成人式で女子のスーツは勇気がいるのは何故?スーツか振袖かで迷う貴方へ

冠婚葬祭の「冠」にあたるのが、成人式です。成人を祝う大切なセレモニーですが、最近は振袖を着る方がほとんどとなりました。女性でスーツを着て成人式に参加する方は勇気が必要と言われる傾向にあります。何故でしょうか?

1.成人式でスーツは少数派という現実

女の子が生まれたら「成人式の振袖をどうするか」と話題になるほど、成人式=振袖というのが定番となっています。一部、夏のお盆の時期に成人式を行う市町村はありますが、一般的には1月の成人の日前後に成人式を行うのが主流といえるでしょう。

そして冬の成人式で女子の振袖姿は、全体の約9割ともいわれています。残り1割がスーツ。つまりスーツ女子は、本当に少数派となっているのです。

2.何故みんな振袖を着るの?

そもそも成人式は、1946年に埼玉県蕨市で行われた「成年式」が全国に広まり、成人式となったといわれています。当初は戦争が終わって間もない頃でしたから、振袖を着る方もいらっしゃらなかったのですが、「成人式は一生に一度の晴れのお祝い」ということで、段々振袖が普及していったようです。

振袖を購入する人も、レンタルする人も、まずはお気に入りの振袖を見つけよう♪

可愛すぎる!人気モデルのイチオシ振袖コレクションはこちら!

お気に入りの振袖がきっと見つかります!モデル満載の振袖カタログを取り寄せよう♪

①成人式でしか着られないから

現代では、浴衣は別として子どもの頃の祝着(七五三や十三参り)以降着物を着る機会はとっても少なくなりました。大人の女性のほとんどが、成人式を機に着物を一式揃えるという場合が多いようです。成人式で振袖を作って、その後、結婚式や結納、各種パーティに着物を着ていくこともあります。

女の子が着物に憧れても、成人式を待ってからでないと着物が着にくいので、成人式は着物好きの女性にとって「待ちに待った」機会なのです。

②着物を堂々と着られる機会が少ないから

昔は日本人の民族衣装として着物が普段から着られていました。ですが最近はなかなか着る方も減ってきて、特別な日の装いというイメージが定着しています。年を重ねられている方は別として、若い時に着物を堂々と着るのは難しいようです。

特に振袖は「未婚女子の第一正装」といわれる程、格式の高いもの。ちょっとした買い物や観劇に着ていくには、少し仰々しい雰囲気があります。 成人式は、振袖を着て自分を装う数少ないチャンスともいえるのです。

③自分が可愛い振袖を着たいから

幼い頃から、親戚や近所のお姉さんの振袖姿を見て「素敵!自分もいつか振袖を着てみたい」と思っていた女性は多いと思います。「馬子にも衣裳」といわれるくらい、着ているもので雰囲気は大きく変わります。

着物が日常のものではなくなっているからこそ、着物を着て「可愛い自分になってみたい」という変身願望を抱く方も多いようです。

④親に振袖姿を見せて喜ばせたいから

ご両親にとって、子ども達は大切な宝物です。赤ちゃんの頃から育ててきた子の晴れ姿を見たいという方は沢山いらっしゃいます。20歳前は思春期や受験など、親子ともども落ち着く暇もなく過ぎてしまう昨今、成人式はとっても貴重な時間といえるでしょう。「親の喜ぶ顔を見たい」というのも、大人になった証拠かも知れませんね。

3.成人式スーツの良いところとは?

成人式では少数派のスーツですが、近年大都市を中心に少しずつ増えてきているといわれています。成人式スーツの魅力とは何でしょうか?

①コスパがよい

成人式の振袖は、大きく「購入派」と「レンタル派」に分かれます。振袖一式購入となると、その額は30万円~、レンタルでも15万円程度が一般的です。どちらも決して安い金額とはいえません。スーツなら、その数%で済みますよね。 ましてや着物は着付けやヘアメイクで更にお金がかかる可能性があります。「そこまでしなくても・・・」と思う方も多いでしょう。

スーツなら自分で着られるし、ヘアメイクも自分で。美容院に行ったとしても着物の時ほど費用はかからないので、コスパが断然よいのです。

②動きやすい

着慣れていても、着物は帯で体を締め付けるため動きにくいものです。ちょっとしたことで袖をひっかけたり、裾を汚してしまったり、扱いが大変な面もあります。特に振袖は袖が長く豪華な分、本当に動きにくいのです。

また、振袖と合わせる袋帯もありますから、ずっしりと重量感があります。「着物を脱ぐとホッとする」というのは、本音ともいえますね。

③メイクや小物で変化を出せる

成人式のあとに開かれる二次会。久しぶりに同級生などと会える楽しいひとときです。振袖ではなかなかお式との変化を出せませんが、スーツならヘアスタイルを変えるだけでもOK。メイクや小物を使えば大きくイメージチェンジも出来ます。 ちょっとしたテクニックで大きく変身できるのが、スーツだといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?振袖には振袖の、スーツにはスーツの魅力があります。成人式では少数派のスーツでも、臆することなんてありません。成人式に参加して、楽しんで下さい。

「振袖を着た記念写真だけは欲しい」という方なら、着物ショップに相談することをおすすめします。今は振袖も借りられてスタジオ撮影もできる格安プランがあるのです。ご両親や遠く離れた祖父母の方々、また将来の自分のお子様にも見せられる写真は、貴重なもの。 若き日の1枚は、後で撮ることが出来ませんから、ぜひ検討してみて下さい。