一気に格が上がることでしょう。また、友人としての参列の場合も、ワンピースやスーツよりも個性を演出することが可能です。

結婚式用で振袖をレンタルする場合、成人式の時と違って料金は控えめです。(1月利用以外の場合)

成人式で購入した振袖がある場合は、色やデザインが控えめであれば、結婚式の参列用にそのまま着用することも可能です。

【結婚式の振袖レンタルのデメリット】

結婚式ではご祝儀や会費を支払うため、振袖レンタルでの支払いをすれば、費用がかさむことでしょう。そのため、ネット通販や手持ちの振袖などを上手に使い、できるだけ節約したいところです。

3.ママ振などで振袖帯だけをレンタルする時の相場

「ママ振」とは自分のお母さんや親戚などから振袖を借りることを言います。多くの振袖店では「ママ振プラン」を実施中ですが、ママ振プランの場合はご自身で振袖を持ち込み、前撮り写真を撮るのが平均的です。

ママ振プランの内容は以下の通りです。

  • 持ち込み振袖のチェック(汚れやシミがないか、サイズは合っているか)
  • バッグや帯などの小物レンタル
  • 前撮り写真撮影
  • 前撮り写真のための着付け・ヘアメイク
  • 成人式当日の着付け・ヘアメイク

注意点として、ママ振プランによっては成人式当日の着付け・ヘアメイクが別料金の場合があります。また、持ち込み振袖に汚れがあった場合はクリーニングすることになり、かえって高額になることがあります。

以下は、ママ振プラン実施中の店でママ振りプランの内容・料金と「帯だけをレンタルした場合の料金」を記載しました。ママ振りプランによっては「意外にあまり安くないかも、、?これなら普通の振袖レンタルの方がよいのでは」という印象もあります。

店名 ママ振りプラン内容 帯だけレンタル料金
オンディーヌ 前撮り3ポーズ(着付け・ヘアメイク付き)で38,000円 10,000円~
TAKAZEN 前撮り3ポーズ(着付け・ヘアメイク付き)で33,500円 (傘ね衿+帯締め+帯あげ)=9,800円~
アイドル byやまと レンタル小物、新品和装セット、前撮り(着付け・ヘアメイク)1ポーズで49,000

※当日の着付け・ヘアメイク付きで79,000円

要問合せ

4.成人式と卒業式の袴レンタルの合計額の相場

最後に、成人式だけではなく卒業式の袴もあわせてレンタルする場合の合計額について調べてみましたよ。成人式に参加される方の中には、短大や大学などの卒業式に参加される予定があり、袴もレンタルしますよね。

店名 振袖レンタル最安値 振袖+卒業式袴の合計額
ラブリス 38,800円~ 198,000円以上の振袖購入で18,900円相当の卒業式用袴・袴下が無料レンタル
オンディーヌ 50,000円~ 198,000円以上の振袖購入で18,900円相当の卒業式用袴・袴下が無料レンタル
京都着物 夢館 フルセットレンタル

4泊5日

23,200円~

 

振袖23,200円+卒業式用振袖+袴46,100円=69,300円
ぷりずむ館 フルセットレンタル

39,800円~

振袖39,800円+卒業式振袖+袴=55,000円=94,800円

卒業式の袴の場合、上に着用する振袖と袴をレンタルすることになります。ネットでは19,800円~と記載がありますが、実際の相場としてはだいたい6万円前後です。

実店舗で成人式の振袖と卒業式の袴をあわせて予約すれば、合計額で最低でも10~20万円ほど、ネット通販の場合は最安値が7~8万円です。(デザインは限られる)

5.振袖レンタルの時期とお金はいつにするべき?

振袖レンタルの相場をいろいろ調べてみました。ネット通販でとにかく安いものを選びたい場合は、成人式前年の秋ごろには最も人気の高い価格帯の振袖(5~6万円ほど)は既に完売となっていました。そのため、少なくとも夏までには予約すべきでしょう。また、着付けがご自身やご家族でできない場合は別途着付けの予約も必要です。

ネット通販の場合、予約した時点でのクレジットカード払いか商品到着前に銀行振込をするところが多いです。そのため、信頼できるお店を選ぶように心がけたいところです。

また、実店舗の場合は①店舗下見②試着③商品受け渡し+前撮り、と最低でも2回以上の来店が必要です。成人式当日の着付け・ヘアメイクで人気のある午前中の時間帯は早くから締め切ってしまうため、最低でも成人式の1年前にはレンタル店へと下見をした方がよいでしょう。

実店舗の場合、支払い方法はネット通販よりもバラエティ豊かです。1万円ほどの手付金を支払い残額を後日支払う方法、振袖をローンで支払う方法、クレジットカードの分割払いなどがあります。

まとめ

振袖・着物レンタルの相場についていろいろ調べたことをお話いたしました。ネット通販かそうでないのか、などでかなり振袖レンタルの相場が違うことがわかりますたね。

この記事を参考に、納得できる振袖選ぶができれば幸いです!