• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

振袖の小物だけレンタルや購入ってできるの?どうやって選べばいい?

着物には色々な小物があって、その使い方によって着物姿は大きく印象が変わります。小物をチェンジするだけで、ママの振袖を借りてもイマドキな振袖に見えてしまう。

それが振袖コーデの楽しいところです。

ただ、振袖の小物だけを買うORレンタルすることってできるのでしょうか?また、上手に選ぶにはどうすればいいのでしょうか?

そんな疑問をお持ちの振袖女子のために、今回の記事では振袖の小物レンタルや購入の上手な方法について、わかりやすく解説します。

1.振袖の小物レンタルの相場とは?

①振袖の小物は点数が多い!しかも、1点3,000円~5,000円のレンタル料

「着物も小物なら安い」と思っていませんか?着物に合わせる小物のなかでも特に振袖用はフォーマルタイプなので、それなりに高額となります。

また、振袖の小物は帯や草履など非常に点数が多いです。例えば、一蔵などの振袖店で振袖をレンタルする場合、以下の小物を貸してくれます。合計9点です。

もしこれらを1点3,000円でレンタルするとしたら、以下の小物レンタル料金がかかってしまいます。

3,000円×9点=27,000円

【振袖店でレンタルする場合に貸してくれる振袖の小物】

重衿
帯揚げ
帯締め
バッグ
草履
ショール
袋帯
長襦袢(半衿付き)
衿カラー

そのため、振袖の小物だけをたくさん借りる方は、小物レンタルつきの振袖をレンタルするよりむしろ高くつく場合もあります。

②着付け小物は楽天市場で5,000円~9,000円くらいで購入できる

振袖の小物に加え、振袖を着るには「下着」の部分にあたる着付け小物も必要です。

もしあなたが普段全く着物を着ない方でお母さまも着付け小物をお持ちでないなら、だいたい5,000円~9,000円くらいで以下のような着物の着付けセットが楽天などのネット通販で購入できます。着付け小物は下着のようなものなので、あまりレンタルで見かけることはありません。

③髪飾りは振袖レンタルでも貸してくれない!予算は5千円ぐらい

また、振袖のヘアスタイルで特徴的な髪飾りですが、直接髪につけるものなのでほとんどの成人式向け振袖レンタルの店では髪飾りのレンタルはしていません。

髪飾りは普通に購入するとだいたい5,000円ぐらいで振袖店やネット通販で購入できます。もっと安くあげるなら、YouTubeなどを見ながら100均一の材料でつくる方法もあります。

④合計で小物レンタルは(普通に買ったら)4万円ぐらいかかる

以上の小物レンタルや購入の費用を合計すると、以下の式となります。

【振袖を着るための小物にかかる費用】

①:振袖小物(1点3,000円くらい)

+②:着付け小物(1セット4,000円~9,000円)

+③:髪飾り代(1点5,000円くらい)

【合計】10点で38,000円~43,000円

しかし、振袖の小物レンタルだけに4万円も払う方はなかなか額を本当に振袖の小物レンタルに払う人はなかなかいないのではないでしょうか。この金額に少し足せば、前撮りつきの振袖レンタルができちゃいますからね。

例えば、振袖レンタルの最大手である一蔵とオンディーヌの振袖レンタルは以下の価格で利用できます。

  一蔵 オンディーヌ
振袖レンタル料金 88,000円~(税抜き) 50,000円~(税抜き)
含まれるサービス 振袖本体+小物フルセットレンタル+着付け(2回分)+ヘアメイク(2回分)+前撮り写真撮影+アルバム代
公式URL https://furisode-ichikura.jp/rental/ https://www.ondine.jp/

振袖を購入する人も、レンタルする人も、まずはお気に入りの振袖を見つけよう♪

可愛すぎる!人気モデルのイチオシ振袖コレクションはこちら!

お気に入りの振袖がきっと見つかります!モデル満載の振袖カタログを取り寄せよう♪

2.振袖の小物と一言と言っても、価格にはかなり格差がある!

振袖の小物のレンタル料金は3,000円~5,000円くらいですとお伝えしましたが、アイテムごとにかなり金額差があることもお伝えします。

振袖の小物の中で最も高額なアイテムは、ズバリ袋帯(ふくろおび)です。袋帯は帯の表裏の両面を袋のように仕立てており、素材も絹や金糸が使われているためレンタル料金でも1万円ほどします。

【アイテムごとの振袖小物レンタル料金の目安~呉服店・振袖店の場合】

袋帯 1万円
草履 5,000円
バッグ 5,000円
ショール 8,000円
足袋 2,000円

3.振袖の小物レンタル代を安くあげる方法

単品レンタル価格は高額なので、むしろ購入がオススメ

おすすめはレンタルより購入です。1点1点すべてレンタルすると何万円もかかるため、時間は相当かかりますが、ハンドバッグや草履、帯揚げ&帯締めなどを1点1点安い価格で売っている店を探して買いそろえていくわけです。

