• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

【比較】振袖購入とレンタル本当に安いのはどっち?

成人式の振袖を「レンタル」にするか「購入」するか、迷っている方は多いことでしょう。そして、迷う理由の大部分が「どちらがコスパがよいか?判断できない」という点にあるのではないでしょうか。振袖をレンタル利用した場合と購入した場合、それぞれのケースについて調べてみました。

1.振袖のレンタルと購入の割合とは?

まずは、成人式に振袖を着る人の中でレンタルと購入のどちらが多いのかを見ていきましょう。上記は振袖の一蔵の関西店ぽ(あべのハルカス店、梅田店)を比較したグラフです。

どちらの店舗もレンタルが5割以上となっています。一方、購入の場合は両店舗とも3割です。最近流行のママ振り(ママのお下がり振袖を着ること)も1割~2割いらっしゃいますね。

2.振袖レンタルの相場

年に一度の街に振袖姿があふれる成人式には、ぜひ振袖姿で出席したいと考える人は多いことでしょう。 この日のために、あれこれと娘のために着物を選ぶことを楽しみにしているご家族も多いはずです。 「でも、成人式一回きりのために高価な振袖を買うのは躊躇してしまう」と考えるなら、充実したサービスが受けられるレンタル利用がよいでしょう。思い切り冒険できるのはレンタルならではの醍醐味です。

前撮りサービスや、ヘアメイク、振袖と小物両方のレンタル料金すべて合わせて、15~25万円というところが最も多い価格帯でしょう。 振袖需要が最も高まる成人式シーズンには予約が殺到しますから、レンタル料も当然高騰します。早期予約割引などサービス特典をうまく利用しないと意外と高くつきますよ。

振袖を購入する人も、レンタルする人も、まずはお気に入りの振袖を見つけよう♪

可愛すぎる!人気モデルのイチオシ振袖コレクションはこちら!

お気に入りの振袖がきっと見つかります!モデル満載の振袖カタログを取り寄せよう♪

3.振袖購入の相場

お買い上げありがとうございましたの図

 

 

振袖の価格は、作家物や総絞り、総刺繍など上を見ればきりがありません。デパートなどで並べられている標準的な振袖であれば、30~70万円前後で満足できるデザイン、クオリティの振袖が購入できるでしょう。

最近では振袖の購入でも10万円台というプチプラの価格帯も人気があります。よく言われているのは、「2回以上着るなら購入がオトク」ということ。卒業式の袴の無料レンタルや、家族で使える永久的な着付けサービスなど、振袖店と仲良くしていると将来的にオトクになる特典は多いようです。

4.大学の卒業式に振袖を着用した場合(レンタルと購入それぞれにかかる費用)

●振袖レンタルを利用した場合の費用

成人式シーズンを外し、前撮りサービスなしという条件であれば、ヘアメイク、振袖と小物両方のレンタル料金すべて合わせて、3~7万円前後を見込めばよいでしょう。

●振袖を購入した場合の費用

すでに成人式で振袖や小物一式をそろえているのであれば、着付けとヘアメイク料金以外は掛かりません。1~2万円前後を見込めばよいでしょう。

3.友人の結婚式にも振袖を着用した場合(レンタルと購入それぞれにかかる費用)

●振袖レンタルを利用した場合の費用

成人式シーズンを外し、前撮りサービスなしという条件であれば、ヘアメイク、振袖と小物両方のレンタル料金すべて合わせて、2~5万円前後を見込めばよいでしょう。

●振袖を購入した場合の費用

すでに振袖や小物一式をそろえているのであれば、着付けとヘアメイク料金以外は掛かりません。1~2万円前後を見込めばよいでしょう。

4.振袖は購入・レンタルする時期はいつがオススメ?

振袖は、レンタル利用予約の場合も購入する時期も年々早まっています。高校生の時に決める人も多くなり、早ければ早いほどもコストパフォーマンスが高くなっています。 今までは成人式後から春先にかけてレンタル、販売ともに振袖の新作が出そろう時期と言われていました。

現在では来年の成人式準備に向けてというよりも豊富なサービスを用意する時期に振袖を選ぶ人が増えてきています。高校を卒業してからの1年間で決める方が多くなっていると言われています。

5.振袖の購入で後悔する理由とは?

せっかく購入した振袖を一度しか着なかった方は後悔することになるでしょう。そのため、購入前には振袖を何回着れるかな、、?と計画をたててみましょう。

一般的には、以下のイベント時に振袖を着ることが多いひょうです。

  • 成人式
  • 卒業式
  • お呼ばれ結婚式
  • 結納
  • 自分が結婚する時

 

まとめ

いかがでしたか?振袖のレンタルと購入で迷っているのなら、「振袖との付き合い方」を考えてみると決めやすいですよ。 たとえば、姉妹で共有するなど何度か振袖を着用する機会が多くなりそうで、かつ従妹たちに譲る可能性があるのなら、 レンタルよりも購入したほうがコストパフォーマンスがよい結果になることもあるでしょう。それに対して、 「一度だけ振袖を着てみたい」「譲る人もいないので買う必要を感じない」のならレンタル利用がよいでしょう。 レンタルであれ購入であれ、日本の若い女性の最も格式の高い衣装である「振袖」を身にまとった記憶は、 とても大切な経験になるはずです。どうぞご自分の振袖姿を十分楽しんでくださいね。

 
一蔵公式 今月のSpecialEvent