ポコポコ感が可愛い♡絞りの振袖コーディネート

着物独特の手法である【絞り染め】。生地に立体感があり、振袖の中でも豪華な逸品です。ふんわりとしたポコポコ感が可愛い絞り染めの振袖ですが、しっかりコーディネイトすると、更に着物が引き立ちます。幅広い年代で愛される【絞り】 その魅力をお伝えしましょう。

1.年をとっても着られる!総絞りの魅力とは

振袖は、未婚の女子の正装ですが、折角の振袖も結婚たり、年齢を重ねたら、着るのが難しくなってしまいます。幾つになっても振袖を着るというのは無理があるのです。着られなくなった振袖は、どうすればいいのでしょう。
まずは、代々伝えて行くという方法があります。着物は仕立て直しなどして、子から孫へと伝え着ていくことも多い衣装です。高価な総絞りの振袖なら、その価値は充分にありますね。長い袖を切って、訪問着として着続ける方法も見逃せません。子供が生まれても、女の子とは限らない…そんな将来の不確定な話より、気に入った着物は、自分で着ていくのも良い方法でしょう。しかしこれは、訪問着に向いた柄行きの振袖の場合。総絞りの振袖の場合は、小紋のように一面細かい絞りを施した品があります。これなら、袖を短くしても、贅沢なお洒落小紋として、ずっと着続けることができます。年をとってもずっと着られる…お気に入りの着物なら、嬉しい限りですよね!

2.手仕事で一点一点丁寧に染めています!

hurisode_tsujigahana_up2_2

そもそも、どうして【絞り】は高価なのでしょう。それは、絞り布を作る工程にあります。図案を決めてから、染めない場所を糸で括る(絞る)これの工程は手作業で、相当の時間を費やすようです。数カ月、場合によっては数年かかることもあるのだとか。そして染色、糸を解いて最後に湯のしで布の表面を整えるのです。細かい絞り模様の場合は、一着でも10数万粒以上も糸を括るといいますから、熟練の職人さんでも気の遠くなる作業ではないでしょうか。これだけ手の込んだ工程を重ねるのですから、お値段が高いのも当然のこと。長年に渡って、人気なのも分かります。

3.子供っぽくならない!総絞りは黒がオススメ

hurisode_koten_shibori_kiku_black

黒地の見事な総絞りの振袖。花柄に金の縁取りも美しく、どこから見ても豪華な逸品です。袖口や裾から見える赤と同系赤と金色の帯。必要以上に色を使わないことで、大人の印象になっています。半襟に赤を使ったので、今回は重ね襟を白黒にしました。重ね襟が赤の場合は、少し胸元がスッキリします。その時は、半襟に白系をもってくるのが良いでしょう。総絞りの着物は、胸元にボリュームが出るので、帯上げはシンプルな品を使ってまとめ、可愛い白の花飾りをつけました。

4.豪華で気品がある赤の絞り

hurisode_koten_huji-sippou-shibori__red

絞りの振袖はボリューミーになりやすいので、流れのある熨斗(のし)模様は最適のデザインです。柄も四季折々の花々で、若々しく振袖にはぴったり。帯は白地に赤と緑の模様で、明るいものを用意しました。帯締めは、振袖ならではの華やかな黄色とピンクの花飾りタイプ。重ね襟や半襟は、優しいピンク系の花模様で、優しい雰囲気にしました。胸元は、ボリュームを抑えるため、あえて絞りの帯揚げをやめて、可愛らしいオレンジ系の帯揚げでスッキリと着こなしています。

5.珍しい♡きれいな水色の絞り

hurisode_tsujigahana_blue

鮮やかな青に色とりどりの花が美しい、辻が花の振袖。細かい花びらが着物全体に散りばめられ、華やかで、小柄な方にも似合う人気のデザインです。明るい黄色や紫を帯や帯揚げ、襟元に使い、視線を上部に持ってきて、背を高くみせる効果も作っています。袖、裾、胸元とどこを見ても、絞りに花が立体的に映って、振袖ならではの豪華な作品です。

まとめ

優しい風合いが人気の絞りの振袖ですが、気をつけなくてはいけないポイントは【クリーニング】です。着物のクリーニングは、特別な技術が必要ですが、得にこの絞りは難しいですね。クリーニングに失敗して、絞りが消えてしまうことあるのです。絞りは、一度平らになってしまったら、戻すことはできません。それほど繊細なものなのです。汚してしまってどうしても洗濯が必要な場合は、購入したショップと相談して、着物クリーニング専門の業者さんにお願いしましょう。

特集

人気記事

  1. 成人式や卒業式などは、さりげなく気になる女子の振袖姿をチェックしてしまう。そんな男子も少なくありませ…
  2. 親戚や友人の結婚式で振袖や着物を着てみませんか。お手持ちの着物を着ることもできますが、結婚式に参列す…
  3. 着物の着付けを習って一通り着付けられるようになったら、振袖も自分で着付けることができるようになるので…
  4. 着物とひとことで言っても、その種類によって特徴があり、着るのにふさわしい場所があります。ここでは、振…
  5. 結婚式は、独身最後の日。せっかくだから、成人式で着た振袖を着たいという人もいることでしょう。そこでこ…
PAGE TOP