【購入できる場所】

・呉服店のアウトレット/ヤフオク!などのネットオークション/楽天市場などの通販

特に、楽天では振袖の小物を販売しているお店が多数出店されています。店により価格や商品の質は異なるため、納得できるお店を注意深く探しましょう。

②安い、小物つきの振袖レンタルにシフトする

小物代を安くあげたいからヤフオク!などで安い振袖小物を買いそろえる場合、時間もかかりますしテイストもバラバラになるというデメリットがあります。

そのため、むしろもともと小物フルセットレンタルをしてくれる振袖レンタルで振袖ごと借りる方が料金的には安上がりです。

③ママ振りを利用する

ママ振りとは、ママやお姉さんなどから借りた手持ちの振袖を振袖店に持参して、小物レンタルと前撮り撮影と着付け・ヘアメイクだけをお願いするプランです。

ママ振りプランはここ2~3年で流行りだしたプラン名なので、店によっては「持ち込み着付け」という呼び名で取り扱っている場合もあります。

【ママ振りプランの料金※一蔵グループのみ

一蔵 27,000円~(税抜き)

https://furisode-ichikura.jp/mama/

オンディーヌ 38,000円~(税抜き)

https://www.ondine.jp/plan/mama/

ラブリス 25,000円(税抜き)+小物レンタル料金(5,000円前後)

https://labliss.net/plan/furisode_photo/

ママ振りプランについては注意点があります。以下のケースの場合はママ振りプランに追加料金がかかります。

  • 持ち込んだ振袖に染みなどの目立つ汚れ、しわがある場合(お直し代)
  • 借りる小物のグレードアップや点数の追加(小物の追加料金)

また、手持ちの振袖をお店にある小物を合わせてみたら、なんだかグレードアップ小物の方がよかったから、と追加料金を取られて、結局ママ振りプランなのに5~6万円かかった、という方もよくいらっしゃいます。

3.実際どこで買える?振袖の小物

ネットショップ

今はネットショッピングも増えてきました。自宅にいながら画面だけで選べるので、とっても便利です。他店との値段の比較も簡単にできますから、後で「こちらの方が安かった!失敗」なんてことも少ないでしょう。

京都最大級!年間18,000人を着付ける呉服屋のネットショップ 京都きもの町[本店]

問題は、ネット画面と到着した品物のイメージに違いが無い訳ではない・・・ということです。色はもちろん大きさ、使いやすさなどは、実際手にとって見たほうが分かりやすいのです。

デパート

デパートは呉服店から発展したお店も多いからか、着物売り場が充実しています。確かに良い品物が多いといえるでしょう。ただし、お値段もそれなりですね。費用対効果を考えて、購入した方がよいかも知れません。

呉服店

呉服店にも色々とあります。デパートのように高級な趣味に特化したお店や、若い方でも気楽に入って行ける、浴衣などお値段の低いもの専門のお店などタイプは様々です。お店の客層によって品物が変わるので、振袖の小物が充実しているかどうかを見極めないと、無駄足になる可能性もあります。

 

着物アンティーク店

レトロ感のある上品な和装小物が欲しいなら、着物専門のアンティーク店はいかがでしょうか?今では見かけない素敵な小物が見つかるかも知れませんね。アンティーク店は、“その時”が勝負。次行った時は無いかも知れませんから、欲しいと思ったものはその場で購入することをおすすめします。

オークション

ネット画面でのオークションは、掘り出し物にも出会える大きなチャンスです。運が良いと、数万円の品物が数百円でGETできることも珍しくありません。

でも素人では、ネット画面だけで判断するのは難しいともいわれています。振袖はフォーマルな装いなので、小物も格上の品を選ばなくてはいけないのです。せっかく買ったのに、格が合わなくて振袖には使えない・・・そんな失敗もありますから、注意しましょう。

振袖専門店/衣裳店

振袖の小物選びに迷ったら、振袖の専門店もおすすめです。振袖に特化しているので、置いてある小物もすべて振袖に合わせたフォーマルなもの。着物コーディネイターの方もいらっしゃいますから、相談も出来ます。

振袖レンタル専門店のラブリスでは、個性的なファッションの好きな女の子のためにカワイイ振袖小物をそろえています。

個性派振袖レンタル専門店ラブリス|小物

何と言っても、実物を手にとって見られるので、手持ちの振袖を持って行って色合わせをすることもOKです。 ショップによっては、購入・レンタルどちらもできる所もありますから、まずは相談して下さい 。

まとめ

いかがでしたか?小物選びにも色々な方法がありますね。同じ振袖でも、小物一つで雰囲気は大きく変わりますから、楽しんで小物選びすることをおすすめします。