• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

振袖レンタルの大きいサイズとは?どこで借りれる?追加料金はあるの?

最近の女の子は身長が高く、昔と比べて外国人並みの体形に近づいています。振袖は昔からある日本の伝統的な礼服なので、「もしかして大きいサイズがないかも」と心配する方も少なくないようです。

でも、大丈夫です。いまは振袖レンタルでも大きいサイズを扱うお店がたくさんあります。

今回の記事では、成人式用の振袖レンタルを探している方の中で「大きいサイズ」をお求めの方のために、振袖の大きいサイズについてわかりやすく解説していきます。

当サイトでは振袖のサイズについて以下の記事もございます。ぜひ併せてごらんください。

振袖のサイズはどう選ぶの?サイズが合わない場合はどうすればいい?

※記事内のサイズは標準的なサイズですが、店やブランドにより1~2cmの誤差が発生することがあります。あらかじめご了承ください。

1、標準的な振袖のサイズと大きいサイズの違い

①標準的な振袖のサイズとは

振袖はもともと採寸してから生地を裁つオーダーメイドの衣服で、した。けれども、最近の安価な振袖レンタルはほとんど仕立て済の既製服です。

振袖の標準的なサイズは店によって【号】表記と【S/M/L】表記の場合と2つのケースがあります。

  • 【号】の場合→洋服のサイズで7号~13号まで
  • 【S/M/L】の場合→S、M、L、LLまで

振袖のサイズで大切な部位は①着丈②袖丈③裄丈④バスト⑤ヒップの5点です。

振袖は採寸も大切です。

①着丈が短いと、着物特有の「おはしょり」(腰のあたりで振袖の生地を折る着付けのこと)ができなくなります。②③の袖丈・裄丈が合っていないと、袖が短すぎたり長すぎたりします。④⑤のバスト・ヒップが合っていないと見た目が窮屈そうに見えてしまいます。

【ぽっちゃりさんがサイズの小さな振袖を着ると?】

では、各部位のサイズを見ていきましょう。

【7号・S】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
146~150cm前後 102cm 62cm 93cm 93cm

【7号~13号・M】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
151~156cm前後 106cm 64cm 96cm 96cm

【9号~13号・L】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
157~162cm前後 112cm 66cm 98cm 98cm

【9号~13号・LL】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
163~168cm前後 112cm 68cm 100cm 100cm

ちなみに、全国で61もの振袖店をもつ一蔵グループでは、着物サイズは洋服サイズではなく着物の号数を使っています。

【身長の目安】2号:150cm前後 / 3号:155cm前後 / 4号:165cm前後 / 5号:170cm前後

【引用:振袖プラン特典|料金 | 振袖の一蔵

②振袖の大きいサイズはどのくらい大きい?

ひとくちに大きいサイズといっても、身長が大きい場合と横に大きい場合の2パターンがあります。身長が高い場合と横幅が大きい体形では選ぶ振袖サイズも異なります。

最近では、身長が高い方向けの振袖と横幅が大きい体形(ぽっちゃりさん)とを用意している振袖店も多く見受けられます。

  • 【号】の場合→洋服のサイズで15号~29号まで
  • 【S/M/L】の場合→2L、3Lまで

(1)身長が高い場合

身長が170cm前後の高身長の方は、振袖を予約するときに最も大きいサイズ(13号やL)を選びましょう。いまの既製服の振袖は5~10cmほど余裕をもって裁断されているため、おはしょり部分少し短くなるだけで、袖の長さや胸元などは違和感なく着られます。

【9号~13号・LL】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
163~168cm前後 112cm 68cm 100cm 100cm

身長が高い方の中で、手足が長い外国人体形の方もいらっしゃいます。そんな場合は、上記の9~13号サイズでは合わない場合もあるでしょう。

大きなサイズ専門の振袖店では、最大で身長172cm・裄丈が74・5cmの振袖を取り扱うお店もあります。

(2)横幅が大きい方の場合

振袖を選ぶ際にじぶんのヒップが入るかどうかを基準に選ぶとスムーズです。振袖サイズの種類が少ない店では、ヒップサイズが最大100cmまでで設定されています。

これ以上のサイズの場合、または少しゆとりをもって振袖を着たい場合は、振袖サイズを15号~29号またはMO・LO・2L・3Lから選びましょう。

【15号~21号・MO】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
155~165cm前後 106.1cm 67・5cm 100cm以上 98cm以上

【15号~21号・LO】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
158~165cm前後 109.8cm 70cm 100cm以上 98cm以上

(MO・LOって何?)

