【東京】振袖を購入するならこの店!レンタルより豪華な特典が魅力の振袖店

20歳という成人を祝う自治体の成人式は毎年1月の第2月曜日に行われます。成人式と言えば振袖!振袖を着る絶好の機会ですね♪
東京で振袖を準備するなら、どのようなお店で予約するのが良いのでしょうか?振袖について調べていると、意外にレンタルよりも購入の方がオトクなのでは?という気がしてきますので、今回は購入をおススメする理由についてお話いたしますね。

1.レンタルが主流というのは都市伝説?振袖を購入する人の主張

振袖をレンタルする人と購入する人はだいたい半分ずつくらいです。そんなに着る機会がないイメージのある振袖ですが、振袖をレンタルせずに購入する人はどんな理由で購入を決めたのでしょうか?

①2回以上着たら割安になるから

振袖店や写真館での振袖レンタル料金をご覧になったことはございますか?振袖レンタルの料金は振袖本体のみを借りる金額で最安値は3万円ぐらいです。それに小物レンタルを加えるとプラス1万円で4万円が最安値。

着付けとヘアメイクを付けるとプラス1.5~2万円なので5.5~6万円が最安値。前撮りをつけるとプラス1万円で6.5~7万円が最安値となります。

では、購入の場合はどうでしょうか?購入の場合は通常であれば小物レンタルや着付け・ヘアメイク・前撮りがフルセットで最低価格は20万円台です。しかし、時期によってはこの最低価格をした下回ることもあります。

夏や秋に振袖店で行われるフェアやバーゲンを利用すれば、15万円以下や10万円以下の振袖フルセットも販売されており、商品券やコスメなどのノベルティがもらえることもあります。

②卒業式の袴が割引やタダになるから

振袖を二十歳の成人式で初めて着る人は多いことでしょう。大学生であれば、その後2年後には卒業式が控えています。振袖をレンタルでなく購入にすれば、購入した振袖の下に袴だけをあわせて卒業式を迎える、ということが可能です。

振袖を購入する場合、多くの振袖店では「卒業式の袴無料サービス」や「卒業式の袴レンタル半額!」などのキャンペーンを打ち出しています。そのため、振袖を購入すれば卒業式の晴れ着の準備はほぼタダでできるのです。

③自分のものにならずに10万円は払いたくないから


先ほど、振袖レンタルの最安値は本体価格で3万円ぐらいです、とお伝えしました。しかし、これはネット通販での価格でるので着付け代は含まれていません。

着物は世界的にもファンの多い優美で人を魅了する衣類ですが、私たちの日本人が着なくなった理由の一つは着づらいからです。着付けができる方は最安値で振袖をレンタルできますが、自分で着ることができない場合は着付け代が別途1万円以上かかってしまいます。

そうすると、結局振袖レンタルに5万円以上かかることになります。しかも、振袖レンタルの安い種類のものはレンタル期間が非常に短い(2泊や4泊)ので、返却までが慌ただしく過ぎていきます。

④リメイクしてドレスや七五三に使いたいから

購入した振袖はこれまで、代々受け継がれていくのが通常でした。何十万円する手染めの豪華な振袖は、もちろん1回かぎりで着なくなるのはもったいないですからね。

子どもに受け継ぐまでの保管が大変!という方は、お裁縫が得意ならリメイクしてバッグやショールなどにして利用する、という手もあります。また、リメイク業者に依頼してリメイクしてもらうこともできます。

和柄のリメイクものは定期的にリバイバルしますし、ジーンズやワンピースなどにもよく似合います。また、自分の着た振袖を子供が小さい頃のお祝い(七五三)用にリメイクすることも可能です。

 

2.レンタルより豪華!振袖の購入特典が豪華な東京の振袖店

①一蔵

振袖の一蔵

購入プラン、レンタルプランともに人気の振袖店です。古典柄から個性的な柄まで豊富に取り揃い、女の子ならすぐに着たくなるカワイイ振袖が勢ぞろいです。振袖購入プランは、40点(小物含む)購入プランは198,000円~。もちろん、着付けや前撮り写真もついています。

東京都内には以下のお店があります。

【東京にある一蔵ショップ】

一蔵 銀座本店 https://furisode-ichikura.jp/shop/ginza/
一蔵 新宿店 https://furisode-ichikura.jp/shop/shinjuku/
一蔵 上野店 https://furisode-ichikura.jp/shop/ueno/
一蔵 八王子店 https://furisode-ichikura.jp/shop/hachioji/

②ラブリス

ローラや中村里沙などモデルの手掛けるブランド振袖が人気のラブリスは、都内だと新宿で手に入れられます。ラブリスでも振袖購入は小物フルセットや和装小物一式・前撮り写真一式・成人式当日着付けがついて198,000円から。

【東京にあるラブリスショップ】

ラブリス新宿店(常設店) https://labliss.net/shops/labliss_shinjuku/

レンタルでなく購入なら、返却期日も気にすることなく何度も着ることができます。

③オンディーヌ

レトロ柄や現代柄が得意なオンディーヌ。見ているだけでウットリする品質と豊富な柄の振袖なのですが、デパートや他の振袖専門店よりリーズナブルな価格が魅力です。

【東京にあるオンディーヌショップ】 

オンディーヌ 銀座本店 https://www.ondine.jp/shop/shop_ginza/
オンディーヌ 新宿店 https://www.ondine.jp/shop/shop_shinjuku/
オンディーヌ 渋谷店 https://www.ondine.jp/shop/shop_shibuya/
オンディーヌ 池袋店 https://www.ondine.jp/shop/shop_ikebukuro/

「振袖購入しても、そのあとほったらかしになるかも」と心配して購入に踏み込めない方のために、オンディーヌでは購入後の保管などのアドバイスなども行っています。提携の着付け教室もあるので、振袖をきっかけに「着物が1人で着られる女性」目指して着付け教室デビューする女子もいるようです。

3.一蔵クラブとは?

一蔵では一蔵メンバーズクラブというオトクなクラブがあり、振袖を購入した日に入会すれば通常入会金2万円が半額の1万円で入会できます。(年会費は無料)このクラブでは振袖だけでなく家族向けの留袖や訪問着も最大80%引きでレンタルできます。また、前撮り撮影時にご家族1名様の着付けも無料になるので、ママと一緒に振袖&着物写真を記念に撮ることもできちゃいます♪

一蔵メンバーズクラブ

一蔵メンバーズクラブ

まとめ

いかがでしたか?東京で成人式を迎えるみなさん。今後、友達の結婚式や自分の結婚式で振袖を着る可能性があるなら購入をオススメしますよ。

ちなみに、2019年の成人式は1月14日(月)。自分が20年間歩んだ道を振袖で最高にカワイくお祝いしちゃってください!

 

 

-振袖をお探しなら-

一生に一度の記念日に花を添える「振袖」

振袖をお探しならば、是非、お近くの『一蔵』へ。あなたにピッタリの振袖が見つかるかもしれません。