振袖にショールは必要?ファーじゃないとダメ?

成人式が開催されるのは1月。地域によっては、雪は降らなくとも寒く凍えるような日もあれば、雪が降り積もって歩きにくいこともあるでしょう。季節に合わせた着物の着こなしを考えると、振袖にはショールがお似合いです。振袖に合わせやすいのは白いふわふわとしたショールだけなのでしょうか。

1、ショールは、寒い時期の成人式に定番の小物

hurisode_syouru

寒くなれば、マフラーや手袋を身に着けるのと同じように、和装での外出にはショールがお勧めです。着物自体が正絹の場合は、ある程度保温効果もありますが、外気の寒さには対策が必要になります。 ショールを身に着けていると、暖かさを保つとともに屋外での寒さを防ぐこともできるので、定番の小物ともいえます。和装でいう防寒着にはいる羽織は、道中着や道行とは異なり、室内や屋内でも着用が可能なお品ですか、成人式で着用する振袖に合わせたショールも、和装のアクセントや着こなしとして一般的でしょう。 □種類もさまざま、着物と洋服で兼用できるショールも魅力 振袖の購入やレンタル、いずれの場合もショールがセットになっていることもあれば、オプションでご自分の好みを選ぶこともできます。もし、ご自分で選ぶことが可能な場合は、普段着用する洋服と兼用できるものを選ぶこともお勧めです。 振袖は何度も着用する機会がありますが、季節の小物として使用するショールは、使う時期が限られます。とはいえ、顔まわりや振袖に華やかさを加えるアイテムですから、寒い時期には用意しておきたいお品のひとつとしてショールを準備しておくことは大切です。

2、白いショールではなく、色もののショールもオシャレ!

hurisode_boukan_pink

成人式の後は、大人の領域に一気に進んでいくため、振袖の色に合わせたカラーのショールも大人の魅力を引き出せます。淡い色の振袖には、濃い色のショールを合わせることもできますし、着物の中に含まれる色をショールの色として、コーディネートするのも面白いかもしれません。 ショールは和装のアクセントとして、振袖・訪問着・小紋・付下げなど、着物の種類や柄に合わせて選ぶこともできます。さまざまなタイプに合わせやすいのは、赤系やクリームなどが多いともいわれますが、着用する年齢などバランスを考えて選ぶのも大切です。

3、ボリュームで勝負?羽毛&フェイクファー

hurisode_boukansyouru2

着物は身体にフィットするタイプの衣装ですから、アクセントとしてショールを選ぶ場合は、羽毛やフェイクファーなどもお勧めです。ふわふわとしたショールはボリュームがあり、ゴージャスに見えます。 ウールやカシミヤなどの生地で仕上がったショールよりも、羽毛やフェイクファーには柔らかい雰囲気だけではなく、ボリューム感を出したいときには最適です。

4、個性派には、大きめリボンつきファー

暖かさに加えて、いろいろな表現を見せることのできる「大きめのリボン付きショール」は高価なものですが、成人式には人気のあるお品です。羽毛やラビットなどの毛皮に、大きめなリボンを結ぶようになっており、袷の前あたりで結んだリボンが、ショールのずり落ちを防ぎます。

羽毛ショールもオススメ

羽毛ショールもゴージャスで柔らかいイメージを出せるショールとして魅力があります。色は黒やグレー、ワインカラーなどのシックなものもあれば、ピンクやアイボリー、水色などの明るい色もあるため、振袖に合わせることもできるでしょう。

まとめ

お手持ちの振袖やレンタルを予定している振袖との「おしゃれなコーディネート」を考えて、ショールを選んでみませんか。定番カラーの白いショールもかわいいですが、大人の雰囲気を出したいときは、カラーや素材を変えたショールでコーディネートしてみましょう。冬の寒さに負けない暖かい雰囲気を魅せることができるかもしれません。

特集

人気記事

  1. 振袖姿をより一層引き立て、着物姿を完成させるのに欠かせないヘアセット。髪型にもバッチリ決めたい方に、…
  2. 初めての振袖を選ぶ時って、本当に気持ちが浮き立ちます!振袖を買う、あるいはレンタルする前には、振袖販…
  3. 成人式のときに着る振袖を、購入ではなくレンタルにすると選べる柄が少ないという噂が巷でまことしやかに囁…
  4. 女子の二十歳のイベントと言ったら「成人式」の「振袖」です。最近は振袖をレンタルされる方も多くなってき…
  5. 寒い時期のお出かけにはコートが必需品ですが、振袖となると和装用コートを着るのは、なかなかハードルが高…
PAGE TOP