身長は標準のMサイズ、Lサイズの中で標準~少し高めの方(Mは160cm前後、Lは165cm前後)でヒップ幅が100cm以上の方のためのサイズを言います。

【23号~29号】

身長 袖丈 裄丈 バスト ヒップ
170cmくらいまで 110cm 72cm 104cm~120cm 107cm~115

2、大きいサイズの振袖はどこでレンタルできる?

①振袖の場合

一つ目はネットで借りられる振袖レンタルです。eきものレンタル、和楽庵、楽天など一部のネット着物レンタルショップは、比較的大きなサイズも豊富に取り扱っています。

  • e-きものレンタル→身長170cmくらいまで、サイズは17~23号まで対応
  • 和楽庵→身長175cmくらい、ヒップサイズは99cm以下まで対応
  • 楽天市場→身長170cmくらいまで、13~最大29号まで対応のショップあり

実店舗の場合は、ジョイフル恵利が最も大きいサイズに積極的なお店かもしれません。身長178cm、ヒップサイズ130cmまでの振袖を取り扱っています。

ぽちゃかわ・大きいサイズ 振袖カタログ – ジョイフル恵利

②留袖・訪問着などの和服の場合

結婚式、こどもの入学式・卒業式、お葬式、など年をとっても着物を着る機会はたくさんあります。着物の大きいサイズはご結婚されて子供を産んだミセスの方の方がもっと需要があります。

大きいサイズの和服はネットショップと実店舗の呉服店の両方で取り扱っています。

かなり大きいサイズ(23号以上など)でない限り、通常のお店で気に入る着物を何点か選び、その中からサイズ展開が大きい商品を選んでいきましょう。

3、大きいサイズを選ぶ際の注意点とは?

①柄が限定されます

大きいサイズの振袖レンタルは増えていますが、振袖の柄は限定されてしまいます。ネットショップの場合は検索時にサイズと身長で絞れば、「この柄がいいのにわたしのサイズではなかった」とがっかりすることもなくなります。

②試着をする方がベター

振袖店の一蔵なら、小物のコーディネートまで丁寧にサポートします♪

ネットショップでも大きなサイズの振袖は取り扱っていますし、サイズ表記も記載されている場合がほとんどです。

しかし、実際に振袖を着た場合の感じや素材による余裕分などは画面でみているだけではわかりません。時間に余裕があるなら、できれば振袖は試着するにこしたことはありません。

170cmくらいまでの身長の方は、ぜひ振袖の一蔵の各店舗でかわいい振袖をご試着ください。着付け教室も運営する自慢の㈱一蔵では、専門スタッフが振袖のサイズや着付けのお悩みに相談に応じます。

170cmまでの身長の方はぜひ!カワイイ振袖が勢揃いの振袖の一蔵

4、大きいサイズで追加料金はない

大きいサイズの振袖で追加料金がかかるかも?と心配する方もいるかもしれませんが、そのような費用は必要ありません。

振袖のレンタル費用はネットレンタルの場合は最安値で2万円台から、実店舗の場合は18~20万円程度でレンタルできます。

実店舗の場合は、着付け・ヘアメイク・前撮り撮影などがすべて含まれているので、別で美容室の予約が必要ないので便利です。

振袖の一蔵|店舗検索はこちら!

まとめ

振袖の大きいサイズを選ぶときは、ヒップのサイズが入るかどうかを確認するとサイズぴったりな振袖を早く選べます。

標準的なサイズはLの場合でもヒップサイズが100~98cm以下となっていますので、それ以上のサイズの場合は大きめサイズを取り扱うお店で振袖を選ぶとスムーズです。