【自分のものになるから】振袖はレンタルじゃなくて購入が実はオトク!

来年または再来年は成人式だから、振袖を着たい!と思う女子は多いハズ。なぜなら、振袖は未婚女性の第一礼装に位置する着物。結婚したら、なかなか着られないものだからです。

しかし、「成人式にしか着ないから振袖はレンタルでいい」こんな考えでお金を払うなら、もう少しよく検討してみましょう。なぜなら、コスパで言うと、実は振袖レンタルは振袖の購入より高くつく買い物だからです。

1.レンタルだから安いというのは誤解かも


1-1.自分のものにならないのに10万円以上

レンタルというと、とにかく「安い!」というイメージが振袖に限らずあると思います。車のレンタルは平均で5,000円前後、安ければ2,000円台から利用が可能です。他に私たちがよく使うレンタルと言うと、アフィリエイトをしている方ならレンタルサーバーで月額500~1,000円前後から、映画を見るならレンタルDVDは新作で一泊300円程度です。

非常に気軽な値段なのでレンタルするのもわかるのですが、振袖のレンタルの料金についてはこれらと価格帯が全く異なります。振袖のレンタルの相場は4泊5日のネットレンタルで最安値がなんと3万円です。これに前撮りや着付けのサービスがつき、振袖の柄や技法・格が上位の場合、レンタル料金8万円~20万円までと料金の幅がグっと広がります。

1-2.本当に1回しか着ない?振袖は卒業式や結婚式でも着られる

「1回しか着ないから振袖はレンタルでいい」と言う場合、1回あたりのレンタル料金が最安値であれば確かにそうかもしれません。1回しか着ない振袖で支払った料金が3万円なのであれば、生涯で振袖に支払うお金は3万円のみになります。

しかし、その3万円という料金には前撮り写真や着付け料金は含まれていません。結局、成人式の振袖写真を撮りたい人、そして自分で着付けができないほとんどの女性は追加料金を支払うことになり、総額では10万円近く払うことになるのです。

また、振袖は20歳の成人式の時に着るものとされていますが学生であれば卒業式に着ることも可能です。また、友人や親戚の結婚式に着ていくこともできます。

1-3.元々振袖にはレンタルはなかった理由とは

車やDVDのレンタルと違い、元々振袖業界にはレンタルはありませんでした。娘さんがいる家庭のたしなみとして、当たり前に新品の振袖を買うために親は小さな頃から準備をしたものです。そして、1度買った振袖は娘の娘、つまり孫の代まで受け継がれました。

受け継ぐ習慣がなくなったため、振袖業界ではお手軽な振袖レンタルが普及したのです。しかし、最近ではまた「ママ振り」という言葉もあるように、振袖を「受け継ぐ」文化が見直されています。

2.安い=レンタルにすると後悔するかも?!


2-1.レンタルと購入で振袖の質は違う場合も

3万円と30万円の振袖では、当たり前ですが見た目が全く異なります。また、振袖を着る本人にとっても本物の振袖は着る時に心地よい緊張感があることでしょう。振袖の値段が高い場合、その振袖の柄や技法や素材などを細かくみていきましょう。なぜその価格なのか納得できるヒントがあるはずです。

海外では、娘の親が子供の小さいころからジュエリーを贈る習慣があります。「子供が小さいときにこそ本物を」という言葉もあるように、生活で使うすべてのものチープ一辺倒にすれば、その中で育つ子供の価値観もそのように育ちます。振袖はある意味、着ることができる芸術です。そして、一度買えば何世代にも引き継ぐことができるのです。

2-2.そのレンタルに丸洗いや卒業式袴などの特典はある?

振袖店はレンタルよりも購入客の方に特典を多くつける傾向にあります。振袖を含む着物業界では、1度きりしか着ない一見さんよりも今後何度も着物を着るお客様を大切にします。

振袖レンタルでつく特典は、前撮りや成人式当日の着付けまで。振袖を購入する場合は、これに卒業式の袴無料、ご家族の着物の着付けが10年無料、振袖を訪問着に仕立てる料金が無料、など太っ腹な特典がたくさんついてきます。

まとめ

値段だけであまり好きではない振袖レンタルにするくらいなら、本当に自分が好きな振袖を購入して満足した方が結局はオトクです。ファストファッションが流行っていますが、振袖はむしろその対極にあるスローなファッションです。しかし、振袖にはファストファッションにはない豪華さ、優美さや心のトキメキを与えてくれる色あせない魅力があります♪

-振袖をお探しなら-

一生に一度の記念日に花を添える「振袖」

振袖をお探しならば、是非、お近くの『一蔵』へ。あなたにピッタリの振袖が見つかるかもしれません。