振袖何色にする?【ピンク】の振袖コーディネイト画像

振袖姿の王道カラーといえば、なんといっても「赤」や「ピンク」。特にあなたが選んだ「ピンク」は、若い女性に文句なしにぴったり似合う色。華やかでかわいらしい振り袖姿を約束してくれること請け合いです。

1.柄別

①古典柄

振袖の色としては最もオーソドックスなピンクには、「松に宝尽くし文様」「御所車文様」といった、伝統的な古典柄が最も似合います。上品でかわいらしいイメージのピンクが纏うハッピームードに釣り合う、思い切り華やかでおめでたい柄を選ぶのがおすすめです。ピンクの振袖ならではの正統派の振袖コーディネートを楽しみたいですね。
また、甘口でガーリーなイメージの強いピンクには、花模様もまたよくマッチします。「染分け四季花文様」「雲取り+四季花文様」など愛らしいピンクと花柄を組み合わせた振袖は、友人たちのあいだで「かわいい」といわれること請け合いです。

hurisode_koten_tsubaki_pink

hurisode_koten_humei_pink

hurisode_koten_tibaki-kiku_pink2

②洋風柄

ピンクは花柄やリボン柄といった、洋服のプリントに使われるような「洋風柄」ともぴったり合います。かわいらしい現代的な色使いとデザインの柄で周囲と差をつけましょう。
振袖の地色がピンクであるだけで、充分かわいらしいイメージは伝わるもの。さらにかわいらしい柄やガーリーな小物を選んだり、子どもっぽさのあるへアメイクにすることで、くどさや下品さを感じさせるコーディネートになってしまうことも。振袖の柄ゆきを控えめにしたり小物やヘアメイクをシンプルにまとめると洗練されたコーディネートになりますよ。

hurisode_yougara_bara_pink

hurisode_yougara_botan_pink

2.イメージ別

①可愛く

オーソドックスなピンクの地色を選んだからこそ、他の部分では思い切り自分の個性を生かすことができます。伝統的な古典柄とは真逆のモダンな柄ゆきを選んだり、帯揚げなどの小物で冒険することも楽しいもの。思い切り華やかな髪型をしても、ピンク色のかわいらしさが全体の印象を和らげてくれます。とことんかわいいコーディネートに仕上げたいなら、体形に関係なく、濃いピンクより薄いピンクを選んだ方がガーリーで女の子らしい振り袖姿になります。ただし、似合うピンクの色調は、肌の色がイエローベースかブルーベースかでも変わります。振袖を選ぶ前に、自分はどちらの肌色の持ち主なのか確認しておくとよいですね。

hurisode_kawaii_botan_pink

hurisode_kawaii_botan_pink-1

②グラマラスに

グラマラスな印象のコーディネートにしたいなら、ピンクの色調が重要なキーポイントになります。例えば、サーモンピンクのような微妙な色調の振袖を選ぶと、どこか色香のある大人の女性の雰囲気が演出できますし、青みの強いローズピンクを選べばモダンなかっこいい振袖姿になるものです。このように振袖のベースとなる色味を変えるだけで、ぐっとグラマラスであでやかな印象を演出できます。普段から着ているお気に入りのグラマラスコーディネートを振袖姿にも反映させたいなら、バラや蝶などの大きめで華やかな柄で、ラメ入りのデザインを選ぶとよいでしょう。モダンな色使いと構図が凝らされた振袖が様々にそろう現在では、自由な発想で振袖をコーディネートしてみたいですね。

hurisode_glamorous_rose_pink

 

まとめ

振袖の色にピンクを選ぶ人が多いだけあって、デザインやサイズが多くそろうのもピンク振袖のうれしいところです。また、ピンクを着た女性には「幸福感」「かわいらしさ」が漂うもの。おめでたい席での女性の振袖姿は集まった人々にもそのムードが伝わって場を一層和やかなものにしてくれるでしょう。
振袖の色選びには、もちろん好きな色似合う色を第一に選ぶのが一番ですが、このように、選んだ色の持つ効果を知っておくことをおすすめします。身体全体が覆われる振袖こそ、色の効果を知り選ぶことが大切です。自分に一番ぴったり合う振袖を見つけるためにこの記事が参考になれば幸いです。

特集

人気記事

  1. 成人式や卒業式などは、さりげなく気になる女子の振袖姿をチェックしてしまう。そんな男子も少なくありませ…
  2. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  3. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  4. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  5. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
PAGE TOP