振袖のネイルカラーは振袖色に合わせる|振袖色別ネイル色診断

おしゃれな着こなしには、3色のコーディネートがよいというファッションのおすすめルールがあります。これは、振袖とネイルの組み合わせでおしゃれな着こなしをしたいときにも当てはまるかもしれません。さまざまな色で仕立てられている振袖の人気の色に合わせたおすすめのネイルカラーや人気のデザインなどを紹介します。

1.赤い振袖に合うネイル

振袖の人気色として上位の「赤い振袖」。毎年、成人式に着用される振袖姿でも、一番多く目にする色といっても過言ではありません。 「赤い振袖」には、振袖の絵柄に含まれる色を利用した、シンプルでおしゃれなネイルデザインが人気です。

花の「白(アイボリーなども可)」や「黄」、草木の「緑」、空や清流の「水色」などをあしらったモダン柄や古典柄をネイルにすることができます。

3色以内を意識してコーディネートしたいとき、どの色にしたいか迷ったら「モノトーン」をベースにすることもおすすめです。ネイルカラーにも「黒」「白」「グレー」などを持ってくると、シンプルでおしゃれな演出になります。

2.ピンクの振袖に合うネイル

可愛い印象の「ピンクの振袖」には、淡い色で統一されたネイルカラーが人気です。「ピンクの振袖」に描かれる桜や辻が花など、季節をイメージさせるデザインなどがあります。

ベージュやベビーピンクなどのベースカラーに、花柄のシールやストライプ、ラインストーンなどでまとめたデザインも魅力的です。

3.黄色の振袖に合うネイル

赤やピンクが振袖の色として人気がありますが、「黄色の振袖」も鮮やかで評価が高い注目の色です。眩いほどの絵柄の中からピンクやベージュをチョイスして、ゴールドやラインストーンをアクセントにしたネイルが、振袖をぐっと引き立てます。

4.オレンジの振袖に合うネイル

「レンタルでなかなか見つけられない」「明るい色の中で選ぶなら着てみたい」といわれる「オレンジの振袖」。アクセントとして控えめに使われることの多いオレンジも、振袖になるとメインカラーとして華やかにコーディネートしやすいのです。緑やシルバー、黒や紺などの帯や小物を合わせるように、ネイルにも緑やシルバーなどを合わせてみるのが一押し!です。

5.黒い振袖に合うネイル

モダンなイメージで大人色の「黒い振袖」は、赤やピンクの振袖に次いで人気急上昇中です。そんな「黒い振袖」には、モダンなネイルデザインが似合います。

振袖とのコーディネートも考えて、「黒」「白」「朱色」などで市松模様にしたり、ストライプやボーダーにしたりするのがおしゃれ。着物の絵柄から3色ほど選び、モダンなデザインでコーディネートしてみましょう。

6.青い振袖に合うネイル

親子や家族で受け継いだり、成人式の後にもできる限り長く着用したい……。こんな願いをかなえてくれるのが、シックな「青い(紺の)振袖」でしょう。大きな牡丹や袖や裾に大きく広がる花鳥風月の絵柄が、青や紺を引き立てます。

鮮やかな青であっても、シックな紺や濃い青であっても、ネイルデザインは華やかなほうがおすすめです。おしゃれな指先を目指して、振袖の花の色などを使った淡い色のベースカラーに、ラインストーンなどをあしらってみませんか。

7.緑の振袖に合うネイル

人気色のひとつである「緑の振袖」は、濃淡さまざまな色味があり、振袖の絵柄をよく引き立ててくれます。「水色」や「オレンジ」、「藤色」などの明るい色も似合う色です。

シックで落ち着いた雰囲気のある「緑色の振袖」には、アクセントとなるネイルカラーが合うでしょう。幅広い年代の方に合わせやすい「緑色の振袖」ですから、ネイルカラーも幅広く使える色がおすすめです。

8.紫の振袖に合うネイル

藤色のような淡い色もあれば、濃く深みのある大人色もある「紫の振袖」。シックで落ち着いた雰囲気は、親子二代、三代で着用できる振袖ともいわれます。紫の着物にゴールドなどのアクセントが合うように、ネイルカラーもラメの効いた色やラインストーンでコーディネートするのがおすすめです。

まとめ

振袖に合わせるネイルは振袖の色柄に合わせてコーディネートすることが、おしゃれな着こなしを目指すポイントになります。草履や着物バック、帯締めや半衿などの色を選ぶときのように、振袖の色や柄の色からネイルの色をチョイスしてみましょう。

特集

人気記事

  1. 今年の成人式も、昨年同様に初雪が降ったり、天気が大荒れしたりして、せっかくの晴れ姿が気になった方もい…
  2. 振袖は、成人式当日の着用だけでなく、数か月前に行う「前撮り」の撮影も楽しみですね。最近では、「ロケプ…
  3. 振袖を片付けるときに困るのが、たたみ方。洋服と同じようにたたんだらいいのか、それとも振袖用のたたみ方…
  4. 振袖姿で長い距離を移動するとき、便利なのはやはり電車移動。タクシー代が節約できるうえに混雑知らずとい…
  5. 振袖に袖を通すとなると、予約した着付け場所へ振袖と着付けに必要な品々を持参しないといけません。高価な…
PAGE TOP