振袖購入の特典が豪華すぎ!前撮り無料や卒業式の袴サービスまで

成人式や卒業式で着る振袖、購入かレンタルか迷うところです。

「どうせ何回も着ないから」「振袖は片づけや洗濯が大変」等でレンタルを選ぶ方も多いですが、最近は購入の際の特典が大変充実しているお店が増えてきました。

その驚きのサービス、ご紹介いたします。お得感満載!これなら購入もリーズナブルかも。

1.ファッション誌と同じ設備で80カット以上の撮影

img_9276_result

今では一般的となった「成人式の前撮り写真撮影」、これが振袖の購入特典として付きます。 プロ使用と同じ撮影ライトを使ってのスタジオ撮影。

前撮りの際の着付け、メイクアップ、ヘアセットもすべて無料。 80カット以上の写真の中から、お好きなアップと全身のカットを選んで、専用の台紙を使ってのアルバムを作って貰えますよ!勿論オプションで写真を追加もできます。

 

hurisode_cameraman_resize-1

2.成人式当日のヘアセット・メイクアップ・着付けが無料

成人式当日は、どこの美容院も一杯、予約も大変です。場合によってはこの時期割高になるお店もありますが、これが無料なんて嬉しいですね。何より予約漏れも無くて、安心です。 前撮り撮影の時と違う帯結びやヘアスタイルで、印象を変えるのも面白いかも。

shutterstock_465736094

 

3.卒業式の袴・袴下帯の無料レンタル

hurisode_sotugyousihiki_hakama

お気に入り振袖を購入したなら、卒業式にも着て見ませんか? とは言っても、せっかくなら袴スタイルも素敵ですね。

振袖購入者特典で袴&袴下帯の無料レンタルができるプランもあります。女の子の袴姿は最近は卒業式の定番ですから、利用しない手は有りませんよ!

4.初回無料の丸洗いサービス

kimono_oteire_maruarai

慣れ無い着物を着ると、どうしても汚してしまいやすいですよね。特に振袖は、着て行く機会が成人式、結婚式、謝恩会と会食を伴う事が多いので、胸元は注意です。

例え目立った汚れが無かったとしても、そのまましまうと、次に着る時にシミが出来ていたりもします。 そんな時、着物だけでなく長襦袢も一緒にお願いできる「丸洗いサービス」は、大きな味方。しばらく着る予定が無い時には、是非お願いしましょう。

5.振袖を訪問着にチェンジ!無料で袖丈詰め

shutterstock_165334526

振袖は未婚女子の第一正装ですが、訪問着は未婚・既婚を問わず幅広く着られます。

結婚したり、もう年齢的に振袖を着なくなったなら、袖を短くして訪問着にする方も多いですね。 もちろん振袖をそのままにして、お嬢さんが生まれたら着て貰うという選択肢もありますが、女の子が生まれなかったり、その子のイメージに合わなければ箪笥の肥しとなってしまいます。

それぐらいなら、自分で気に入った着物をリメイクするのも良いのではないでしょうか。 そんな時に無料でできる「訪問着に無料でチェンジ」は嬉しい企画、その時になったら考えましょう。

6.24歳までなら、何度来ても新品にお取替え!お取替えシステムとは・・

fotolia_58193900_subscription_monthly_m

何と、24歳のお誕生日までなら購入した振袖を最大80%価格で下取りして、新品の留袖や訪問着に交換して貰えるという信じられないシステムも登場しました。

勿論、加工賃やその他の諸経費は掛りますが、驚きです。 着物って不思議な物で「○○さんの振袖」なんて覚えていない気もしますが、もう一度見ると「そうそう、あの振袖」と記憶がよみがえってくるのです。だから何度も着ていると「○○さん、またあの振袖着ている」となります。

そんな時に、新しい訪問着なんて嬉しいですよね。 また更なるサプライズは、鑑定書付きのダイヤモンド(石のみ)にお取替えも可能とか。信じられません!お気に入りの振袖を残すか、別の新品の着物やダイヤモンドにお取替えするか・・・幸せな悩みです。

まとめ

成人式当日着付け・メイク・ヘアセットが約23,100円、卒業式の袴・袴下帯レンタル18,900円、振袖&長襦袢の丸洗いサービス11,600円、振袖袖丈詰めサービス22,000円これだけでも75,600円が無料。さらにアルバムや着物お取替えシステムもサービスなんて、本当に豪華ですね。

一般的に振袖を購入した場合、3回着れば元が取れる(レンタルより得)と言われています。 成人式の他、卒業式、親戚や友人の結婚式出席、また職場によってはお正月の初出勤の時に着物という会社もありますよ。

ご自分の予定を考えて、振袖を購入するかレンタルにするかを決めましょう。

特集

人気記事

  1. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  2. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  3. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  4. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
  5. 着物はその種類によって少しずつ造りが異なっています。訪問着などの街でも見かける着物と比べて袖が長く、…
PAGE TOP