振袖の小物だけレンタルや購入ってできるの?どうやって選べばいい?

着物には色々な小物があって、その使い方によって着物姿は大きく印象が変わります。特に振袖は着物が豪華なので、それに負けないように小物も個性的なものが多いのです。「小物だけチェンジしてみたい」そんな方の疑問にお答えします。

1.振袖の小物だけ必要な人とは

①振袖は知り合いから借りられる

知り合いから振袖を借りられるなんて素敵ですね。でも、その振袖は何処に着て行くのですか?結婚式?パーティ?振袖を貸してくれるお友達と、交友関係がかぶっていませんか?心配な時は小物を変えてみましょう。「その振袖、どこかで見た」なんて思われないように。

②振袖はママから借りられる

「自分の振袖を娘が着てくれるなんて嬉しい」そんな声も聞こえるママ振袖。着物ならではの、素敵な習慣です。小物を今時のものに変えると、振袖姿も現代風にすることができます。帯揚げ、帯締め、半襟などは最近特に華やかになってきましたからチェックしてみて下さい。

③振袖にセットの小物が気に入らない

ショップで振袖とセットで合わせた小物が気に入らない・・・不思議ですが、これは結構ある話なのです。「メイクを変えた」「日焼けした」といったことでも、雰囲気は変わりますから、小物を使って今の自分に似合うイメージにしてみましょう。

2.【結論】振袖の小物だけ購入/レンタルできる

①単品価格は高額なので、セットがオススメ

「着物も小物なら安い」と思っていませんか?着物に合わせる小物のなかでも特に振袖用はフォーマルタイプなので、それなりに高額となります。おすすめはセット購入。ハンドバッグや草履、帯揚げ&帯締めなどはセットなら雰囲気も合うし、お値段もリーズナブル。単品でそれぞれ買うよりもお得です。

②二度と使わないならレンタルしよう

「毎回違う雰囲気にしたい」「この振袖は1回しか着ない」そんな方は、レンタルにしましょう。無理に購入しても、結局使わないなら勿体ないですよね。着物だけでなく、着物に合わせた小物だけのレンタルショップもありますから、探してみて下さい。

3.どこで買える?振袖の小物

①ネットショップ

今はネットショッピングも増えてきました。自宅にいながら画面だけで選べるので、とっても便利です。他店との値段の比較も簡単にできますから、後で「こちらの方が安かった!失敗」なんてことも少ないでしょう。 問題は、ネット画面と到着した品物のイメージに違いが無い訳ではない・・・ということです。色はもちろん大きさ、使いやすさなどは、実際手にとって見たほうが分かりやすいのです。

②デパート

デパートは呉服店から発展したお店も多いからか、着物売り場が充実しています。確かに良い品物が多いといえるでしょう。ただし、お値段もそれなりですね。費用対効果を考えて、購入した方がよいかも知れません。

③呉服店

呉服店にも色々とあります。デパートのように高級な趣味に特化したお店や、若い方でも気楽に入って行ける、浴衣などお値段の低いもの専門のお店などタイプは様々です。お店の客層によって品物が変わるので、振袖の小物が充実しているかどうかを見極めないと、無駄足になる可能性もあります。

④着物アンティーク店

レトロ感のある上品な和装小物が欲しいなら、着物専門のアンティーク店はいかがでしょうか?今では見かけない素敵な小物が見つかるかも知れませんね。アンティーク店は、“その時”が勝負。次行った時は無いかも知れませんから、欲しいと思ったものはその場で購入することをおすすめします。

⑤オークション

ネット画面でのオークションは、掘り出し物にも出会える大きなチャンスです。運が良いと、数万円の品物が数百円でGETできることも珍しくありません。

でも素人では、ネット画面だけで判断するのは難しいともいわれています。振袖はフォーマルな装いなので、小物も格上の品を選ばなくてはいけないのです。せっかく買ったのに、格が合わなくて振袖には使えない・・・そんな失敗もありますから、注意しましょう。

⑥振袖専門店/衣裳店

振袖の小物選びに迷ったら、振袖の専門店もおすすめです。振袖に特化しているので、置いてある小物もすべて振袖に合わせたフォーマルなもの。着物コーディネイターの方もいらっしゃいますから、相談も出来ます。

何と言っても、実物を手にとって見られるので、手持ちの振袖を持って行って色合わせをすることもOKです。 ショップによっては、購入・レンタルどちらもできる所もありますから、まずは相談して下さい 。

まとめ

いかがでしたか?小物選びにも色々な方法がありますね。同じ振袖でも、小物一つで雰囲気は大きく変わりますから、楽しんで小物選びすることをおすすめします。

特集

人気記事

  1. 今年の成人式も、昨年同様に初雪が降ったり、天気が大荒れしたりして、せっかくの晴れ姿が気になった方もい…
  2. 振袖は、成人式当日の着用だけでなく、数か月前に行う「前撮り」の撮影も楽しみですね。最近では、「ロケプ…
  3. 振袖を片付けるときに困るのが、たたみ方。洋服と同じようにたたんだらいいのか、それとも振袖用のたたみ方…
  4. 振袖姿で長い距離を移動するとき、便利なのはやはり電車移動。タクシー代が節約できるうえに混雑知らずとい…
  5. 振袖に袖を通すとなると、予約した着付け場所へ振袖と着付けに必要な品々を持参しないといけません。高価な…
PAGE TOP