ママ振袖で成人式に出るための具体的なスケジュールとは?

ママの振袖を成人式に着るママ振袖。ネット上では振袖店と中心によく使われている言葉です。しかし、2018年の成人式ではネットニュースでもお母さんの振袖を着た女性が目立ったとの記事がいくつか見受けられました。

お母さんの振袖を着る場合、丸洗いやシミ抜きなど、通常の振袖購入にはない手間がかかります。今回の記事では、計画的にお母さんの振袖を着るための情報をお伝えします。

1.ママ振袖で出席する女性が多かった2018成人式

今やほとんどの女性がスマホでネット検索している時代。成人式の振袖に関しても、カタログだけでなくネットで情報を探す方が多いのではないでしょうか。

振袖サイトではよくみられる「ママ振袖」というお母さんの振袖を着るという言葉ですが、2018年の今年は某ネットニュースでも「お母さんの振袖を着た女性が目立つ」というコメントと共に紹介されました。

振袖の一昨年のトレンドは「古典柄」でしたが、「ママ振り」という言葉も急速に認知度が上がっている印象を受けます。

2.母の振袖を実際に着るまでの具体的なスケジュール

お母さんの振袖があるなら、是非成人式で着てください。あなたも、お母さんもきっと嬉しいはずです。しかし、いきなり着用するのは待ってください。お母さんの振袖を着るには、いくつか必須の手続きがあるのです。

①振袖店に持ち込み~前年の春ごろからスタート!

お母さんが和裁の先生である、すぐに来てくれる親戚は着物に詳しい、などの場合、まずはご家族にお母さんの振袖を見てもらいましょう。保管状態により、悲しいことですがシミやカビなどで劣化している場合があるからです。

あなたの周りに振袖や着物に詳しい頼れる方がいないのであれば、まずは振袖を振袖店に持ち込みましょう。電話であらかじめ「お母さんの振袖があって、見てもらいたいのですが」と問い合わせした方がよいでしょう。直接お直ししてくれる振袖店もありますし、提携業者に出してお直しをしてくれる振袖店もあります。

②寸法直し:前年の夏までに依頼を

お母さんの振袖を着るのに欠かせないポイントが、寸法直しです。洋服よりは着物の方がゆとりのある作りになっています。しかし、あなたの方がお母さんよりも大きい場合は寸法直しが必要な場合があります。

振袖の横幅をもう少し大きくとりたい、縦幅をもう少し大きくしたい場合、生地の余裕分(縫い代)までは伸ばすことができます。しかし、寸法直しをすることにより柄の配置がおかしくなってしまう、全体的なバランスがおかしくなってしまう、という状況になる可能性もあります。

その場合は新しい振袖をレンタルするか?という検討も必要になります。

③丸洗い~前年の秋までには依頼を

丸洗いとは、洋服店のドライクリーニングのようなイメージです。洗剤ではなく溶剤を使い、風合いを保ちながらドラム系洗濯機で丸ごと洗います。丸洗いすることで、長期保管でついた臭いは消え気持ちよく袖を通すことができます。

料金の相場は7千円~1万5千円程度です。シミ抜きや洗い張りと言った全体的な汚れを取る手法を使う場合は、別途追加で5千円~8千円ほどかかります。

④色ヤケ直し/洗い張り~前年の夏までには依頼を

お母さんの振袖で多いのが、色ヤケしている振袖です。元の鮮やかな色合いではなく全体的にくすんだ色になっている状態を指します。色ヤケした振袖は、色ヤケ直しに出すことで鮮やかな色合いが蘇ります。料金は5千円以上が目安です。

洗い張りとは、振袖を一度ほどいて反物にし、全体的な汚れを手作業で取り除いたあとで再度振袖に仕立て直すという非常に手の込んだお直し方法です。洗い張りは一か所ごとで2千円~という価格帯です。特に気になる部分を洗い替えするのが一般的です。

 

3.どのくらいの期間がかかるのか?

①寸法直しの場合

寸法直しの標準的な納期は2週間程度です。寸法直しをしてから小物を合わせますので、早めの相談/依頼をオススメします。

②丸洗いの場合

丸洗いにかかる期間は、早いところで10日前後、平均的には2週間かかります。成人式ぎりぎりに丸洗いを依頼するのではなく、遅くとも前年の夏や秋ごろまでには依頼をしましょう。

③色ヤケ直し/洗い張りの場合

色ヤケ直し、洗い張りは共に手作業で1点1点加工をしてくれるため、標準納期は約1か月です。

洗い張りに関しては、クリーニング店では一部対応していないお店もあります。

4.ママ振袖の持ち込み前撮りについて

お母さんの振袖で前撮りをする場合、「持ち込み振袖がOK」な写真館や振袖店を見つけて申込みをしましょう。店によっては、「当店の振袖以外は持ち込み料を頂きます」と、3千円程度の持ち込み料金を要求するお店もあります。

お母さんの振袖に合わせた小物だけをレンタルできるかも、要チェックです。持ち込み振袖では、小物の貸し出しはしないという場合もあるため、事前に問合せして確認してから持ち込みしてください。

まとめ

お母さんの振袖を着ることは、素晴らしいことです。大切な振袖ですので、シミがあっても色がくすんでいても、修復すれば成人式に堂々と参加できます。

お母さんの振袖を着るには、状態によりお直しが必要です。わからないことは、振袖店の専門スタッフに気軽に相談してみましょう。

 

-振袖をお探しなら-

一生に一度の記念日に花を添える「振袖」

振袖をお探しならば、是非、お近くの『一蔵』へ。あなたにピッタリの振袖が見つかるかもしれません。