ママ振りの女子必見!振袖の帯だけレンタルってできるの?

振袖は色合わせが重要です。洋服のようにカッティングされず平面的な衣服のため、色合わせや小物、ヘアメイクで印象が左右されます。

特に、帯と着物の色合いはとても大切です。振袖自体が個性的な柄でも、帯次第で引き締まった印象にももっていけます。今回の記事では、お母さんの振袖を着る女子のための帯について特集します。

1.お母さんの振袖で帯だけ変えたい女子急増中!

ママ振りってご存知ですか?お母さんの振袖を成人式で着る事、またはお母さんの振袖を成人式で着られるようにリメイクする事を指します。着物屋さんから発信されたこの言葉は、今や数ある振袖サイトで特集されるほど認知度が高まっています。

ママ振りにする理由は、振袖のレンタル料金を節約できる、振袖を探す時間を他の時間に活用できる、などがあります。しかし、一番の理由は「お母さんが喜ぶ顔が見たいから」らしいですよ♡

しかし、「お母さんの振袖はいいけど帯のニオイが取れない!」、「振袖はお下がりだから、せめて帯は買いたい」などの理由で帯だけをレンタルしたいという声。振袖レンタルはよく聞かれますが、振袖の帯だけレンタルは果たしてできるのでしょうか?

 

2.帯だけレンタルはできるの?

①ネット通販の場合

結論から申し上げると、小物単品レンタルができるネット通販もあります!だいたい5千円~1万円以内ぐらいのようで、最多価格帯は8,000円です。検索すると、振袖ではなく訪問着の帯も一緒に表示されることもあるので気を付けてくださいね。

注意点は、羽毛ショールが2,500円~、帯揚げが3,500円~などと「~」という記載のため、正確なレンタル料は事前にメールフォームや電話から問い合わせる必要があります。

ネットの表示は随時更新されず、過去の情報が出ている場合もあります。問い合わせた結果、在庫がないなんてことも残念ながらあるのです。帯だけレンタルの前には、送料はかかるのかレンタル期間返送時にクリーニング不要かという点も確認します。

②店舗のある振袖店の場合

店舗のある振袖店は2タイプあります。1つ目は、店舗数が50店舗以上とたくさんあり、Webページはその紹介であるという店舗主体型。2つ目は、基本的にはWebページでのレンタル販売がメインで、1~2店舗という少数の店舗を持つWeb主体型です。

Web主体型の場合、帯だけレンタルも可能で約1~2万円が相場です。帯だけでなく振袖も借りる場合は割引がある振袖店もあります。ネット通販と同じく、Webページからレンタル申込み~帯の送付までができるので遠方の方には便利ですよね。

店舗主体型の場合、帯の在庫は店によって違います。例えば、北海道店では帯だけレンタルはできても、大阪店では現在は一時的に取り扱っていないというように。お母さんの振袖にぴったりの帯だけをレンタルしたい場合、少し手間はかかりますが、店舗に問い合わせてみましょう。また、成人式当日に後悔しないよう、お母さんの振袖を持参して振袖店からアドバイスをもらうことも忘れないようにしましょう。

 

③写真館の場合

最近では、写真館でも振袖のレンタルからヘアセットまでお任せプランがありますよね。写真館ではママ振りという言葉ではなく、持ち込みプランという言葉がよく使用されています。

残念ながら、帯だけをレンタルはできず振袖を持ち込みして写真を撮った方に帯も貸しますよ、というスタンスの店が大半です。写真館での道込みプランの相場は6万円前後とフルレンタルよりも3~4万円やすくなります。

3.帯だけレンタルする場合の相場は?

前述した相場をまとめると、ネット通販で8千円、振袖店(店舗主体型、Web主体型)で1~2万円が相場となります。

2万円あれば、楽天市場などのネット通販の最も安いものであればレンタルでなく購入も可能です。しかし、帯は振袖全体の印象も左右するため、できるだけ実物をみて決定することをオススメします。

まとめ

お母さんの振袖を着る場合、帯だけをレンタルすることは可能です。レンタル料は1~2万円します。2回以上振袖を着る予定があれば、もう少しお金を出して購入してしまうのも一つの方法です。

-振袖をお探しなら-

一生に一度の記念日に花を添える「振袖」

振袖をお探しならば、是非、お近くの『一蔵』へ。あなたにピッタリの振袖が見つかるかもしれません。